住友銀行秘史

  • 588人登録
  • 3.24評価
    • (16)
    • (37)
    • (65)
    • (18)
    • (8)
  • 49レビュー
著者 : 國重惇史
  • 講談社 (2016年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062201308

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
トマ・ピケティ
ベン・ホロウィッ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

住友銀行秘史の感想・レビュー・書評

  •  住友銀行の取締役から、楽天証券を経て、楽天をセクハラで追い出されという波乱万丈人生。人事抗争の姿を実名とメモで明かす暴露本。読んでいて、本当にこういうモラルのない、自己正当化してしまう人物に大企業の経営を任せなくてよかったなと思ってしまう。メモを効果的に使って、ドラマティックな仕上げ方をしているが、実際のところはこんなもんではない。メモを作ったのも、やめる前提だったことさえ匂わしているが、取締役に同期トップでなったとか、自画自賛の文章が並ぶ。物書きなら、こんなことは絶対ないだろうけれど、最後までついてきてくれる人、慕ってくれる人がいないことを暴露しているようなものだ。
     人事をめぐる戦いという意味で、真実があるとすれば、内部告発をマスコミにしたのは私だ。というところだろうか。なぜ告発という手に打って出たのか。イトマン事件の背後にあるのが、住友銀行の頭取とイトマンに繋がる不正であったとするなら、やはり腐っていると言わざるを得ない。なぜ取り込まれるのか、悪の道とは頭取という5万人のトップでさえも抗えない力を持っているということだ。気品にあふれと高潔であること、語学も堪能で、明晰な頭脳と判断する勇気を持っていること、ビジネスにおいても公明正大、まっすぐにやる、逃げないというメッセージが心に響くこともある。それくらい、まっすぐに立つということが難しい時代なんだろう。

  • 1990年、バブル真っ只中の日本金融界で起こったイトマン事件。本事件は経営不振のイトマンを立て直すために住友銀行から派遣された河村社長による不正経理事件だ。莫大な負債を隠すために絵画取引を利用するなど、当時としてはその意外な手段が注目された。

    一躍時の悪役となったイトマンのメインバンク住友銀行はこの事件をどのように片付けたのか。著者は当時の住友銀行員でありながら、銀行を守るためにその事件を匿名で世間に暴露し、事件解決に奔走した。それから20年以上を経て、著者は当時の詳細な業務メモをもとに事件の真相を語る。

    本書の多くは断片的なメモを並べているだけで、正直、読み物としてはおもしろくない。すぐれたゴーストライターを付けてほしかった。また、「住友銀行秘史」と言いながら、結局イトマン事件のことしか触れないって、どうなの。

    とはいえ、住友銀行によるイトマンへの会社更生法適用失敗から、XデーならぬZデーのイトマン取締役会での社長退任動議のクライマックスは読み応えがある。

  • 読んで後悔。事件のことより「自他共に認める10年に1人の逸材」だの「上司や会社のためではなくただ真実を知りたいだけ」「俺が動かなければ被害は5000億で済まなかっただろう」といった自慢フレーズが頻発。「秘史」というからには根拠や証言を示してもらいたいがそれはなく、あるのは自分のメモだけ。自己陶酔をベースに都合良い部分を激動の経済ドラマ風に書き起こしたものであり、がっかり。

  • イトマン事件の当事者であった筆者による回顧録。

  • 今は昔。当時を学ぶには最適とも思えるが、著者の主張の他の第三者の検証も欲しいところ。

  • 住友銀行の秘史だって言うから。イトマン事件の真相だって謳って
    いるから。だから読んだんだけどね。

    本書は「読み物」ではなく、「資料」だ。

    イトマン事件の渦中で、住友側で情報収集をし、大蔵省やマスコミ
    宛てに内部告発文書を送った著者が、騒動の中でこまめに記録した
    メモとその解説、時々の新聞や週刊誌の記事が時系列で掲載されて
    いるだけ。

    後に特別背任で起訴されたイトマン社長や伊藤寿永光、許永中、
    住友銀行の役員等、実名が多く記載されているので生々しさはある
    ものの、要は銀行だけではなくどの会社にもある権力争いと保身
    のオンパレード。

    そんな住友銀行上層部にあって著者は「自分はそんな人たちとは
    スタンスが違うとの主張を死、「住友銀行を守る為に裏で動いたのだ」と
    言う。これを自己顕示欲って言ったら言い過ぎ?

    イトマン事件はバブル期という異常な状況の中で起きた。このバブル期
    に関して、住友銀行を含めて銀行側は一切、罪はないのだろうかと思う。
    だって、バブルを煽った責任は銀行にもあるんじゃないかな。

    イトマンを食い物にしたと著者が指摘する伊藤寿永光をイトマンに紹介
    したのは住友銀行の人間ではなかったか。そのイトマンにも住友側から
    の出向社員が多くいたのではなかったかな。

