骸骨ビルの庭(上) (講談社文庫)

  • 479人登録
  • 3.87評価
    • (34)
    • (71)
    • (43)
    • (4)
    • (1)
  • 41レビュー
著者 : 宮本輝
  • 講談社 (2011年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062770217

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

骸骨ビルの庭(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 通称「骸骨ビル」戦後の混乱期に住み着いてオーナーの阿部轍正と茂木泰三に育てられた戦争孤児たちを立ち退かせるために担当者として八木沢省三は送り込まれる。
    阿部轍正の汚名をはらすまではでていかない。という茂木と子供たち。
    終戦後、大人一人でも生きていくのが大変な時代に血のつながらない子供、それも一人や二人ではない子たちを育てる決意。
    自分の人生より子供たちを育てることがなぜできたのか。
    阿部と茂木、そして子供たちの絆が読んでいて胸にぐっとくる。

  • 宮本輝はもう60を過ぎてしばらく経つはずだが、いまだにこういう彼の若いころのような小説が書けることがすごいと思う。ドヤっという落ちどころもないのだが、大阪十三や京都三千院などところどころの舞台描写が綿密、且つ食べ物の描写とボリュームが素晴らしい脇の花となっていて忘れがたい。鉄のフライパンが欲しくなった。

  • 戦後の日本に溢れた孤児たちと、その孤児たちの、それぞれ「父親」と「母親」の担ってくれた二人の男の物語を主人公の目を通して辿っていく物語。大人になった孤児たちの個性が強くてすごく面白く、また心温まります。

  • 心に響くお話でした。
    すべての登場人物に奥行があって、引き込まれました。
    戦争によって、孤児とならざるを得なかった子供たち、
    戦地での体験に、心縛られる大人たち、
    誰もが必死で生きねばならなかった終戦直後の暮らし。
    ただ生きるのではなく、人として崇高に生きる事の大切さ。
    魂魄…魂は心だけではなく体にも宿るもの。
    自分を変えようと思ったら、何度も何度も挫折を繰り返しながら、それでもなりたい自分を目指して、続けて行く事。

    色んな事を考えさせられました。

  • 大阪の十三というところに戦前から建っていた堅牢でイワクありげな建物「骸骨ビル」の除却という業務に、ひょんなことから関わった主人公が、様々な人間模様、それも戦前戦後のどさくさで、好むと好まざるに関わらず、悲壮的な宿命を負った戦災孤児の人間模様を絡めながら、話は、読者を引き込んでしまいます。
    人間置かれた環境で、様々な職業につかざるを得ない、インフォーマルな世界を作者独特のタッチで書き進む。
    主要な登場人物がこのビルの歴史的に背負った背景を語っていくというスタイルだ。
    そして、除却を請け負った主人公の心の動くも同時進行で描かれていく。
    そして、下巻へと続いていこのである。

  • 広い意味での戦災孤児と、それを育てた二人の男を巻き込んだ事件を、平成の世にヤギショウの聞き語りで進む物語は、初っ端から怪しい雰囲気を醸し出しながら進んでいく。ヤギショウは標準語、骸骨ビルの住人は大阪弁。彼らの語りを慣れない関西弁のイントネーションで読み進めるのは大変だ(笑)さて、ヤギショウと彼の親族は無事でいられるのか? 下巻へ突入だ!

  • 宮本輝は大好きな作家です。
    この「骸骨ビルの庭」も、じわじわ感動がやってきて、いい作品です。

  • なんだか哲学的な内容やら、ひやひやする内容やらありつつも、魅力的な人達ばっかり出てくる。
    それと美味しそうな食べ物が沢山出てきてお腹空く。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    大阪・十三に戦前からある通称「骸骨ビル」。戦後の混乱期に住み着いて、オーナーの阿部轍正と茂木泰造に育てられた孤児たちを立ち退かせるために三人目の担当者として送り出まれた八木沢省三郎は、一筋縄ではいかなそうに見える彼らの話に耳を傾けるうちに、困難だったであろう日々を思い描くようになる。

    評価は下巻にて

  • 「早く、下巻を読みたい」そんな作品だ。

  • 日記形式。
    骸骨ビルの管理人として過ごした数カ月間。

    そこに住む人たち、そこで育った人たちと関わりながら、退居させることが求められている私。

    さてさて、どうなるものか。

    元々ことビルを所有していたオヤジが子供(戦災孤児)に伝えた言葉、人間は何のために生まれてきたのかの質問に、自分と縁する人達に歓びや幸福をもたらすために生まれてきたのだ。
    こういう質問に、明確に答えることができる人間になる。

  • 続編につづく。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“文壇レシピ”で登場。
    http://nestle.jp/entertain/cafe/


    本の中に登場するあの美味しそうな一品を
    実際に再現してみよう!というこのコーナー。

    第43回目に紹介されたのは、宮本輝の「骸骨ビルの庭」に登場する『丸鶏のスープ』。

    ―塩と胡椒で味を調え、耐熱容器に入れ、フランスパンを一センチ程の厚さに切り、
    三、四枚をスープにひたして冷蔵庫に入れておく。

    スープを吸ったフランスパンの上に粉チーズを振り、オーブントースターで十分ほど焼く。



    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/

  • 大阪・十三にあるビルに戦後の混乱期に住み着いた孤児たちの立ち退きにまつわる話。
    そのなかに、料理の話あり、農業の話あり、本筋よりもそちらの方に興味が行ってしまった。京都のおいしい七味とごま油と醤油で食べるおうどんがなんとも
    美味しそう。

  • 心暖まる作品でした。

  • 純文学と大衆文学の明確な違いもよく分からないし、そもそも分ける自体がナンセンスなのかも知れないが本作品は純文学よりな気がする。損得を超えた無償の愛、使命感、嫉妬、生への執念等 人間臭さが滲み出ておりジワジワくる。終わりもスッキリ、すっと入ってくる。もう少し人生の経験を積んでから再読したい。

  • 「骸骨ビルの庭」
    タイトルだけだとおどろおどろしくてホラー小説のようですが、全く違う内容です。
    大体の内容をかいつまんで説明すると-。

    主人公は大会社を早期退職した男性。
    彼は再就職した会社で、あるビルに居座っている連中を早々に立ち退かせて欲しいという仕事を請けます。
    そして彼は単身その「骸骨ビル」に入居してビルに居座る人々を観察し、彼らと心の交流をもちます。

    居座る人々は以前そのビルの持ち主だった人の子供たち。
    子供たちと言っても実子ではなく、皆親に捨てられ行き場がなく、骸骨ビルの持ち主に育てられた人々。
    彼らは皆個性的で、何をして生活しているのか分からないような人やら、ヤクザ、オカマなど、どうも一筋縄ではいかないような面々。

    戦中建てられたこの骸骨ビルと呼ばれるビルは今は別の持ち主の者となり、入居している者は立ち退きを迫られています。
    そんなビルに彼らが何故、骸骨ビルに居座るのかというと-。

    やがて成長した彼らの内の一人が養父に子供の頃から性的虐待を受けていたと訴え、マスコミはそのスキャンダルを書き立てた。
    彼女は多分、立ち退きを迫る人間たちにいくばくかのお金をもらってそんな事をしたと思われますが、彼らの養父はその心痛から亡くなってしまった。
    そして彼らはその女性が謝罪に来るまではここにいると居座っているといういきさつからなんです。

    宮本輝さんの本は大体において結論が出ないんです。
    結局何だったんだ?
    これ、どうなるん?
    と思う人もいるかも知れない。
    だけどお話の中に結論があるのだと思ってます。
    登場人物の何気ない言葉とか、行動とかに。

    想像力が広がり、静かな余韻の残るお話でした。

  • レビューは下巻にて

  • 著者の「にぎやかな天地」でチラリと触れられた話が、ひとつの物語としてここに。
    (気になっていた部分だったので、とってもコウフン!)

    相変わらず美しく巧みな文章ですね。

    物語としても、宮本輝の中でかなり上位に食い込むであろう…という程好きです。
    (前編なのにこんなこと言っていいのかしらん)

    大坂は十三にある通称「骸骨ビル」
    そこのオーナー・阿倍轍正と、その友人・茂木泰造に育てられた孤児達。
    そして立ち退きを命じるためにやってきた、主人公の八木沢省三郎。

    とにかく、登場人物皆がいとおしすぎる…。
    (沢山出てくるので覚えるの大変ですが…誰か相関図とか作ってくれないものか!)
    一人一人必死に生きてきた物語があり、ヤギショウさんに語ることで徐々に明らかにされ、それが人物としての立体感を出していて思わず感情移入してしまいます。
    薄っぺらくないんですよねェ〜確かにそこに彼らの息遣いを感じるわけです。

    避けて通れない戦争の記憶。
    胸を抉り耳を塞ぎたくなるようなものばかりです。
    (とくに、ヒロコ姉ちゃんの空襲の…拙い想像力ながら映像が頭に浮かび、吐き気がする…)

    彼らがどうなっていくのか…どういった決着をみせるのか…
    かなり好きなお話なので、下巻できれいに終わらせてくれることを願うばかり!

  • 大阪弁 人のぬくもり

  • 宮本輝、予備校生だった二十年前に出会った作家。模試の国語で『星々の悲しみ』が出題されて以来の付き合い。大学二年くらいまでの間に、当時出版されていた作品の、ほぼすべてを読んだと思う。
    それからは数年に一冊、なんとなく手に取り、毎度のようにしっくりと身体に染み込んでくる感覚を味わってきた。
    たぶん、森の中の海かなんかを数年前に読んだ、次がこれになった。

  • 「わたしが畑仕事で知ったことは、どんなものでも手間暇をかけていないものはたちまちメッキが剥げるってことと、一日は二十四時間がたたないと一日にならないってことよ。その一日が十回重なって十日になり、十日が十回重なって百日になる。これだけは、どんなことをしても早めることができない。」ナナちゃんの話

  • 屋上に何本もの物干し竿が突き出していて、それが人間の骨みたいだったので、骸骨ビルと呼ばれている建物に子供の頃から住み続けている人たちの物語です。
    宮本輝さんの作品は、いつも初めはとっつきづらいけど、徐々に世界に入り込んで抜けられなくなります。

全41件中 1 - 25件を表示

骸骨ビルの庭(上) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

骸骨ビルの庭(上) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

骸骨ビルの庭(上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

骸骨ビルの庭(上) (講談社文庫)の作品紹介

大阪・十三に戦前からある通称「骸骨ビル」。戦後の混乱期に住み着いて、オーナーの阿部轍正と茂木泰造に育てられた孤児たちを立ち退かせるために三人目の担当者として送り出まれた八木沢省三郎は、一筋縄ではいかなそうに見える彼らの話に耳を傾けるうちに、困難だったであろう日々を思い描くようになる。

骸骨ビルの庭(上) (講談社文庫)の単行本

骸骨ビルの庭(上) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする