デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)

  • 909人登録
  • 3.96評価
    • (67)
    • (98)
    • (58)
    • (9)
    • (0)
  • 69レビュー
著者 : 浅野いにお
  • 小学館 (2014年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091865007

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 浅野いにおがくそやばい!!!!

  • 十年代における『気分はもう戦争』『あ・じゃ・ぱん』的な作品なんじゃないだろうか。ずっと浮かんでいるあれは、目に見えないものは、そういう浅野いにお的なシニカルさとメタファーをひきつれて。

  • 日常と非日常がすごいな、情報量多すぎてキツいけど続き読みたくなるな

  • 17.6/6 読了
    浅野いにお先生の作品はひとつも読んだことないけど 昔情熱大陸に彼が出演したときのことがなんだか印象に残っていた。あと作品タイトルも強烈。ということでこれが浅野いにお作品で初めて読んだけど、まず絵がすごく細かい。背景や部屋の様子や母艦もそうだけど。そして登場人物たちがかわいい。訳わからんことばっかり言ってるけどそれもシュールでかえっておもしろいと思った。2巻はやく読みたいなー。あとおんたんの兄、顔は松田翔太似でかっこいいけどめちゃめちゃデブ(笑) そこの工夫というかギャップがおもしろかった。ただかっこいい人描いてもつまらんもんね

  • 一見日常、実は設定が非日常! という独特な作品。
    デストラクションって意味は、破壊とか(大量)殺人、破滅の原因って意味らしいですが、じわじわと崩れていく日常…という意味なのかなあ。
    まだまだ、これから、いろいろある。そんな印象を受けました。

  • 希望と絶望が混在する中で、今を生きる女子高生に焦点を当てたお話。
    浅野いにおらしく、これが1巻なの?!と思うくらい説明がないまま、どんどん日々が過ぎていく感じ。絵の描きこみ方は相変わらずスゴイ!JKかわええ!おんたんポンプ履いててオシャレやな!
    一つ気になったことと言えば、やっぱり、世の中を皮肉っているところとかが、ほれほれ!サブカル系読者どもよ!こういうの好きじゃろ??みたいな押し付け感があるなぁ。まぁ、浅野いにお節といえばそうなのだろう。
    これからの期待を込めて、★4つ。

  • かわいい顔したキャラだけど狂気を感じる。モブキャラの無表情が怖い。

  • 浅野さんの作品。
    どこかで見覚えのある設定なんだけど、どこだが全く思い出せない。。
    人間の闇という感じの作品ではなく、完全にSF(もしくは現代の東京、原発事故の暗喩かもしれない)ので、少し楽に読める。

  • 20世紀少年からの影響が強いかなぁと

  • 絶望が日常になった世界の女子高生の青春物語。
    門出と渡良瀬先生のやりとりがとても好きでした。
    これからどうなっていくのかとても楽しみです!

  • 宇宙船が降ってきたけど意外と弱かった。そんな日常を過ごす女子高校生。進学やら先生への片思いやらで非日常の中の日常がおもしろい。いにおワールドらしい黒さがこれからもっと出てきそう。次巻も期待

  • おしゃれ感がちょっと苦手だけどキャラクタが面白かった。あと写真ベースのリアルっぽい背景が多くて疲れる。絵の情報を減らすのも漫画の良さだと思う。

  • 2016年この漫画がすごいよ!で気になった。
    やってくれましたよ浅野さん。
    まーた面白いもの描いてくれちゃって!
    エロ控えたところがいい!!

  • かなり謎の作品。謎いっぱいでそのうち解決していくのかと思いきや謎のまま、時間が経過する。
    ちょっとモヤモヤするけど、続きがきになる。
    タイトルと表紙が好き

  • 浅野いにおの最新作ということで楽しみにしていたけれどようやく読めました。 ちょっとおんたんがおかしいけど愛嬌のあるキャラだし門出はとても純なキャラだなと感じました。 なので門出がタバコを普通に吸ってたのには少しビックリしましたが… とにかく平和な世界の中に溶け込む正体不明の絶望というのがアイアムアヒーローを180度回転させたような世界観でとても面白かったです。 そしてラストシーンで人間の姿をした侵略者らしき生物が出てきたので2巻がとても楽しみです。

  • いにお作品の中でこの2人組が一番好き!
    これからどうなるのか楽しみ

  • かわいい女の子たちが魅力だと思ったのだけど、本当の主役は「背景」その恐ろしいまでの描きこみを週刊でやっているのかと想像すると…。作者本人は、ペンで描き分けられる1ドットの点まで描きたいと言っているのは伊達ではない
    冒頭のパロディ漫画がやたらウマイ。それとセリフの言葉の選択がほんと上手で現代的。はー(ため息)

  • 初にいお作品でした。ほほう、これがにいおワールドなのですね。女子高生の日常。円盤のいる非日常。独特な台詞まわし。なるほど

  • 漫勉でやってたので、つい。一気に読むと頭おかしくなりそうなのが、通常運転。

  • よくわからない飛行物体が上空にある東京。時々攻撃する。
    でもそんなものと同時進行で日常がある。

  • 茨城出身の浅野さんだからこその静かな反撃なのだろうな。3.11が都心だったらどうだったんだっていう。

    5巻まで読んだー。1巻出た時から読んでるけど、今連載している中で一番面白い漫画。
    茨城出身だからこその皮肉たっぷりで描いているんだなあといつも思いながら読んでる。

  • 一度読んだだけじゃわかんないけど、
    とりあえず女の子かわいい。

  • おんたんの生き様憧れ

  • 表紙買い
    イソベやんがかわいい

全69件中 1 - 25件を表示

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)の作品紹介

浅野いにお最新作。少女のデストピア青春譜

3年前の8月31日。
突如 『侵略者』の巨大な『母艦』が東京へ舞い降り、
この世界は終わりを迎えるかにみえた――

その後、絶望は日常へと溶け込んでゆき、
大きな円盤が空に浮かぶ世界は
今日も変わらず廻り続ける。

小山門出(こやまかどで)、
中川凰蘭(なかがわおうらん)、
2人の女子高生は
終わりを迎えなかった世界で
青春時代を通行中!

『ソラニン』『おやすみプンプン』の
浅野いにお最新作!
2人の少女のデストピア青春日常譜、開幕。

【編集担当からのおすすめ情報】
夢見る女の子。ぶっ壊れてる女の子。
四次元ポシェット。トランジスタラジオ。
放課後の寄り道。大人げないお母さん。
戦争ゲーム。イケメンデブのお兄ちゃん。
たわいないおしゃべり。泡のような初恋。
空を覆う絶望。永遠の8月31日。

ゼロ世代最高峰の青春漫画家が到達した新境地!
これまでの"浅野いにおワールド"とは
まったく違う新世界をお楽しみください!

ゼロ世代最高峰の青春漫画家
浅野いにおが到達した新境地!

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)のKindle版

ツイートする