紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)

  • 166人登録
  • 3.45評価
    • (3)
    • (8)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 野崎幸助
  • 講談社 (2016年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062817097

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アメトーークで紹介されていました。
    かなり面白い本です。
    ナンパしたい人は読んでみるといいかも。

  • とある対象または行為に常軌を逸した愛情と熱を捧げる人間は強い。ブレない。
    お金を稼いだり年を取ってくると名誉や勲章が欲しくなる、稼いだお金を一円でも無駄に使いたくないと必死になる人も多い中、いい女とエッチする為だけにお金を稼ぎ、美女の為ならどれだけお金を注ぎ込もうと惜しくないと豪語、4000人に30億を貢いだ自称”紀州のドンファン”が半生を語る。常軌を逸した”その道のプロの技”は仕事と女のためには労を惜しまずコツコツ丁寧に。

    マメな男はモテる。
    男にも女にも。

    コンドームの訪問販売のくだりはなかなか笑える

  • 野崎幸助『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』講談社+α文庫。

    テレビ番組で東野幸治が紹介していた自伝。確かに変わり者の爺さんの一風変わった自伝であった。内容は、如何にしていい女を抱くかということに人生を賭けた爺さんの自慢話で終始する。いい女をモノにする秘訣は何かと言えば、百々のつまり、結局のところはカネらしい。

    内容的には何も無く、週刊誌やワイドショー程度の内容。文章は割りとしっかりしているが、大金を費やし、口述筆記かゴーストを使ったのではなかろうか等と失礼な事を考えたりする。

  • いい男に生まれたわけではなく、家も裕福ではない。
    そこから金持ちになって美女を抱きたいという男なら一度は思う夢を叶えたことは素晴らしいです。

    主にこの方は、若いナイスボディの女性が好みで、風俗はあまり好きでなく、あくまで口説いて抱くのが良いといいますが、この本での口説き方はお小遣いをあげる援助交際のみです。
    やっぱり美女を抱くには現金なんですね。

    その現金を稼ぐのも苦労はされてきたみたいですが、先輩との出会いが大きいみたいです。商才も大事ですが、やっぱり人と出会いが人生を大きく変えるものなんですね。私も先輩みたいな人と出会いたいです。

  • この本の内容は帯のこの一文に表れている。
    「いい女を抱くためだけに、私は大金持ちになった」

    50歳下の愛人に大金を持ち逃げされ話題となった著者が自らの半生を語る自伝である本書は、とにかく全ての文章が冒頭の一文に収斂するという点で、究極のミニマリズムを感じさせる傑作となっている(本書がゴーストライターによる作品であるかどうかはどうでもいい。STAP細胞はあるという人がいれば、この世にあるのだ)。

    僕は、自らがスケベジジイであることを、中学生レベルの文章でひた隠しにしようとしつつ、その低能さが露呈する渡辺淳一よりも、著者の方が人間として1,000倍は真摯で素晴らしいと思う(余談だが、札幌市にある渡辺淳一文学館は、いつか爆破されるべきであると思っている。札幌市民の良識に期待したい)。

    著者が女子大生をナンパする際に口走る「ハッピー・オーラ、ハッピー・エレガント、ハッピー・ナイスボディ。あなたとデートしたい、エッチしたい・・・」は、まさに「声に出して読みたい日本語」の典型例であり、我々は日本語表現の豊かさを再感することができる。

  • 鉄くず拾いから身を起し、コンドームの訪問販売や金貸し業を経て、実業家となった著者の一代記。それもこれも全てはいい女とやるため、というのがすごい。普通、金ができると女だけでなく、社会的地位を含めた名誉が欲しくなったり、ギャンブルや美食の限りを尽くしたりしそうなもんだが、著者の野崎氏の目的はただただ女のみ!
    ただ、タイトルから想像するほどエロネタは多くなく、野崎氏のビジネスに対する信条が多く記されているので、起業を目指す人への心構えとしてのビジネス書あるいは自己啓発本ととらえた方が良いような気がした。

  • 70代の男性が若い女性と性行に至るには特別な方法はない。

    人よりも金を稼いで、人が嫌がることを文句を言わずにやる。
    それだけ。

    この人をスケベモウロクじじいと批判するにはこちらも覚悟しないと

  • ・自叙伝

    赤裸々に綴られた体験談が痛快で魅力的だった。
    素敵な女性と過ごしたいと思うのはとても共感できるが、ここまで芯を持ち、リスクを取って行動できるのは並大抵のことでないと思う。

    実業家といえば表に出て来る人にしか光が当たりずらい中、こんな実業家がいて、こんな「成功」の仕方もある、ということを知らしめてくれた著者や出版社を讃えたい。

  • 女に狂った経営者の本かと思いきや、それだけでなく昭和を生き抜いた起業家の話だった。

    薬局が規制されていて未だ少なかった時代、コンドームを堂々と買えないことをビジネスチャンスと捉えて、コンドームの行商をする。

    見栄を捨てて明るく話したり、「売らないと親方から怒られる」と同情を誘ったり、あらゆる物事を褒めたり(犬の鳴き声が煩くても「可愛い声ですね」など)という営業の基本を学べた。

    そこから金貸しに転じるが、そこは意外にも慎重に決断していたのも面白い。リスクへの敏感さは稼ぐ起業家の条件な気はする。

  • 2017/5/3

全16件中 1 - 10件を表示

野崎幸助の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
西 加奈子
塩田 武士
石原 慎太郎
恩田 陸
宮下 奈都
平野 啓一郎
又吉 直樹
羽田圭介
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)の作品紹介

とんでもない男がいた!
幼いころから「美人と付き合いたい」と願い続け、そのためには大金持ちになるのが近道と、鉄屑拾い、コンドーム訪問販売、金融業など様々な商売を経て、裸一貫から成り上がった男の痛快自伝。
商売が上手くいくコツ、金持ちになるための心構え、女性を口説く技から、75歳になってクスリいらずの生涯現役法まで、すべてを赤裸々に語った!
文庫書き下ろし

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)はこんな本です

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)のKindle版

ツイートする