密やかな結晶 (講談社文庫)

  • 2129人登録
  • 3.82評価
    • (280)
    • (271)
    • (389)
    • (25)
    • (6)
  • 293レビュー
著者 : 小川洋子
  • 講談社 (1999年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062645690

密やかな結晶 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小川洋子さんの長編では今のところこの作品が一番好きです。何度読んでも、この静かで脆く不安な世界もとても好きです。
    少しずつ、人々は何かを失っていき、何をなくしたのかも忘れてしまう島。鳥が消滅したときは鳥を放し、バラが消滅したときはバラを摘んで川に流し、小説が消滅したときは本や図書館を焼く…記憶を保ち、消滅したものを持ったままだと記憶狩りに連行されるとはいえ、狂気も感じます。カレンダーが消滅して、冬が終わらないところもなんだか好きです。
    今回は、おじいさんがとても優しく心強く感じられたので地震からの展開には泣いてしまいました。
    ものの記憶も、自分の身体の記憶も失っていく主人公と、記憶を失わない編集者のR氏がわかりあえないところもせつなかったです。
    主人公の消滅が穏やかなものだったので、自分の消滅もこんな甘美すら感じるものだったらいいなと思いました。

  • 大人のための暗い童話。妖美的で、抽象的で、絶望的で、静謐的な喪失物語。

  • 初めて読んだのが冬の終わりの昼下がり。
    一人暮らしの部屋で、コタツに潜り込んで。

    夢中で読み進めて、ラスト近くにふと顔を上げたら、窓の外は真っ白。
    いつの間にか雪が降り積もり、あたり一面が白い世界。

    しばらく小説の中にいるような不思議な気分に。
    本を開く度に、その時の気分が蘇ってくる1冊です。

  • 読めば読むほど切なくて、読みおわるとぽかんとする話
    流れに逆らうこと、逆らわないこと、どっちが幸せなんだろうかとか考えながら読みました

  • 限りない消失の物語。最後には全て失うことをわかっていながらも、生きる希望(のようなもの)や、それを受け容れる心を持った主人公の感情の動きが描かれていて、哀しくも、そこから何かを学びとれるんじゃないか、と感じてしまうような希望を抱いてしまった。

  • (2008より転載)
    【再読】大好きな作品のひとつです。ドキドキするし、とても切ない。大事なものが"消滅"してもそれを受け入れてしまう。うーん、どうかな。
    2008/10/3読了

  • 江戸川乱歩の妖しさを思い出してしまいました。
    途中、
    タイプライターの小説の方がもしや現実なのかもしれない
    と推測してしまいました。


    違いました。

  • 小川洋子お得意の”失う話”。
    偏執的倒錯的な匂い。
    とても美しくて悲しくて壮大な物語。
    物語が終わってしまうことが悲しくて
    読み進めたくなくなるくらいのめり込んだ。

    「R」というイニシャルは何を表すだろう。

  • どんどんものの概念がなくなっていく島の話。
    タイプライターの先生との話は「薬指の標本」かといつも思っちゃうんだけど、この「ひそやかな結晶」の中の劇中劇というか、この話の主人公が書いてるお話だった。
    小川さんは大好きだけど、不思議すぎたり、ついていけないのも多いけど、この話は好き。
    でも、薔薇が世界から消えるなんて信じられない!
    というより、もっともっと信じられないものが消えていくんだけど・・・。

  • 静かで、美しく、そして苦しい気持ちになる作品。
    一つ一つの物や記憶を大切にしていきたいと思えた。

全293件中 1 - 10件を表示

小川洋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

密やかな結晶 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

密やかな結晶 (講談社文庫)の作品紹介

記憶狩りによって消滅が静かにすすむ島の生活。人は何をなくしたのかさえ思い出せない。何かをなくした小説ばかり書いているわたしも、言葉を、自分自身を確実に失っていった。有機物であることの人間の哀しみを澄んだまなざしで見つめ、現代の消滅、空無への願望を、美しく危険な情況の中で描く傑作長編。

密やかな結晶 (講談社文庫)の単行本

密やかな結晶 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする