キッドナップ・ツアー (新潮文庫)

  • 2185人登録
  • 3.29評価
    • (99)
    • (251)
    • (616)
    • (91)
    • (21)
  • 310レビュー
著者 : 角田光代
  • 新潮社 (2003年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101058214

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初読みです。目線は小学5年生のハル。
    夏休み初日におとうさんにユウカイされたハル。
    旅行気分でついて行ったものの、豪華ホテルも
    ジャグジー付の風呂も贅沢な食事もない。
    おとうさんにはお金がないからだ。
    夏休みとしてイメージできることは、表面的にはやった。
    少しばかりの期待と、苛立ちと、諦めが交互にやってきて
    少しずつ汚れていくかわりに、何かが変わっていく。
    ただ・・・最後が切ない。
    お互いに軽いセリフを交わしてるけど、
    それって、普通の事じゃないでしょ。
    だから切なさが後を引きましたぁ~
    他の作品も読みたくなりました。

  • 押し付けがましくなく、愛おしい父娘の旅。
    ああ、わかる、その気持ち!がたくさんあった。
    緊張してしゃべりすぎちゃうかんじとか、
    いらつきをどうしたらいいかわかんなくなっちゃうもどかしさとか、
    一夏越えて自分が大きくなったような気がする、そのかんじとか。

    誘拐の理由も気になるけれど、たぶんそれは、この旅以上の意味はないような気がする。

  • 二人の娘の父親として、何か大事なことを彼女たちに残すことができたのか、自問自答してみます。

  • 大人も楽しい、大人だから楽しい児童文学。
    児童文学ってこんなおもしろかったのか。
    もっと早くから読書すればよかった。

    なんか、ユウカイの理由がなんかそれらしいかんじで説明されて、
    さわやかなラスト・・かな?と思いながら読んでいったのですが
    終わり方が良かったと思う。
    だって、主人公は小学5年生だから。

    小さい時に感じた、もうずっと忘れてた
    リアルな夏休みが読めばひろがります。

  • 父親に「ユウカイ」され、
    あてどなく放浪する主人公のロードムービー的物語。

    リアルな情景描写は世界に入り込みやすいものの、
    父親のいい加減さにイライラし、主人公の成長も疑問符で、キャラクタが好きになれなかった。
    少し冗長。

    母親の存在が薄く、彼女との関係こそが変わる必要があったのではないかと思ったのだが。
    取引材料もわからず。
    そこに総まとめがあるとおもっていたから、少々消化不良。

    児童文学、という風情だけれど、むしろ子供から見たら主人公はとても幼くてわがままに感じるのではないかと思う。
    なのに思考や表現は大人びている。だから大人が書いた子供だなと感じた(実際そうなんだけど)。

    児童文学こそ難しいジャンルだなあと、別のところに感心した次第。

  • ひらがな多い。難しい言葉はない。児童小説。
     
    頼りなさそうな父と大人びた小5の娘の旅の話。

    淡々と物語は進む。ハッピーエンドで終わるとかそういう類の小説ではない。

  • これもお気に入りの1冊。角田光代さんが好きになったきっかけの1冊です。主人公ハルと父のかみ合っていないようで、かみ合っているようなやり取り、弱弱しい父と、何とも言えない空気を出しているが、何とも言えず好きです。さらっと読める、元気の出る一冊です!

  • 突然のユウカイ、段取りの悪いツアーに、正直呆れながら読んでいたのですが、実の親子にしかわからない絆、みたいなものが光って見えるような気がして、最後は安心しました。

  • お父さんに誘拐されて…。
    2人で過ごした数週間。頼りないお父さんだけど、なんだか楽しそうだったな。
    所々に入る挿絵が和む。

  • 角田光代さんは初めてです。たまたま読了直後に直木賞受賞の報道がありましたが、実はまったく知らない作家さんでした。ただ、この作品については、解説を重松清が書いてることが理由で買ったようなものです。

    この作品は児童文学の領域に入るのかもしれません。子供の視点からみた父親を描いた作品です。しっかり者の母親(作品中にはほとんど登場しませんが)とだらしない父。ちょっと”北の国”の吾郎さんを思わせる設定です。

    その父親に反発を覚えつつ誘拐逃避行を続けるうちに、何となく父親の良さを認識してしまうというのが粗筋になりますが、直接的表現は無く、全体の雰囲気でそれを表現してるのが特徴でしょうか。一方、そのために、ちょっと伝わり難い部分もあるように思います。

    この人の作品、もう何冊か読んでみようか、と思いました。

全310件中 1 - 10件を表示

角田光代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
綿矢 りさ
森 絵都
あさの あつこ
角田 光代
有効な右矢印 無効な右矢印

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)に関連する談話室の質問

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)の単行本

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)のKindle版

ツイートする