変身 (講談社文庫)

  • 13403人登録
  • 3.46評価
    • (769)
    • (1756)
    • (2968)
    • (404)
    • (71)
  • 1349レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (1994年6月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061856981

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

変身 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 【気になったタイトル】
    変身というか変質って感じかな?
    「身」って体とか身体って感じがしませんか?
    この作品って、
    精神面のことだから「変身」は違うと思うの。
    「変質」もちょっと違うと思うけどね。。。
    タイトルって難しいね。


    【内容】
    主人公が人助けをしたら銃で頭を撃たれちゃったの!
    で、
    世界初の脳の1部を臓器移植なう!
    自分の脳+他人の脳=何が起こる?
    起こったのは、
    他人の脳に支配されていく自分って感じですね。
    最後は、
    ちょっとスピリチュアルになってます。


    【軽く感想】
    東野圭吾さんって、
    自分っぽくないことも勉強のためってすすんで勉強する人らしいのね。
    どちらかというと、
    科学の人でスピリチュアルな感じがしないのですが、
    ちょっと偏見かな?

    最近って、
    科学の人ほどスピリチュアルに傾倒してる人も多々いるしね。

    心臓移植したらドナーの性格が表れるってことがあるらしい。
    詳しくないけど、
    心臓にも記憶を司ることがあるらしく、
    その為に、
    心臓移植でも記憶の、意識の?精神の?移植が起こるみたいね。
    脳の1部が他人って怖くないか?
    普通に、
    人格崩壊しそうってことしかイメージできないのですが・・・。


    【体験・1】
    こっちはまだ科学よりですな笑
    催眠術ってわかりますか?
    「仙術家」寿山(じゅざん)という人が催眠術の講座を開いてて参加したことがあります。
    メソッドがわかれば、
    誰でも催眠術って使えるのですよ。
    講座では、
    自分の守護神に会う!
    みたいなことをしましたね。
    で、
    実際に会えるからびっくり!
    http://profile.ameba.jp/syofuku/

    講座でも掛け合いするんですよ催眠術の!
    で、
    過去世に興味があって過去性を体験したんですよ、催眠術で!
    何が失敗って、
    死んだときのことを思い出しちゃったんです。
    溺れて死んでました。
    ちなみに、
    かぐりんは幼稚園生の頃から水泳をしてて、
    中学卒業、
    高校に入ったあたりまで泳いでました。
    で、
    いきなり泳げなくなるし、
    水恐怖症になるし、
    今では90%完治してるけど、大変でした。
    過去生に支配される感じがあってびっくりでしたよ。
    戻れたのも奇跡だったかも。
    勝手にいろいろやっちゃアカンですね。


    【体験・2】
    オープニング・トゥ・チャネル―あなたの内なるガイドとつながる方法
    と、
    いう本があります。

    チャネルとか、
    チャネリングっていう技術ですね。
    天使とか、
    神様とか、
    宇宙人とかと会話をして啓示を得るっていうスピリチュアルな技法です。
    これ、
    練習中に乗っ取られたことがあります。
    催眠術よりも恐怖でしたね。

    テレビや映画なんかで、
    霊に憑依されるみたいなのありますよね。
    エクソシストとかですか?
    あんなのが、
    自分に起こるなんて衝撃的でしたよ。

    自分は自分のまま、
    かぐりんはかぐりんのままで在りたいものですよ、本当!

    東野圭吾さんの変身
    自分が他人になっていく様子が描かれたSF?ホラー?恐怖小説です!

  • 面白かった(・ω・)

  • これがジュンが救われる最良の結末なのだろうとは思うけれど心にずっしりと重く残った。

  • 人を人たらしめるものってなんなんだろうな

  • 事件後やっと会えた恵に対する感情の変化、唯一自分興味を持っていた絵画への情熱がなくなっていく時の純一の心情を考えると、もし自分なら…と思うと、もっと早く純一と同じ行動を取っていたのではないかと思う。

  • 脳移植をテーマに据えた作品。
    主人公が徐々に変身するにつれて感じる葛藤、恐怖がリアルで面白い。是非映像化してほしい。

  • 初版で読んで以来20数年振りに再読。
    東野圭吾の頭の良さに感動し一番好きだと思ってた作品。
    東野圭吾は医者?研究員?かと思って調べたら工学部卒と知って更に驚いたのを思い出す。
    グロテスクな描写の部分はスッカリ忘れてて気分が悪くなったけど、話の内容には改めて感心するばかり。
    でも 私の一番ではないかな〜〜
    歳をとって感じ方も変わったのね(T_T)

  • 面白かった。あらすじを読んだだけで物語に引き込まれて、読み始めたらあっという間にラストという感じ。

    成瀬が京極の脳に侵食されていく様子は常軌を逸していて目を覆いたくなる。堂元の非人道的ぶり、橘の裏切り、壊れていく成瀬の人格…、どこかに救いはないのか。終盤で”ジュン”の人格を取り戻した成瀬。「君を愛したことを忘れない」この台詞で彼の愛した恵と同様に涙を流し、どこか救われた気がした。

    人間って何でこんなに強欲で傲慢なのだろうと憤りを感じる。権力にすがりつきたい老人たち、人の心を失い知的好奇心を抑えられないマッドサイエンティストたち…。彼らの実験台にされた成瀬。彼の人生を思うと本当に切なくてやりきれない。殺人犯の脳を移植すること自体論外だが、大自然の法則に従って、彼を運命の赴くままにしてあげていれば、もっと安らかな人生を送れたのではないだろうか。

    全体的には、シュールというべきかファンタジーというべきか…。さすが東野さんって感じで、矛盾なく強引さなく上手く物語が収束していくあたりは読んでいて心地よかった。ただ、成瀬の変化がなぁ…。いくら京極が精神的異常者であったからって、いきなりあんなサイコパス的な感じになるのかなぁというのが少し腑に落ちないところだったかな。

  • これは目覚めたら虫になっていた、グレーゴルの話ではない。

    産業機器メーカーの工場で勤務し絵描きを趣味とする、ある青年が夢から目覚めるとそこは病室であった。

    コオロギ(虫)の夢という、カフカへの暗喩かと期待から物語は始まる。

    ある事件に巻き込まれ、世界初の脳移植に成功し、青年は一命を取り留める。が徐々に絵のタッチが変化していったり、好きな女性への気持ちも移ろいでゆく。輸血をされてから性格や嗜好が変わったりする話は、たまに耳にするが、これは脳という全く直接的な問題が関わる。果たして意識は、単なる電気信号なのか。

    失われていく自我を取り戻さんと奮闘するのだが、暴虐思考の侵食が彼を喰らわんとする。何が彼を精神病質まで追いやるのか、自らの意思でその正体に迫る。

    離れていった彼女は、グレーゴルにとっての妹なのか? それは、ここでは明かすことはできない。

    社会の倫理観にも抵触する危険な香りのする、サイエンスミステリー。東野圭吾作品にしては、ブルータルな描写が多く含まれる。綺麗事ばかりでは成り立っていない、この世界へようこそ。

  • 脳移植した主人公の人格が変わって行く恐ろしさ。

  • 人間の生死について考えさせられる本
    他の作品とは違ってどんでん返しというか伏線を回収するというものではないが、脳の一部が他人のものでそれがどのように働くのかが書き出されていて面白く読めた

  • 事件に巻き込まれて頭を拳銃で撃たれてしまった主人公が、脳移植により一命をとりとめる。移植された脳は、ほんの一部。そのため、自分自身の記憶や性質は事件に巻き込まれる前とは変化していない…はずだったのだが、移植後時間の経過とともに、どんどん人格が変化してくる。

    そして移植をうけたドナーは、意外な人物だった。

    人格が変化する中で、人格とは何か?自分とは何か?という哲学的な質問を投げかけてくる。

    前半はペースよくどんどん引き込まれる。
    後半は少しくどかったかも。
    文学や哲学ぎ好きな人にはいい本かもしれない。

  • 職場の同僚からお借りしました。
    あっという間に読めるので全く面白くないという訳ではないんですけど・・・到底100万部超売れた本だとは思えませんでした。

    強盗殺人事件に巻き込まれ、脳に重大な損傷を受けた主人公は脳移植手術により奇跡的に復活するが、彼は次第にその移植された脳の影響を強く受け、それに乗っ取られていくという、変わっていく過程を感じながらそれを止められないという恐怖を描いた作品です。

    ホラーっぽい作品で、乗っ取る人格がかなり猟奇的で凶悪なのについていけませんでした。
    一応エディプスコンプレックスからくる凶悪性ということになっていましたが、そんな風になる?と疑問です。
    元々の主人公の性格からかけ離れた人格の方が分かりやすいからと、それを想定したのかもしれないけど、それが逆にリアル感をなくし、気持ち悪くさえ感じました。

    その他、精神病院に簡単に忍び込んで下見してみたり、守秘義務といって拒んだと思えば簡単に話してみたり、など、つくりが雑な印象で白けました。
    でもまあ、一気に読めたので、☆は甘めです。

  • 今でこそ、数々のSFやサスペンスで描かれる「脳モノ」。
    映画やドラマ、小説等で触れる機会も多いせいか、本書を手に取った際、裏表紙のあらすじや帯のコメントを拝見して、なんとなく話の流れを想像してしまう本作。
    そうとなれば否が応でも期待とともに注目してしまう、その「変身」ぶりと、東野小説ならではの文章表現。

    「圧倒されました...」というのが正直な読後感です。

    主人公である成瀬純一の「変身」ぶりとそれに対する本人の恐怖・葛藤。
    立場・考え方・関係性がそれぞれに異なる周辺人物たちの人間模様。
    本作では、そのひとつひとつがとても丁寧に描かれています。

    また、物語の「視点」は終始、主人公の視点。
    他の登場人物のメモや日記という形で、異なる視点からの補足はあります。
    が、主たる「視点」が一貫しているからこそ、自らが「変身」していく様子や恐れ、周りからどのように見られ・周りの人間を信じてよいかどうかの不安を、主人公と同じ目線でより深く追体験できる。
    これが、より一層「変身」を引き立てます。

    ときにグロテスクな描写もあります。
    でも、だからこそ、「変身」前後の変化が際立つのかもしれない。
    また、そんな描写があるからこそ、それに抗おうとする姿が際立つのかもしれません。

    「生きているというのは・・・(中略)。それは足跡を残すってことなんだ。」という印象深い台詞。
    これに「後ろにある足跡を見て、たしかに自分がつけたものだとわかるのが、生きているということなんだ。」と続きます。
    誰しも、忘れてしまいたい過去や断ち切りたいしがらみなども多々あることでしょう。
    けれど、それらを全部ひっくるめた「足跡」によって、今、自分が生きていると実感できるのかな...とも思います。

    読了後のこのずっしり重量感。
    人間をつくるもの。自分を構成するもの。自分の思考や心はなにでできているのやら?
    ときには、そんな重いテーマに想いをはせるのも一興かもしれません。

  • 脳移植ってどうなんでしょう?
    他の臓器と違って、脳は個性というかその人自身という気がします。それに記憶ってその人自身のものでしょう?
    この話では脳の一部だから大丈夫ということなのかもしれませんが…。
    作中では教授は、脳も他の臓器と一緒で特別ではない、と言っていますが、どうも納得できないものがありました。
    そして、この主人公は自分が自分でなくなっていく、という恐怖と向き合っていくのですが、本当に怖いだろうなぁ。そもそも自分が自分である、という確証などどうやって得られるのでしょう。例えば、移植などしていなくて手術痕等があり、本人が脳を移植したと信じていたら、自分は本当の自分であるだろうか、と常に疑ってしまうような気がします。そう考えると、本当のその人なんて誰も、その人自身でさえわからないものなのかもしれないなぁと埒もないことを思ってしまいました。
     脳移植、面白い、興味深いテーマだったと思います。

  • 自分にとってはそれなりに長い小説を久しぶりに読んだせいかどう感想を書いたものか悩んでしまう。この作品のテーマがとにかくとてつもないものだから、かもしれないけど。

    脳が入れ替わったら、その器としての人は元の個人たり得るのか。そんな疑問に東野圭吾が独自の観点から向き合った小説だったと思う。そこに上手い具合でエンターテイメントっぽさというか、人間の意識や性格がどうこうって時点でドラマが生じるのは当然なんだけど、それがキレイにまとまっていることに舌を巻くしかないよね。一人称が僕から俺に切り替わったことに途中から気付いてハッとした。さすがです圭吾さま。
    小さい頃になんかのテレビで見た、事故とかで脳の一部が損傷を受けた後から人が変わってしまったとか、食べ物の好みがガラリと変わったっていう海外の実話を思い出した。だからやっぱり、脳は個人が個人として存在するための大切な部位なんだと思う。作中ではコンピューターのCPUみたいに例えられてて、故障したところに同じパーツを当てはめれば大丈夫なんて言ってたけどさ。そもそもコンピューターと人間は一緒にできるものじゃないし。相手の気持ちはもちろん自分の感情も完璧に理解できなかったり、1か0で割り切れないことなんて人として生きていく上でいくらでもあるんだから。だから、だからこそ面白いんじゃんか。だいぶ脱線してない? なに言ってんだ俺。
    一気に読んだから少し疲れた。たまにはこてこてのラノベを読みたいなーなんて思ってるけどこれは果たしてちゃんとした自分の意思なんだろうか、なんてね。

  • 死ぬとは一体何なのか。
    自我、人格とは一体どこから来るのか。
    恐ろしい話です。それでも、最後に愛は勝つ的なアレです。
    このレビューだと全然おもしろく無さそうに見えますが、読み始めるとどんどん続きが気になって読んでしまう良い作品です!

    足跡を残すってことなんだ。
    後ろにある足跡を見て、たしかに自分がつけたものだとわかるのが、生きているということなんだ。

  • ミステリーというかSFだな。。
    人間の尊厳について考えさせられる。
    最後は少し救いがあった。

    160721

  • 脳にはその人の記憶や性格が宿ると聞いたことがある
    他人の脳を移植された主人公の変わりゆくストーリー
    なんとなく不気味でホラーサスペンスのような内容だったし、結末が納得いかなかった

  • 東野圭吾はファンでもないけど、まぁ、ほどほどに読んでます。
    この本は、私が読んだ中で一番良かった。

    脳の移植っていう、もっとも衝撃的なテーマで、私が疑問に思ったこと不思議に思ったことがそのまま書かれてる。
    成瀬純一から京極瞬介に変わっていく過程がよく読めたし、二人のキャラの苦悩も感じられた。

    顔を整形して見かけだけ違う人になったのとは違い、脳移植によって、今までの自分が、その心までが違う人になっていくのをその本人が感じるというのは、実際になってみないとわからないだろうな。
    でも、そこを東野さんはよく書かれてる。

    短い人生で一生を終えても、私はやっぱり私として死んでいきたい。

    知らないうちに犯人の脳を移植された純一が哀れだったが、
    最後、自分を少しの時間でも取り戻せて良かった。

  • 不慮の事故から、脳を移植され、人格が変貌していく様を描いたミステリー。
    最後が衝撃的。

全1349件中 1 - 25件を表示

変身 (講談社文庫)に関連するまとめ

変身 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

変身 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

変身 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

変身 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

変身 (講談社文庫)の単行本

変身 (講談社文庫)の新書

ツイートする