オーダーメイド殺人クラブ

  • 2951人登録
  • 3.81評価
    • (325)
    • (516)
    • (376)
    • (84)
    • (9)
  • 589レビュー
著者 : 辻村深月
  • 集英社 (2011年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087714036

オーダーメイド殺人クラブの感想・レビュー・書評

  • 女子中学生ならではの嫌な青春が書かれていた。思い出して嫌な気分になりつつ、よく乗り越えてきたよなって褒めたい気持ちにもなった。
    タイトルからは想像のできない読後感のいい作品でした。

  • どうかなと思っていて、読んでいなかった作品でしたが、エッセイを読んだ後に読んでよかったなと。

  • ドキドキしながら進む
    そうであって欲しいような
    そうなって欲しくないような
    キラキラした終わり方で
    良かった!!

  • やっぱり、心に来るんだよなぁ

    誰彼なくオススメはできない。
    みんなが共感できるような本じゃないから。
    例えば芹香とかには、絶対に響かない。
    でも、分かる人にはノドが詰まるように響いてくる。
    響く人には響く。
    届いて欲しい人には必ず届く。そんな本。
    だからかな、自分が大きな声を出してオススメするのは恥ずかしい。
    アノニマスな必死の声が広がって、少年Aと少女Aに届いてくれればそれでいいんだと思う

  • 読んでいくうちに、どんどん物語に引き込まれていった。よくある中学生の話ですよね。私も、今ここで死んだら周りの人はどういう反応をするんだろう、とか考えた時期がありました。流石に、友人関係はこの物語ほどごたごたしたことはありませんが、少し懐かしい気分になってしまいました。人間一度は「死」について興味を持つんだと思います。アンと徳川くんもそうだったんだと思う。大学生になってからの2人の関係が気になります。大人になった2人が、あの頃の自分たちはバカだったね、生きてて、殺さなくて良かった、とか話せているといいなあ。

  • あー若者よ、軌道修正出来て良かったのぉ。あの子と私は違う、親と私は違うって思うのは間違いだよ。大抵がみーんなおんなじ普通。凡人凡人。若いってほんとめんどくせー!

  • 少女漫画みたいな、中二病バナシ。
    主人公がどうやら綺麗でスタイルもよい女の子らしいのが共感でいないポイントかな。
    身勝手で、弱くて、でも実は愛されていて。
    友人のイヤな女子の描き方は抜群。
    また、返ってきたノートのシーンは映像化されたら凄そう。

  • ドロドロ感、満載。イマイチ悪に徹しきれない登場人物たち。中途半端なところがこの物語の中学生の青春というか青臭さなのだろうけど。
    人との繋がりは渦中にあると見えないこともあって
    過ぎ去ってから浮き彫りになったりもするのかと。

    ドキッとする題名に振り回されるストーリーだった。

  • すごく面白かった。
    退屈な日常。 人間の汚いところ。
    きっと、この感情のひとつひとつ、は
    誰かが持っているもの。
    何でもない日常に寄り添う死。
    死は近くにいるのに、近づけば、近づくほど
    離れてゆくようで焦れったい。
    少年や、少女の日常的な狂気。
    世界に自分に取り残されたことに対する復讐。
    死を感じながら、生きること。
    見えていなかった自分以外の世界。
    きっとそれは自分を哀れみ陶酔していたあの頃の
    私達。全てが見えていると過信して、実は何一つとして、見えて等いなかった。
    二度目ですが、とても面白かったです。
    これは、学生&大人もオススメ

  • 死に憧れる中学2年の女の子が主人公。クラスメイトの男子に自分を殺して欲しいともちかけるが…。
    中学生独特のスクールカーストや、女子同士のドロドロした人間関係がリアルに描かれている。

  • 誰もが厨二の時代を経て大人になる。この小説を読むと、その頃の自分がいるような気分になる。自分が世界の中心で、周囲のことを舐めていて、周りを分かった気になっている。反抗期であり厨二であるあの時代が、この小説の中に閉じ込めてあるようだ。恥ずかしくも愛おしく、バカだなぁと主人公に突っ込みを入れながらも、見放せなかった。
    最後の方で徳川がアンに対してどう思っていたかがわかるシーンがあり、ああああってなる。ただ厨二を閉じ込めただけじゃないんだな、ってなる。その時の衝撃も良かった。
    私は結構好きです。

  • 中二病にかかり、殺して欲しくなってしまった女子中学生が主人公。小動物を殺している同級生を見て、自分を殺すように依頼をし、どの様に殺されるかを、具体的にしていく。

    「重要な情報を握ることで、自分を重要な人物と思わせたい感」など私が中学生だった頃を思い出してしまう。改めて、中学生は辛いよなと思う一方、 弱く儚いから美しい、貴重な存在であり、時間なのだと思う。

    娘等が中学生の時に読ませたら?を想像してみた。最初、変な影響を受け、極端な考えになってしまう恐れがあるから、怖いなと思ったが、読み終わった後は「中二病の処方箋」だなと思った。

    読み始めは「私の好きな辻村氏らしさは少ないな」と思ったが、それでもしっかり面白く、心にくる一冊。

  • 中二病の少女の話。もろもろややこしい。

  • あの完璧な殺人をあの河原でいっそ成就させてあげたかったと私は思ってしまった。
    振り返った時、厨ニ病だったと笑い飛ばされてしまうのは、それすら青春の一コマに収められてしまうのは、少し寂しいなと思う。

  • 特別な存在になりたい女の子が、クラスメイトにオーダーメイドの自分殺しを頼むお話。系統としては朝井リョウの桐島みたいな感じ。
    幼稚なケンカとかスクールカーストや信用できない大人達など中学生がリアルに抱える内容に、私まであっという間に中学生に戻ったようだった。
    合意の上なら好きにやってくれと思いながら読み進めていきましたが、猫はだめだったな。
    いまだに厨二病を患っているからか、アンの気持ちにとても共感できた。
    いいラストだったと思う。
    徳川がアンと過ごした時間の間に何を考えていたのかも知りたい。徳川目線も見てみたかった。

  • 題名からミステリー系かなと思って読んだけど、辻村さんらしいストーリーでした!
    ミステリー、サスペンスがテーマだと思って読むと物足りないかもしれない。
    けど私はこの作品のテーマは青春、思春期だと読んでから分かった。

    アンの、厨二病の目線は痛いけど、読んでいて面白い。実際にいるとうざいかもしれないけど、物語の中だと愛しく感じる。
    徳川も愛しく感じた。アン目線で徳川をイメージするとイケメンな感じがする。笑。それだけアンの中で徳川が大きい存在ってことだと思う。

    アンと徳川のシーンのどこか艶やかというか、セクシーさがあるやりとりが凄くいい。
    「私を殺して。」って何かセクシーでいい。

    アンのクラスは、よくある中学生のクラス。みんな、ある意味では厨二病なんじゃないかな。私は高校生で、そんな雰囲気はないけれど、中学はあった。友達と一緒にいるのは自分のためみたいな。

    最後の河原の場面はひとつひとつの言葉がとても好き。中学生の必死さが伝わった。お互いがお互いを必要としているんだなと思った。言葉では表せない、「うわーーーぁぁ」という感じ。

    面白かったです。最後は一気読み!
    少年A、少女Aが少しでも減って欲しいですね。

  • +++
    クラスで上位の「リア充」女子グループに属する中学二年生の小林アン。死や猟奇的なものに惹かれる心を隠し、些細なことで激変する友達との関係に悩んでいる。家や教室に苛立ちと絶望を感じるアンは、冴えない「昆虫系」だが自分と似た美意識を感じる同級生の男子・徳川に、自分自身の殺害を依頼する。二人が「作る」事件の結末は―。少年少女の痛切な心理を直木賞作家が丹念に描く、青春小説。
    +++

    まったく親しいわけではないが、奥底に似通った感性を感じたクラスメイトの昆虫系男子・徳川に自分を殺すことを依頼したアン。中二という、自分の存在がまだ確立されておらず、些細なことで揺らぐ年頃特有の面倒臭いことこの上なく、しかもひどく狭い人間関係に翻弄されつつ日々を過ごす様子が、息苦しいほどリアルである。そんな中で、アンにとって、自分が殺されるXデーが、生きる希望になっているのも矛盾してはいるが、解る気がしなくもない。徳川と計画を練っていくうちに、彼のことをまったく知らないことに気づいたり、Xデー以後の彼の周りのことに想いを馳せることもできるようになったりするが、それは少しずつ成長している証しでもあるように思われる。そして二人の関わり方も微妙に変わってくる。大人になって振り返れば、小さなコップの中の嵐のようなものであるのだが、あまりに激しく束の間の嵐ではあった。途中、やや中だるみ感はあった印象はあるが、展開から目が離せない一冊だった。

  • 厨ニ病と言ってしまえばそれまでだけど、その年代の少年少女の切実さが、生々しく、まるで自分のことのように感じられる。

    物語の終着点は予想通り。それを悔しがる反面、ちょっと安心している自分もいる。不思議な読後感。

    これは新しい青春小説、だなんて言ったら、アンに怒られるかしら。

  • バスケ部に所属し、リア充中学二年の小林アン
    赤毛のアンが好きでいかにも「赤毛のアン」的な家を作り出したママを
    美しいのに肩透かしで愚かな母親と思っている。
    学校では、友達にはぶかれカーストの底辺に…。
    アンには絶対に人に言えない自分が本当に好きな事がある。
    殺人事件や自殺や大量死の事故で悲惨で印象の強い新聞記事をスクラップしたり、
    頽廃的な人形の写真に心を奪われる…。
    何処かの中学生が自殺したり、事件に巻き込まれたり、或は殺人事件を起こしたり、
    そういうニュースを見ると、その子達に遅れているんじゃないかと、少し焦る…。
    普段は気にもとめない昆虫系男子(イケてない男子)徳川勝利の異様な行動を目にしてしまう…。
    衝動的に『自分を殺して欲しい』…。
    普通の中学生とは違う『特別な存在』となる為
    今迄になく、斬新で人々の記憶に残る…殺人事件を計画する二人…。

    辻村深月さんの 本大好きです。
    でもこの本は、何とも言えない嫌な気持ちになりました。
    途中で読むのをやめようか…とまで思ってしまった。
    アン自身も認めている中二病…女の子同士のややこしさ…。
    焦燥感・閉塞感・孤独感…良く伝わっては来ました。
    しかし、共感出来なかった。
    でも、ラストはとってもホッとした気持ちで読み終える事が出来ました。

  •  中学2年生の小林アン。クラスの中では上位グループに所属し、友達の芹香や倖とつるむものの、彼女達との関係に神経をすり減らしている。そして自分が本当に興味のあるもの…死や猟奇的なものに惹かれることもひた隠しにしてきたのだが、ある日、同じクラスの冴えない昆虫系男子・徳川が何か小動物の死体を河川敷に置いたことを目撃したことをきっかけに、彼が自分と似た趣味志向であることを知る。そして自分は後世に語り継がれるような衝撃的な死に方をしたい、それをかなえる“少年A”になってほしいと徳川に願う。

     中2ってここまでへヴィーなのかと思うほど、息苦しさを感じる。教室での出来事が全てで、友達との関係が終わることはこの世の終わりのようで。大人になってからだと、なんてちっぽけなことで、なんて小さな世界のことで悩んでいたのだろうと思い、この小林アンの思考回路もイタさしか感じないのだが、確かに当時はこんな感じだったのだと思い起こされる。2人で世間をあっと言わしめる犯行をとああでもない、こうでもないと長々と考え抜いて準備するのに、それが破たんする理由のなんて子供っぽいことか。一人で大人のようにいきがっても、本当の大人に当然のように振り回されるのがこの年齢なんだろうけどなぁ。

  • タイトル的にもっとミステリーな感じなのかと思いきや
    根本は学生自体の青い青い部分を描いた話

    難しい女子どうしの人間関係や
    何もわかっていない母親への苛立ち
    そんな気持ちを猟奇的な殺人のことを考えて紛らわす主人公

    誰にも秘密にしているその考えを共有でき、
    自分の立場を忘れて話ができる唯一の存在である
    クラスで変人扱いされている男子に、自分の殺人を頼む・・

    形はいろいろだけど、
    現実逃避する場がないとやってけないとことか
    最終的に大学生になって、時間が経つと
    その当時は大嫌いだった友達も許せたりするって
    なんかわかるなぁと思って、とても痛い内容でした

  • 最初の方は結構怖かった…
    2人の感性にはそこまで賛同できないけど、葛藤なら理解できる。親に理解されないのもすごくわかる…。
    ラストに救われた!

  • 凍りのくじらで嫌いになりかけた辻村深月だが、こちらは良かった。中学生の頃を思い出し懐かしくなった。オチは若干弱い。が、あれ以外特に思いつかない。

全589件中 1 - 25件を表示

オーダーメイド殺人クラブに関連する談話室の質問

オーダーメイド殺人クラブを本棚に登録しているひと

オーダーメイド殺人クラブを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オーダーメイド殺人クラブを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オーダーメイド殺人クラブを本棚に「積読」で登録しているひと

オーダーメイド殺人クラブの文庫

オーダーメイド殺人クラブのKindle版

ツイートする