短編少年 (集英社文庫)

  • 260人登録
  • 3.40評価
    • (2)
    • (5)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 集英社 (2017年5月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087455892

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
辻村 深月
伊坂 幸太郎
PK
伊坂 幸太郎
西 加奈子
西 加奈子
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

短編少年 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今人気の作家さんが少年をテーマにした
    短編作品のアンソロジーということで、
    どれもそれぞれに個性が出ていて、
    少年をあらゆる角度から描かれていて楽しめました。

    どの作品に共通していえることだと思うのですが、
    少年はどれも青春の甘酸っぱさが出ていて清々しく思えました。
    女性は幼い頃から既に独特な世界があるので、
    余計に少年の方が爽やかさが残ったのが印象的でした。

    特に印象的だった作品は「逆ソクラテス」、
    「四本のラケット」、「夏のアルバム」、「僕の太陽」でした。

    少年をまるでその側で見ているかのような心境になったり、
    心が揺らいでくじけそうになっている時には
    思わず励ましたくなったりと学生時代にタイムスリップしたみたいに
    きゅんとした心にもなれました。

    「夏のアルバム」ではストーリーが少し深刻だった
    ということもありますが、少年だけでなく、
    一緒にいる子ども達がとてもいじらしい気持ちが
    繊細に描かれていたので読み終えた時には涙がこぼれそうな切なく
    悲しい気持ちで一杯になりました。
    この夏の出来事がきっとこの少年は一生忘れられないのだろうかとも思えました。

    クラスに一人はいそうな男子、少年に出会えた気がして
    様々な気持ちにさせられました。
    また懐かしい幼い記憶と並行しながら読めるので、
    楽しく青春の一ページをめくったような思いにもなれたので
    こうゆう短編集も良いなと思います。

    読んだことのない作家の作品もここで読めたので、
    これをきっかけに他の作品も読んでみたくなりました。
    どの作品も読みやすいので男女問わず、世代を問わずに読めると思います。

  • この前読んだ「短編少女」がなかなか良かったので、先月出たこの本も買ってみた。
    こちらもなかなか豪華なラインアップ。
    伊坂…この作者らしい言葉の力や言葉の遊びが溢れる。けど、まあ普通。
    あさの…これは少年の話か?光一くんの存在は無視できないけど、どちらかと言えば、主人公は少女のほうだよな。
    佐川…初読みの作家。巧みな運びで印象良い。
    朝井…悪い話じゃないが、ちょっと辛気臭いなぁ。
    柳…この人、こんな感じの話も書くんだ。これまで読んだものとはテイストが違いちょっと意外。
    奥田…これも辛気臭いし。この人、こんな感じだっけ?
    山崎…どう反応して良いか、ちょっと感性が違います。
    小川…これもまた別の意味で、母の感覚、息子の感性、理解しづらく。
    石田…最後にこれか。う~ん、むむむ。
    全般的になんだかスカッとしない話が多く、少年とはウジウジして斯くも分かり難い生き物なのかと嘆息を誘われる。
    今回はラインアップの割にはちょっと残念だったかも。

  • 逆ソクラテス:伊坂 幸太郎
    下野原光一くんについて:あさの あつこ
    四本のラケット:佐川 光晴
    ひからない蛍:朝井 リョウ
    すーぱー・すたじあむ:柳 広司
    夏のアルバム:奥田 英朗
    正直な子ども:山崎 ナオコーラ
    僕の太陽:小川 糸
    跳ぶ少年:石田 衣良

    九人の少年。ちょっと??なところも有るけれど、男の子だねぇみんなそれぞれに ウン。

  • 短編集。
    少年独特の考え方、その自体の考え方。

全4件中 1 - 4件を表示

短編少年 (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

短編少年 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

短編少年 (集英社文庫)の作品紹介

人気作家陣が「少年」をキーワードに紡いだ短編作品9本を収録したアンソロジー。家族や友人との関係に悩む繊細な心情や、背伸びするいじらしさなど、少年の魅力がぎゅっと詰まった1冊。(解説/壇蜜)


ツイートする