ポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)

  • 841人登録
  • 3.51評価
    • (47)
    • (66)
    • (162)
    • (14)
    • (0)
  • 55レビュー
  • 新潮社 (2003年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001531

ポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジャズの入門書としてよいかも。
    もちろんジャズをそれなりに聴いてからでも、そういう聴き方があるのかと参考になる。
    ジャズ批評家の書いた偏見丸出しの文章にはない、知性と文章力と余裕がある。

  • 和田誠さんのジャズメンの絵に触発されて、様々なアーティストに対する村上氏の思いを綴ったもの。
    単なるアーティスト紹介や楽曲批評ではなく、村上氏独特の踏み込んだ深みがあるのがうれしい。

  • 音楽にも精通している氏らしい、自身のエピソードも織り交ぜた面白いジャズガイド。しかし、掲載盤の中には入手不可及び困難なタイトルも結構あるんですよね…まあ、ジャズクラには良くある話ですが。その点、注意。

  • 村上春樹のエッセイの出来とか、
    「村上氏所蔵の貴重なLP写真」とか、
    ディスクレビュー的なものとかではなく、
    和田さんの絵を楽しむ本だと思った。

    セロニアス・モンクが秀逸!
    引き伸ばして飾りたい。

  • ジャズバーで働いていることもあり、ジャズは日ごろから耳にする。
    曲やプレイヤーに詳しいわけではないけど、紹介されている人は
    比較的世間に知られているプレイヤーが多く、その分肩肘張らずに
    楽しめた。
    マニアックなプレイヤーについて、マニアックな人にしか分からない
    ようにマニアックな視点から描くのはある意味簡単だと思う。
    この本は、割合メジャーなプレイヤーについて、平易だけど「はっ」と
    思わせる視点から描いているのが、すごい!と思った。

    私のような初心者にも読みやすくて、ありがたい一冊。

  • わたしはジャズとか全然詳しくありませんで、??というところも多々ありました。

    でも何かしら気になる曲は聞いてみて、

    ジャズって素敵だな、と思ったりもしてみました。

    ほんとね、和田誠さんと聞くと、奥さんの顔が即座に思い浮かび、ジャズも何もあったもんじゃないような気分にもなるんですが、あんな奥さんがいてくれたら、ずっと笑って過ごせそうだって思えてくるので、なんか、分かるよ、って、言いたくなってしまいます。

  • 村上春樹のエッセイの中で断トツ・ベストの出来だと思う。独自の柔軟な視点で、ジャズミュージシャンの、個々のアルバムの素晴らしさが、自身の思い出とともに、愛と熱を持って、腹から出た言葉で、語られている。たとえば、ソニーロリンズについての記述。「あっという間に唄の懐に入り込んで、その中身をひとまずゆるゆるにほどいて、それから自分勝手に組み立てなおして、もう1回かたくネジを締めてしまう。」。こういう表現は評論家はなかなかなしえない。自分はこの本に導かれて、ジャズを聴くようになり、この本に載っていないミュージシャンを含めてその魅力に気づかされることとなった。それだけの吸引力を持った本である。以下、本書でのマイベストの章

    ・ビリー・ホリディ(人生の晩秋の赦しとしてのビリーホリディ)
    ・スタンゲッツ(村上春樹のスタンゲッツ賛歌)
    ・ビル・エバンス(青春の、ナイーブさの象徴として)
    ・モンク(謎の男)

  • 音源(LP や CD)を聞かずに(試聴・愛聴していない)、エッセイとして読むという片翼飛行に似た時間を過ごした。 124

  • 和田さんのジャズメンの絵の味わい深さに加えて、村上さんの的確な文体はジャズファンでなくとも引き込まれ、どうしようもなくジャズを聴きたくなってくるちがいない。ジャズピアノ専門の私も思わず触手がのびてしまう。お見事!と言いたい。

  • 16/04/16、ブックオフで購入。

全55件中 1 - 10件を表示

和田誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする