夜は短し歩けよ乙女 (5) (角川コミックス・エース 162-6)

  • 243人登録
  • 3.90評価
    • (21)
    • (16)
    • (18)
    • (3)
    • (1)
  • 8レビュー
  • 角川グループパブリッシング (2009年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047151758

夜は短し歩けよ乙女 (5) (角川コミックス・エース 162-6)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 森見登美彦が好きなので。。。

    いつもの世界観はうまく表現できていると思う。ただ、乙女は、こんな感じかなあと。天然ではなく、もうちょっとクール系なイメージ

  • やっぱり森見ワールドを漫画にするのは難しいのか…と思った最終巻。終始、異世界や不思議と隣り合わせで。いやでもみんなあったかいなあ。いろんな人がいて、その中から誰を見つけるのか。誰かを見つけたから、いろんな人に出会うのか。まあそんなのは些細なことか。狐がぶっさかわでツボでした。あと、先輩にコンタクトを装着しようとする北大路!

  • 漫画を読んだら原作を読むべきである。
    逆も然りで原作を読んだら漫画も読むべきだと私は思う。
    人これを相乗効果という。

  • 京都などを舞台とした作品です。

  • 少し不思議な心温まるコメディといったところか。最終巻だけあってさすがに少しシリアスな描写も。
    風邪でうなされながら見たあの夢の中で、先輩は乙女を好きでいる明確な理由が見つけられない。でも人を好きになるのに理由なんで必要?

  • 5巻です。

  • 同名のマンガ化。これで最終巻……で良いのか。

    色々思うことはあったが、一番最後の1コマで、原作の良さをすべて表した感がある。

    だから

    「ここで出逢ったのも 何かの御縁」

    であってほしい。

  • <strong>小説のコミカライズ作品。</strong>
    作画の人が好きなんで買った。
    琴音らんまるさんは、エースで絶対絶命都市の漫画版描いてたときに気に入った。
    Forget Me Notとかの読切も読んだ。手元には残ってないけど。
    短編集出してほしいなあ。ストーリーは覚えてるけど、もう一度読みたい
    月刊の読切だったからページ数結構あったはずだし、足りなくはなさそうだけど

全8件中 1 - 8件を表示

夜は短し歩けよ乙女 (5) (角川コミックス・エース 162-6)のその他の作品

琴音らんまるの作品

夜は短し歩けよ乙女 (5) (角川コミックス・エース 162-6)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夜は短し歩けよ乙女 (5) (角川コミックス・エース 162-6)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜は短し歩けよ乙女 (5) (角川コミックス・エース 162-6)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする