さまよう刃 (角川文庫)

  • 16821人登録
  • 3.76評価
    • (1346)
    • (2526)
    • (2102)
    • (299)
    • (53)
  • 1633レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 角川グループパブリッシング (2008年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (499ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043718061

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

さまよう刃 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 長峰の一人娘・絵摩の死体が荒川から発見された。花火大会の帰りに、未成年の少年グループによって蹂躙された末の遺棄だった。謎の密告電話によって犯人を知った長峰は、突き動かされるように娘の復讐に乗り出した。犯人の一人を殺害し、さらに逃走する父親を、警察とマスコミが追う。正義とは何か。誰が犯人を裁くのか。世論を巻き込み、事件は予想外の結末を迎える…。重く哀しいテーマに挑んだ、心を揺さぶる傑作長編。

  • 話の内容はかなり重い。
    今まで読んだ東野圭吾さんの本の中で、一番重くて読むのが辛かった。

    耐えきれないくらい辛いシーンの連続で、途中で読むのをやめようか
    と思ったほど。

    しかし、この小説はぜひたくさんの人に読んでもらいたい。

  • 2017/3/2 No.8
    考えさせられるテーマ。少年法とは?法律は誰のためのもの?被害者の気持ちはどこに向かえば良い?当たり前の日常が当たり前でなくなり、復讐に向けた人の心の動き、声高に正論とはとても呼べないが、誰もが感じるであろう感覚。いち、1人の人生とは何か、命の重みと、それを支える不完全な法律に、疑問を投げかけた素晴らしい作品。

  • 少年犯罪の問題。娘を強姦されて殺された父が長野に逃げた犯人を追う。 さまよう刃とは少年法が持つ保護の強さは本当に正しいのかということを問うための比喩。描写の臨場感が溢れていて面白かった。犯人を追い詰めていく様子、ペンションの女性との関わりなど、が印象に残った。

  • 少年法については重い。
    少年法に限らず、なぜ加害者は守られ、被害者はプライバシーもすべて流出してしまうのか常々疑問。
    少年犯罪で子供を亡くした親による復讐劇は、いくつか読んだけども、どれもいたたまれない。

    この話も東野さんにしては荒唐無稽ぶりが少なくて、社会派小説として面白かった。
    とはいえ、一般人の和佳子が縁もゆかりもなく、そのうえ、これから娘の復習を遂げようとする長峰をここまで守るだろうか。
    和佳子の娘も事故死ではなく殺されてしまったのかとも思ったけど、そういうわけでもなさそうだし・・・。
    あと密告電話も、犯人の仲間ではなく、警察官がかけていたのではという含みも・・・むむむ。

  • とにかく内容が重く、読んでいてとても辛く苦しくなるお話です。1つの事件とそこから起こる更なる事件を、複数の登場人物の視点から見て、それぞれの考えに触れられるので、とても物語に感情移入しやすいです。その分、1人の人間として自分はどう思ったか、どんな答えを出すのか、ということを真に突きつけられ考えさせられました。

  • 東野さんはエンターテイメント的なおもしろい話とかも、うまいなと思うけど、こういう重いテーマの泣ける話もやっぱりうまいですね。
    読みやすくて続きも気になるから一気読みしました。
    嫌なシーンでは顔をしかめながら、泣けるシーンでは思わず目が潤みながら読んでました。

    少年犯罪に関しては、被害者遺族側からしたら、少年法がおかしいと思うのも当然だと思いました。
    ただ、作中でも言われてたんですが、自分が事件に関わってないという人にとってはそういうことを考えることもないというのもその通りだと思いました。
    事実私もおそらく私の周りの人も深く考えてないです。
    でももしこれが事件の被害者だったらと考えると、少年法を非難せざるを得ないんじゃないかと思います。
    加害者のことを考えるのも大切だけど、この事件のように被害者に非がない場合はそれよりも被害者のことをもっと考えてほしいなということを考えながら読みました。
    ラストは哀しいけれども、納得というか、良い終わり方だと思いました。

    それにしても、私も一応年頃の女として、こんな事件には巻き込まれたくないです。
    こんな事件で人生めちゃくちゃにさせられたらもう…。
    考えただけでも恐ろしいです。

  • 二重にも三重にもやりきれない話だった。
    視点が多くて把握が少し大変だけど
    それぞれの展開が気になるような巧みな書き方で一気に読めた。
    本当にやりきれない話だけど読み物としてはよくできていると思う。

  • 復讐のために一人の人生が壊れていく様は小説ならではの感動がありました。シリアスな場面にほんろうされる良作です。

  • 【確認】
    手紙も読んだ!
    それは、
    家族に犯罪者が居て困ったって話だね。
    風評被害って大変だ!
    つか、
    身内に犯罪者がいるってそこまで重いことなのかって思うね。

    虚ろな十字架も読んだ!
    それは、
    被害者と加害者の在り方の問題でしたね。
    そして、
    正しさって何ってこと。
    それこそ、
    千差万別って感じかしらね。

    これ、
    さまよう刃は復讐ですな!


    【内容】
    父親と娘。母居ない。
    娘が、
    馬鹿2人に凌辱され殺されちゃった。
    密告があり、
    馬鹿1名を殺しちゃった父親。
    復讐半分終了。
    だって、
    凌辱シーンを動画で撮られてたんだもん。
    酷かったんだもん。
    愛する娘を凌辱され殺されたんですから、のんきに裁判ですか?
    無理ぽですよ。
    自分の手で殺しますわ!
    当たり前ですよ!
    なにしろ、
    目の前に現れてくれちゃったんですから殺すでしょう!
    って、
    残り1人も殺す意気込みだったけど、
    1人殺して、
    逃亡しながら馬鹿1名を探しながら復讐って結構へこたれます。
    なにしろ、
    指名手配もされてるしね。
    テレビに全開で放送される有名人ですからね。
    つか、
    へこたれてます。。。
    でも、
    ある女性のおかげですかね。
    助けを借りながら、
    癒されながら、
    復讐を誓いながら、
    自首も考えつつ旅してました。
    で、
    チャンスがきちゃいました!
    密告です!
    もう、
    殺るしかない!
    2人目を殺せる!
    決戦の地は上野です!
    で、
    結果は?

     
    【感想】
    愛する人を殺されたら?
    しかも、
    犯人は未成年でどうしたって捕まってもすぐにでてくる。
    かぐりん的には自分で復讐派ですな!
    天罰下るのを待つってのもありですが、
    やはり、
    自分の手で復讐したいわ。
    もう、
    目には目を歯には歯をってやつです!
    それこそが正義です!
    と、
    思うけどこの本を読んでて、
    読まなくても、
    復讐なんて虚しいと思いつつ、
    許せない心をずっと抱えて生き続けるのであれば、
    燃やして復讐の鬼になるかな、やっぱり。
    でも、
    難しいといえば難しいよね。
    メンタル的にも、方法論的にも。
    むしろ、
    方法論がない!
    銃とかないからね包丁でってつらたんや。

    ただ言えるのは、
    法律は無力ですね!
    それだけは、
    手紙も虚ろな十字架も読んで思った共通のことで、
    殺意を武器に自分の手でやるか、
    殺意を自分の心内に抑え込んでおくか、
    殺意を自分に向けて自殺するかしかない気がする。
    絶対に、
    寛容の心なんて持てないね。
    「いいよいいよ、世界で1番好きな人を殺してくれた君を許そう」
    なんて、
    言えるのは人間じゃない!
    と、
    思う方が真実でしょう。
    実際に、
    なってみないとわからないってのが真実ですけど、
    想像すると、
    「かぐりんは自分の手で復讐派」です!

  • 我が娘を蹂躙され殺害された父親の復讐劇。現代版の”敵討ち”を描いた作品。

    少年犯罪、被害者遺族の心境、警察の葛藤、法律とは、正義とは…、重厚な人間ドラマに色々と考えさせられる。非常に重たいテーマを扱いながらも、テンポがよくスリリングでストレスを感じさせない。人間ドラマを楽しむもよし、娯楽として気楽にミステリー&サスペンスを楽しむもよしといった感じ。

    ラストは…、う〜ん…救われない。わかってはいながらも切ない気持ちにさせられる。ただ、最後の最後にちょっとしたどんでん返しが入ることで柔らかな着地になっていたような気がする。

    作者は、「家族を殺されて悔しい。復讐をしたい」という気持ちを汲み取るシステムが今の社会には存在しない点に矛盾を覚え本作を執筆したとのこと。法律の存在意義とはなんなのだろうか。個人的には、支配者にとって都合がいいから存在しているような気がしてならない。支配者にとっては、法律で市民を守ることにより、市民が安心して労働に精を出してくれるのが最も望ましいのだろう。それと合わせて民主主義による多数決の原理が世の中を強烈に支配することによって、「多数派=正しい」という誤った洗脳が生まれ、マイノリティが不遇を味わう社会が出来上がっているような気がする。今のところ、人類は万人が満足する社会システムを発明できていない。支配者からすれば、現時点でベストと思われる民主主義のシステムの中で、マイノリティは少し我慢してくださいねってことなのだろう。「多数派=正しい」という誤った価値観が社会を支配しているうちは、マイノリティである被害者遺族の気持ちが報われる日は遠いような気がする。

  • 罪の意識もない。それどころか悪いことなのかそうでないかの区別さえ出来ていない。
    そんな少年たちが犯罪を犯す。そして少年法は殺人者である彼らを守る。
    理不尽に娘の命を奪われた遺族の悲しみはどこにぶつければいいのか。
    突然に奪われた日常。
    残された者がかかえて生きていかなければならないやりきれない辛さ、痛み。
    反省すればいいというものではない。
    けれど、せめて反省する気持ちくらい持ってもらわねば・・・。
    長峰の強い憤りに引きずられるように、物語は展開していく。
    いつのまにか長峰の怒りが読み手にも伝染し、哀しみや痛みを上まわる「どうしようもない思い」につぶされそうになる。
    長峰の行動は間違っていたのかもしれない。
    では、何がいったい正解だったというのだろう。
    人を殺した少年には人権があり、法律でしっかりと守られている。
    無惨に殺された被害者の人権はどこにあるというのか。
    生きている人間の未来をつぶしてはならない。
    そんな理想的な思いが少年法の根底にあるのかもしれない。
    だが、無軌道な行いの果てに他人の命を奪った者に未来などない・・・と思う。
    取り返しのつかないことがこの世にはあるのだ。
    テーマも展開も結末も、すべてが衝撃的な作品だった。
    少年法とは何のために、誰のためにあるのか。
    考えさせられる作品だった。答えは・・・簡単には出ないだろう。

  • 密告者が誰かなんて、どうでもよかったのに…。長峰の仇討を果たさせてやりたかった。それだけだったのに。

  • さまようって言葉、小学生のときに初めて知って、底知れぬ恐怖を感じた。
    たぶんドラクエの敵キャラの名前にそんなのがついてたんだと思う。
    「迷う」は怖くなかったのに、「さ」がついただけでこの世の未知がぽっかり穴をあけて足元をすくおうとしてるような気になり、それに抗えず途方に暮れていた。
    まあ、彷徨うと迷うは違うんだけど、子供心に「一文字ついただけで、めちゃくちゃ怖い」って感じた。

    500ページくらいのボリューム、分厚いなぁ…何日費やすかな?なんてのんきに構えてたら、休日を丸一日使って読み切ってしまった。
    時折しおりをはさみ、食事したりスマホ触ったりしてたけど、こんなに集中して読めたのは久々。

    妻を亡くした男性が、宝物同然だった一人娘を未成年の犯罪で亡くし、人生を大きく狂わせ、自滅していく話。

    そう!自滅なの。破滅でもいいや。
    それも本人にしたら最悪の、たぶん想定外だったかたちで。
    報われなさすぎる。

    少年法とは?更生とは?警察とは?
    多くの疑問符を投げつけてくる作品。
    読んだ後は疑問符がこびりついて離れず、何度か感情を揺さぶられ泣いたことも忘れ、私はまた「さまよう」という響きで途方に暮れた。

    私個人は、長峰には生きてほしかった。
    カイジには死んでほしかった。
    とはいえ、どんな結末でも満点にはできなかっただろう。
    この手の物語には、誰しもが納得する終わり方なんてきっとないんだ。

    自首をして、罪を償いながら娘の供養をするという最善の道、生き抜く大きなチャンス。
    それを奪ったのが誠ではなく、警察側の密告っていうのに震えた。
    途中で違和感に気づくも、最初からずっとミスリードされてた!
    悔しい。

    ていうか誠、最後まで腹立たしかった。
    父親も最悪だ。この親にしてこの子あり、と作中に出てくるように、何となくどの加害者の親もそこそこのクズに見えた。
    最たるものが誠の父親だけど。

    長峰の命を奪ったのが刑法でもカイジでもなく、一介の刑事で、しかも織部というあたりにもえぐさを感じた。
    彼の心境は多くの読者を共感させていたと思うから。

    冒頭からクライマックス付近まで、長峰や、または彼を擁護する者の視点で語られていた。
    だからこそカイジや和佳子の目前で、長峰が警察の手により射殺されるシーンは、油断したとしか言いようがない。
    残りページが少なくなるにつれ、結末が読めなくなり、突然投げ出された気持ちになった。
    読み終えて反芻してみても、やはりいたたまれない。

    さまよう刃というのは、何なのだろうと最初からずっと考えていた。
    たとえばカイジのような残酷で卑劣で、それでいて結局「子供」の化物たち。
    被害者の身内の「できることなら自分の手で殺してやりたい」という気持ち。
    法治国家のやるせなさにどうにか立ち向かおうとする一部の刑事であった、というのが最終的にしっくりくるんだけど、刃は刃。
    信念を貫くため、守るためのものではなかったという読後の脱力感。

    やっぱりゆるせないのは、更生の見込みがないクソガキとかいうレベルじゃない、胸糞悪いカイジが生き延びてしまったこと。
    そして相変わらず生ぬるい少年法とかいうやつに護られてしまうであろうこと。

    東野圭吾さんで言うなら「容疑者Xの献身」の結末くらい、読後の突き放され感と虚無感がキツかった。
    限りなく5に近い4。他の方のレビューを拝読して何度もかみしめてみよう。

  • ひょー!東野圭吾ホントこういうのうまいね!『天使のナイフ』にも通じるものがあるわ。核となる“少年犯罪”ってテーマが元々好きなんだろうな、ウチ。
    「娘を殺した犯人に、自分の手で復讐を」と決意した父親、それを追う刑事、それを手助けしようとする女性、そして世論。女性の存在は別としても(いや、いるかも)とにかくリアル。それが世の中の人の素直な思いなんだよ。殺されて当然の少年犯罪者は必ずいるんだよ。
    あと父親に情報を流してたのが現職刑事だったっていうのも、意外性があって良かった。

  • 読んでいて辛く苦しくなる本。だけど目をそらしてはいけない現実。
    色んな悪と正義の形を見たうえでも何が正解なのか、その答えにはたどり着けそうにありません。読了後の空虚感、やりきれなさは半端ないです。
    ただひとつだけ救いがあったのは、このような悪を減らしたいから私は教師になったのだと再確認できたことです。

  • 少年たちに大切な娘を無惨にも殺されてしまった男性の復讐劇と警察の攻防。
    怒りや怨み、やるせなさ、喪失感はどうしたら払拭出来るのだろう。少年法の矛盾点を警察も世論も感じながら、どうしようも出来ない現実。誰にも肩入れできなかったなぁ。

  • 娘を未成年の少年に殺された父親の復讐劇。
    父親の視点、少年グループの一味の視点、警察の視点など色々な視点から「各々の正義」に沿って物語が進んでいく。面白い★★★★☆

  • ぶっ殺せ!!!



    物語の終盤、私の頭にはそれしかなかった。
    妻を亡くし、生き甲斐となっていた愛娘が少年たちに蹂躙されこの世から消え去った。おまけに犯人の少年たちは未成年ゆえに実名が出ることも無ければ死刑になることもない。そう、少年法という法律のために。

    そこで父親は何を思ったか。
    「復讐」である。
    人殺しは絶対にしてはいけないことであると承知の上でどうしても自らの手で(司法には委ねられない)復讐を、制裁を加えねば・・・というのである。

    途中、ふと山田悠介氏の
    (タイトルは忘れましたが)被害者家族が加害者に復讐することが法律的に認められた状況下でのお話を思い出した。
    だが無論、東野圭吾はそんな安直な方向には走らない。

    様々な登場人物の様々な思い、行動が交錯する結末。
    父親は仇を討てたのか。

    面白かったです。人を引き込むのが巧いと改めて売れっ子作家である所以を感じました。

  • これほど衝撃を受けたのは初めてでした。
    こんなにも胸に響くのかと、
    正義とは悪とは、何が正しいのか。
    心が囚われました、
    真っ直ぐに、世間に理不尽さを訴えるだけではない。
    答えのない難題をこうも巧みに現代社会の問題と結びつけ読みやすく、
    感じ考えやすくしているんだなと思った。
    こんな風に世間と対決する方法があるんだと、
    こんな風に表現していいのだと初めて知りました。

  • ストーリーは面白いし、作者の問題提起しようという狙いも分かる。でも好きじゃない。
    たいていの読者が主人公に共感しながら読み進めると思う。自分もそうだった。犯人をぜったい許せない(完全なクズとして犯人を描写することが東野作品には多いと感じる。ご都合主義だ)。こう思うことが危ないと思う。ある一方の考え方にリードされている。とっても気持ちが悪いのだ。

  • 一人娘を少年により蹂躙された後に殺された父親の復讐。少年法や刑罰の意味って…というのを考えさせられる。社会学の本で未来に希望を持てないと現状に満足するという記載があったけど、この父親も希望が見えなくて復讐だけが目標となってしまったのが哀しい。やるせない最後。

  • 後味が悪い!
    東野圭吾は後味が悪い作品が多いとは思うけど、主人公には思いを遂げてほしかっただけに余計もやもや。

  • ストーリーは、娘を弄ばれて殺された父親が、犯人に復讐を行うというものです。
    文にしたら一文ですが、内容は物凄く濃く、ハードです。
    この犯人というのが、未成年の少年たちで、たとえ捕まったとしても、いわゆる少年法に保護されるわけです。
    話も当然そこを中心に進んでいきます。

    まず、はっきりいってこの小説に出てくる少年たちはクズです。
    本当に他人の事を考えずに、自分の事しか考えていない。それも異常なレベルでです。
    でも、実際今の世の中やったらおるんやろうなって感じです。

    そんな奴らが、自分の大切な人を奪っていったらどうしますか。
    警察に捕まえてもらい、裁判にかけて罪を償わせますか。
    でも、そんな奴らが3年やそこらで罪を懺悔して更生すると思いますか。
    素知らぬ顔で社会に出てくるんですよ。まぁ、全員がそうとは言い切れませんが。
    そもそも、人を殺しておいて更生って何って感じです。
    どう、更生するん?何を償うん?

    今まで少年法についてら考えた事なかったけど、被害者からしたら泣き寝入りするしかない法律やな。
    でも、少年の可能性を信じるっていう点では、それも必要やと思うけど。
    でも、実際に自分が被害者の遺族っていう立場になったら、どうやろな。
    さすがに、復讐まではいかんと思うけど。いや、それもこんな普通の状態じゃないやろうから、わからんわ。

  • ちょっと前に花火大会の後にいなくなった女の子のニュースを見て、これと同じだと思った。

全1633件中 1 - 25件を表示

さまよう刃 (角川文庫)に関連するまとめ

さまよう刃 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

さまよう刃 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さまよう刃 (角川文庫)の単行本

ツイートする