46番目の密室 (講談社文庫)

  • 2951人登録
  • 3.48評価
    • (223)
    • (372)
    • (888)
    • (50)
    • (12)
  • 346レビュー
著者 : 有栖川有栖
制作 : 綾辻 行人 
  • 講談社 (1995年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061858961

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有栖川 有栖
有栖川 有栖
有効な右矢印 無効な右矢印

46番目の密室 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ネタバレありあり。
    火村シリーズには珍しく、江神シリーズのような、
    青春小説的な雰囲気がある。
    火村とアリスの、大学での出会いのシーンなど。

    内容は、
    推理作家の家に招かれたアリスたち。
    編集者や、新人作家など、なんだかいわくのありそうな人たちである。
    その夜、スプレーで落書きされる、靴にワインが注がれる、
    石灰がまかれる、などのイタズラがされる。
    共通点は「白」(白スプレー、白ワイン)らしい、ということは
    分かるが、それが何?となるアリスたち。

    そして、その晩、事件が起こる。
    宿泊客は2階にいたが、
    1階で、ここ数日、屋敷の近辺をうろついていた男が殺される。
    しかも、部屋は密室であり、死体は暖炉で燃えていた。
    ここが、一応密室になっているのだが、作者自身も認める
    肩すかしなので、気にしなくていい
    (セロテープを貼って、扉の下から糸をくぐらせ、引っ張ってはがした。
    まあ「隠し通路」と並ぶ、「分かっててやってます」感のある、
    肩すかし)
    さらに、地下の部屋でも、屋敷の主である、作家が殺されており、
    ここも密室になり、死体が暖炉で燃やされている。
    ちなみに、こっちは、意図せざる密室パターン。
    ただし、死にかけの被害者が閉めたパターンは不可能なので、
    一応、まだマシなほう。不可能犯罪である。

    さて、有栖川お得意のパズラー部分だが、
    石灰の足跡を踏んだのは誰か、という謎。
    (以下、ネタバレ)


    この謎は、結局、踏んだのはアリスであり、
    階段が薄暗かったので、最初は足跡に気付かなかった(なんで?)
    このスリッパを履いたまま外に出たので、
    スリッパから石灰の粉が落ちた
    (結局、スリッパを拭けばいいだけの話で、誰でもいいのでは?)
    で、最初にアリスを介抱していた奴が犯人、という
    もっとも犯人らしい奴が犯人というパターンになってしまっている。
    このスリッパのくだり、いらねえんじゃねえの?という感はある。
    読者を惑わす、意味なしヒントだったのだろうか。

    もう1つ、消えた石油缶問題があり、
    裏口という、もっとも近い所から石油缶を取らず、
    わざわざ離れたガレージから石油缶を持ってきたのはなぜか、という話。
    こちらは、あまり真剣に読んでいなかったので、
    検討していない。
    理由としては、裏口から持ってくると、すぐばれてしまうから、
    というものだったが
    (計画的に準備していた、というのがポイントで)

    そしてメイントリック。
    犯人は、殺してから、暖炉に押し込んだと思わせて、
    実は、暖炉に首を突っ込んだ被害者の上から、
    「糸を付けたつぼ状のもの」を落として、殺した。
    で、糸を引っ張って回収した。
    このつぼ状のものが何なのか、最後まで分からなかった。
    ボーリングの玉とかなら死ぬだろうが、
    糸のまきようもないし…。
    暖炉の中に、ちょっとした謎が書いてあり、それが伏線になっている。
    解くと「虹」だと分かるが、それが何?という、
    「白」と同じタイプの、意味なしの謎。

    それにしても、密室の煙突が開いているなんていう、
    超初歩的な手を使ってくるとは思わなかった。
    この「あきれ」感は、
    島田荘司が、犯人当てで、容疑者が右利き・左利きとか
    言いだしたとき以来の、「あきれ」である。
    今さら、そこ?という。
    普通、網が張ってふさいであるものだが
    なんか「5分間ミステリー」並みのしょぼさである。
    (網が張ってあるとは、どこにも書いてない、というレベルの)

    最後に「白」の謎。
    犯人は、自分の部屋の前に石灰をまいて、一晩中
    外に出ていないことをアピールして、アリバイを作りたかった。
    あとのイタズラは、石灰を撒くためのカモフラージュ。... 続きを読む

  •  有栖川有栖作品、再読強化月間中。
     講談社文庫の方を読んだのですが、最後まで読んで解説が綾辻だったことに気がついた。綾辻の解説を読んで、「ああ、分かる分かる」と納得する部分が多々。
     綺麗なんだよ、有栖川の話って。一つ一つがうまく組み合わさってるから、すごく綺麗。トリックロジックは言わずもがな、キャラクタもいいし、ユーモアもあるし、皮肉も入ってるし。本当に綺麗。ただ、綺麗すぎてあまり印象に残らないんだよなぁ。あっと驚く結末に関しては綾辻の方が上だし。(当然だけど、あくまでも自分にとっては、の話。)
     この話もトリックロジックがすごく綺麗で、読みやすい。「ああ、ミステリを読んだ」あるいは「本格だなぁ」と思える話。動機がね、有栖川らしく人間味があるというか切ないというか、「そう言う動機、ありかよ」と思ったりもしたけど。
     どうでもいいが、この作品、作家アリスシリーズの第一弾だったんだねぇ。道理で、アリスが「探偵としての火村を初めて見る」とか言ってるわけだ。これ以降なのかね、アリスを助手として連れ歩くようになるのは。

    05.03.15

     **

     有栖川再読強化運動中(二度目)。

     前はすぐ諦めちゃったから、今回は一年かけて、作家アリスシリーズを読み切れたらなと。
     さすがに三度目となると、犯人と動機は覚えてました。トリック? 何の話ですか?
     やっぱりなんつーか、うめぇなぁ。しみじみと思う。綺麗なんだよなぁ。ひとの書き方も犯罪の書き方も。綺麗にまとまっていてすとんと読める。もちろん犯人が分かったときとか、謎解き部分で「ああそういうことか!」っていう驚きはあるんだけど、それでも綺麗にまとまっている。有栖川作品は基本的にそういう系統が多いから、誤解を恐れずに言えば印象に残らない。だからこそ、裏切られることがないんだな、って思った。
     全部、ちゃんと、面白い。すげぇなって思う。
     途中、アリスと火村の推理が食い違ったところ、あれ、学生アリスだったらもうちょっとちゃんと理詰めで考えたんじゃないかな。作家アリスは甘い。学生アリスはトゲトゲしてる。そこを意識して書き分けているのかは分からないけど。
     抜粋。
     物語最後のとある人物のセリフより。


    「俺だけが知ったんだ。俺だけのものだ。俺だけが知っている」


     なんかもう、いろんな気持ちがごっちゃになってるんだろうなぁ。何て言っていいか分からないくらいぐっときた。

    16.01.25

  • 気になってたアリスと火村のコンビシリーズ第1弾。ドラマでやってたからそのキャスティングで頭ん中では火村は斎藤工さんでアリスは窪田正孝くんになってます。『密室』の響きには本格的なトリックに対する期待感が高まります。今回、じっくり謎解きを楽しむことができました。ラスト犯人だけが天上の推理小説の一片に触れることができたのは哀しい中にも一筋の光がさしたような気持ちになりました。

  • トリックがいつも通り気持ちいい。アリスと火村で二次が作られるわけだ。狙ってるだろと思ってしまう。

  • 今までなんだか近づきがたかった有栖川有栖に挑戦。
    著者が有栖川有栖、主人公の有栖川有栖も推理小説家であるという設定になじめない。
    ーーー
    45の密室トリックを発表した推理小説の大家、真壁聖一が殺された。密室と化した地下の書庫の暖炉に上半身を突っ込むという凄惨な姿であった。彼は自分の考えた46番目の密室トリックで殺されたのか? 推理小説家・有栖川有栖とその友人で犯罪学者・日村英生のコンビが怪事件の謎に迫る! 新本格推理小説。

  • 密室ものが好きではないのだが、有栖川有栖と火村英生のコンビは好き。何故、密室にしたのかと考えがちだが、その考えを変えることも必要か。

  • 面白かったー!
    やっぱ密室は面白かった。

    今日は体調が悪くて学校を休んだけど、寝っ転がっている時は平気だし、頭も痛くないから読んじゃった。

  • アリスと火村シリーズの第1作目。別荘で密室殺人というと古き良き時代って感じ。昔はこういう、いわゆる本格派の推理小説をよく読んでたよなとちょっと懐かしく思う。最後の犯人やトリックが解明されていくところは快感。長編は苦手だけど、このコンビは好きだ。

  •  ドラマの影響で火村さんシリーズを読んでみようと思い立ち、ちゃんと最初から読むことにしてみた。
     会話がどちらがアリスでどちらが火村さんなのか、わからなくなるところもあったが、最後までするすると読むことができた。久しぶりの推理小説。謎解きはイメージできる範囲内だったからよかった。アリス仮説の方は、もうさっぱりイメージできなかった。

  • とても読みやすいライトノベル調の文体
    内容は本格ミステリ
    個人的には火村助教授が魅力的に感じた
    このシリーズは登場人物の関係や殺人の動機まで、夢見がちでロマンチックな印象があり、殺人事件が起こるにもかかわらず読後感がそれほど重苦しくないように感じる

  • ドラマを見て読みたくなったので。犯人最後まで分からんかったなー最初のフラッシュバック意味あったの?

  • 「崇拝すべき神など非在の無情の世界で、『運命』という名前をつけられた不可避な力が私たちを隷属させています。そんな認識から私は逃れられないのです。そしてこんな哀れな俘囚の中に、同胞のたった一つしかない、彼だけの所有物である生命を剥奪しようとする者がいることが、私には許せない気がします」
    (P.74)

  • ドラマを見て。
    碓氷峠越えの軽井沢行き列車がちょっと懐かしかった。
    「推理小説」というと少しとっつきにくい印象があったが、火村とアリスのやり取りが軽快で読みやすかった。

  • TVドラマを見たので原作を読むことにした。
    過去の事故が重大なのかと思いきや、それは一つの背景でしかなかったのね。

  • 最後まで犯人もトリックも全然分からず早く結末を知りたい気持ちで読んだ。
    種明かしは、無理矢理感はなく前半部分の何気ない描写も繋がったりして良かった。ただ、犯人の動機は物足りなかった。それと、アリスと火村の関係が時に揶揄し合ったり、時に尊重し合ったりでちぐはぐな感じがした。他の登場人物の性格付けももう少し欲しかったように思う。

  • 意外な展開で、とてもおもしろかった。

  • ずっと以前に読んだけれど、最近テレビドラマで「臨床犯罪学者 火村英生の推理」が放送されてまた読みたくなった。
    火村シリーズの第一作目を借りた。

    有栖川有栖さんの本って、私にとっては、「犯罪の動機や犯人はなぜかすっぽり忘れてしまうのに、小さな小ネタは心に残る」不思議な小説。
    以前は、アリスは著者のイメージでおじさんだったのに、ドラマの影響で窪田くんと火村は斎藤工さんに変わった!!!

  • 初めて有栖川有栖読みました。
    ホームズ役の火村とワトソン役の有栖が主人公。
    有栖視点で物語は進みます。
    サクサク読めてちょうど電車の中で読むのにいいと思いました。
    トリックはやや肩透かしくらったものの、有りといえば有りか・・・
    またこのシリーズ読んでみたい。

  • 中学生の時に読んでいた有栖川さん、ドラマ化に伴い読み直しました。火村先生の長編一作目。今読み直しても相変わらず面白い。屋根でアリスが足を滑らせたところや、「せーの」と声を揃えて同時に発言してみるところ。ユーモア溢れた二人の掛け合いが本当にツボです。トリックもしっかりしていますが、個人的には登場人物に重きを置いて読むと楽しい作品かな、と思います。

  • 再読。
    「スウェーデン館の謎」と全く同じパターンだ。
    本棚に入っていないので今度こそ初読だと思っていたのに……これ、知ってる!!
    (もうこのパターン、いいわ……)


    ミステリファンで”密室”と聞いてときめかない者など居るだろうか。
    この意味深なタイトルを一目見ただけでワクワク心躍る読者は少なくないはずだ。
    内容は秀逸な本格ミステリで申し分ない。
    タイトルの意味自体はわりとすぐに判明してしまうんだけれど、読了すると改めてこのタイトルの悪魔的な魅力に取り憑かれそうになる。
    少し残念な様な、けれど解説にもあるように天上の推理小説は不在ではなく未在なだけだ、という夢が残る。
    ただひとつ、初読時は重要視せず流していた気がするのが、犯人の動機、だ。


    理解も同情もできない。分析することはできるが、あまりにも自己中心的すぎる。
    短絡的思考と用意周到さが合わさったが故に起きた事件かな、と。
    そして、動機は自己愛と保身、そして自分に向けられた“狂気にも似た愛”に対する恐怖といったところか。
    なんだかなぁ……とぐるぐる考える程に、理解はできなくとも良くできた小説なのだろうとしみじみ思う。

    次は「ダリの繭」、再読祭りはまだまだ続きます。

  • 火村英生が探偵役の作家アリスシリーズの第一作。いつ読んだかも忘れたくらいの久々の再読。エラリー・クイーンを敬愛する作者らしく、真相解明までのロジックはさすが。ただし密室のトリックはいまいちかな。。なにげにカレーのエピソードも書かれていたのね。

  • 初めてのアリス。まさかの関西弁に違和感があって、最初は戸惑いました。そのうち慣れるのだろうけど。

    冒頭の部分があったので、犯人は彼ではないのだろうな、とか捻くれた事を考えながら読み進めてました。
    密室トリックを得意とする巨匠が密室で殺され、不可思議な状況がさまざまに起こって謎を深める。
    ストーリーの進み方は王道ですね。もう少し、冒頭の部分が深く関わるかと思ったのですが、彼についてはあっさりというか。
    しかし、動機がビックリですね…かなり古い作品でしょうに、今ならともかく発売当時にこの動機は受け入れられたのでしょうか。

  • 2015-09上旬読了。
    有栖川有栖は読みやすい。
    なんだか火村先生の説明の感じに違和感があったけど、これは1作目だったのか。

    私が考えた犯人は有栖と一緒だったから、
    しっかりミスリードに乗ってしまった。

  • 読みやすくてわかり易かった

全346件中 1 - 25件を表示

46番目の密室 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

46番目の密室 (講談社文庫)の作品紹介

45の密室トリックを発表した推理小説の大家、真壁聖一が殺された。密室と化した地下の書庫の暖炉に上半身を突っ込むという悲惨な姿であった。彼は自分の考えた46番目の密室トリックで殺されたのか。推理作家・有栖川有栖とその友人で犯罪学者・火村英生のコンビが怪事件の謎に迫る。

46番目の密室 (講談社文庫)の新書

ツイートする