    私はイトマン事件の前章として平和相互銀行の住友への吸収合併が
    あったと思っていたのだが、本書ではこの部分は軽く流している感じ。

    当時、著者の周辺にいて、未だ存命の方のいるのになんでこれ、出版
    したんだろうなぁ。その意図が分からん。

    せめて著者のメモを元にプロの作家さんに経済小説に仕立ててもらった
    方がよかったのかもしれない。

    尚、イトマン事件当時、住友銀行の常務だった西川善文氏の回顧録
    の方が面白そうだ。機会があったら読んでみよう。

  • 時間切れ
    イトマン事件知らないけど
    残念

  • イトマン事件を当時住友銀行内で対応した、筆者のメモとコメントである。

    非常に緊迫したやりとりや、リスクを負ってまで会社を動かそうとする筆者の姿勢が描かれている。

    しかしながら、イトマン事件の真相には十分切り込めなかったことや、そもそものイトマン事件を知らない私からすると、ややおいて行かれる印象。

    また、本当にこれを書いて良かったのか、というのは疑問を感じる。

  • 住友銀行秘史という題名ではあるが、住友銀行とイトマンが起こしたイトマン事件の真相である。ニュースでよく耳にした人物の名前は知っていたが、その内容はあまりわかってなかった。
    この事件で活躍した住友銀行内部者が著作者であり、ニュースでも出なかったであろう真実が明らかにされている。
    基本的に著作の当時のメモからの書き起こしになっているのでわかりにくいところも多々あったが、それでも全体の流れや事件が露わになっていく過程が緊張感を持って書かれている。
    現代であればコンプライアンス違反ということであろうが、当時はまだそんなので社会的道徳観念もも薄く権力を持ってしまえばなんでも出来たのだろう。仮にそうだもしても、自己の利益や保身のために会社を食い物にするのは許されない。
    また、銀行内部の派閥争いもコンプライアンスが聞かなかった一因なのであろう。
    一般企業に勤める自分の周りでも社内の派閥を感じることはある。所属することにメリットもあるのであろうが、自分としては距離を置きたい。

  • 読むのにずいぶん時間がかかった…。
    自画自賛のきらいが。

    バブルの終焉。
    経験をしていないと、やはりよくわからない。今では考えられない。
    ただ、サラリーマンの本質は変わってない。自分もひたすら保身と日より見に走ったと思う。作者のような行動はとれないだろう。
    それにしても、今、ゆとりゆとりと非難しているこの世代の方々とは一体…。

    イトマン、秀和、住友、野村證券、大昭和製紙
    これが面白い。

  • 実録版、半沢直樹。銀行の出世争い、足の引っ張り合い、忖度、反社会組織との繋がり、マスコミへのリーク等が、イトマン事件を通して描かれている。ちょっと食傷&辟易気味。

  • 【No.80】すごく読みにくい。「とにかく仲間を増やさなくてはならない。一緒に行動を起こす仲間だけではない。潜在的に自分たちと同じ考えの者たち、陰で味方になってくれる人たちを少しでも増やさなければならない」「人の心、機微が全然わかっていない」「働くときはみっちりと働く。ただできるだけ効率性と合理性を重視する。その後は自分のために使う。もちろん長期休暇もとる」「情報を取っているだけではダメなのだ。もちろんそれは基本動作で、情報を元に構図を組み立てることは必須だ」「組織で生きる男たちには、時にこういうことがある。お互いに芝居だとわかっていても、もっともらしくふりをする。そうせざるをえないし、そうせずにいられない」「私にとって大事なことは、偉くなるかならないかということではなく、何をしたか、どういう人生を送ったか」

  • いわゆる暴露本。ここまで書いて大丈夫か?という内容だが、当時のことは随分と話題になったし、ここまで銀行も腐敗するのかって,実に面白い。しかし、権力者ってなんだかなぁー。

  • 帯文:”保身、裏切り、多数派工作 幹部たちの激しい人事抗争を実名で明かす” ”早くも10万部突破!”

    目次:プロローグ 前史、第1章 問題のスタ-ト、第2章 なすすべもなく、第3章 行内の暗闘、第4章 共犯あるいは運命共同体、第5章 焦燥、第6章 攻勢、第7章 惨憺、第8章 兆し…他

  • 当時の状況を知る者からすると大変興味深いのだろうが、そうでなければ、住友銀行といえども経営者に私物化されるし、役員たちも保身に走って状況を変えられないということを再認識するだけだ。

    東芝といい、そんな例はいくらも出てくる。

    著者の偉そげなトーンはちょっと鼻につく。

  • 読みづらいという印象しか残らなかった本。

  • 暴露本だが自画自賛、自己自慢は余分。

  • 著者の自己陶酔が目立つところもあるが、あの頃同様の問題にかかわったので、著者の苦悩はよくわかる。
    あの事件のこと、阿野ころの日本の空気を知らないと分かりにくいかもしれません。

  • 読みました。

    ページが多くて読むの大変。

  • 少し誇張があると思う。

  • 人は地位を得ると間違えるのか、
    地位を求めるものにロクな者がいないのか、
    会社組織が癌細胞のように自身の体を蝕んでいく様子がきれいに書かれているという印象をもった。

  • リアルな表現は迫力があった。
    銀行の頭取は、公か・私か?
    独裁に近い権力はある意味怖い。

  • 467ページ読み終えました。

全49件中 1 - 25件を表示

住友銀行秘史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

住友銀行秘史を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

住友銀行秘史の作品紹介

大蔵省とマスコミに「内部告発状」を送ったのは私だ。
実力会長を退陣に追い込み、上層部を動かし、
わが住友銀行は生き延びた。
そのなかで、行内の人間関係が露になり、
誰が本物のバンカーなのかもわかってきた。
いま明らかになる「イトマン事件」の真実、闇社会の勢力との闘い、銀行内の激しい人事抗争ーー。
四半世紀の時を経て、すべてを綴った手帳を初公開する。

住友銀行秘史のKindle版

ツイートする