キッドナップ・ツアー (新潮文庫)

  • 2148人登録
  • 3.29評価
    • (97)
    • (249)
    • (612)
    • (89)
    • (21)
  • 307レビュー
著者 : 角田光代
  • 新潮社 (2003年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101058214

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ドラマも良かった。文章だと、行間の心情がさらに伝わってきて良い。

  • 結局何が言いたいのかぼやけたまま終わってしまって少し消化不良。あんなに作中に、誘拐理由を濁しておいて、え?言わないの?で終わった。じゃあ、作中にそんなに意味深に書かないでほしかった。終わった後も、それが気になってしょうがない。

  • 淡々と誘拐中の行動が綴られてるだけのお話。全く面白くなかった。結局なんで誘拐したのか、お母さんとの取り引きはなんだったのかも分からず終わった。

  • 夏休みに、父親との思いがけない放浪のような旅がはじまり、読み手としてどんな事が起こるのか どんな理由があるのか と、ワクワクしながら読みはじめたが、父親が誘拐した理由や事情もわからないまま、続く旅に少し苛立ちを感じながら読み進めました
    父親の頼りなさ、ダメ感に、ハルの方はむしろ強く逞しくなって行く
    後半は、ハルが父親に抱く母性のような気持ちに、心温まる感じがしました
    この旅を通して大きく成長しただろうハル
    父親との別れの余韻に、少し切なさを感じながら読み終えました

  • ジュブナイルかな?

  • 小学生の私が夏休みに、最近姿を見なくなったおとうさんにユウカイされた話。おとうさんはだらしないし金は無いしでろくでもない。だけど、だからこそ、みっともなくても思い切りぶつかれる、笑える、ドキドキできる。ひとと自分とが繋がっている確かな手応えを得られたのではないだろうか。ところで、物足りなさもある。おとうさんは純朴に過ぎる人物像で、おかあさんの存在感はあまりに希薄。挿画にも興を削がれた。それでも本書は完読にさほど時間を要さず、瑞々しい描写が散りばめられているのも手伝い一読して良かったと思う。

  • 小さい頃よく読んだ本に似ている。小学生の少女や少年がいろんな形でひょんなことことから冒険に出る話。夜の闇にある異世界やほんのちょっとだけ遠い近所。そんな感じのするお話。現実の小5女子が父親に対してこんなに素直だとは思えないけど、そういう子なのかな?公衆の面前で大声出すとか、小5であり得ないでしょ、そんなところがすごく童話っていうか、児童向け小説っぽい。あとゆうこちゃんみたいに話のわかるオトナが周囲にいるところ。彼女が登場しないと文字通りお話にならないんだけど、なんで都合よく「わかるオトナ」がいるのかなぁって思ってしまう。同棲っていう超大人事をこんな子供っぽい子供に話すかなぁ…?この時だけは、小5扱いなって感じなんだけど。内緒って言いながらバレたいとか?
    でも、少年少女向け小説と同じで親子のキズナみたいなことを押しつけて来ないで、アッサリ夏休みが終わったみたいに終わるのはすごくいい、感動のフィナーレみたいのだったらガッカリだから。そこはハル目線で終わってくれてスッキリしました。

  • ドラマからの原作。今の季節にぴったりの設定で、その点でも物語に入りやすいかも。

    ドラマでも原作でも「要求」なるものが一体何だったのかは不明なままですが、でもそれは別にどうでもいいのでしょう。本筋は別にあるので。

    にしてもハルが小学5年生の設定・・・むしろ1年生とか2年生くらいの方がしっくりきそうな無邪気さ。

    さて、夏休みの間にもう一回、ドラマを観ますかね(^-^)

  •  角田さんの作品は太陽と毒ぐもが始めですが、そのあともいくつかは読んだと思います。どの作品にもやさしさが隠れていて、読み終えてあったかな気持ちになります。
     この作品も、ムスメが小さかった頃のことを懐かしみながら、楽しい小旅行を満喫することができました。お別れの時間が来るのがもっともっと後ならいいのにと思うようなよい作品でした。

  • 小説。
    父と娘の心温まらるような温まらないようなお話。
    私はこういう父親はどうにも評価できないけれども作中の娘はそれなりにしたってるしある意味良い雰囲気なのでは。それにしても毎日一緒に居る母にはダメだしが多いのに情けなくても一緒に非日常を過ごしてくれる父親は結構許せるって感覚が女の子って感じだなぁ。

    お父さんの「あんたがダメな大人になるのはあんたの責任だ」みたいなセリフは非常に共感しました。そうそう。いつまでも人の所為にするな。でも自分の娘だろうがそうでなかろうが人のことをアンタ呼ばわりする人のことは好きになれない。せめて名前を読んであげようよ、お父さん。

    多分だけどこの子は男の子が好きなんだろうな、なんてことをぼんやり思いました。同性よりも異性を意識するタイプ。非常に女の子らしい女の子のお話。
    私がこんな風に連れ出されたら多分最初のファミレスぐらいでギャン泣きだったろうなあ…なんて思いながら読みました。

  • 子供向けの本みたいだけどおっさんでも楽しめた(お父さん目線で)。娘が不甲斐ない父を思う気持ち(憐れみに近いもの)が伝わってきた。この親子がその後どうなるにしても、この冒険は生涯の思い出になるでしょう。

  • 別居中の父親にユウカイされた小5の夏休み

    だらしなくて、情けなくて、貧乏な、ダメなおとうさんとの
    ドタバタした数日を過ごすうち
    少女の心に柔らかなものが芽生えてゆく

    結局おとうさんと、おかあさんの「交渉」って
    なんだったのか、はっきりとは描かれていないのだけれど
    もう家族が一緒に暮らすことはないのだろうなぁと
    せつなくなります

    とても優しい気持ちにさせてくれる1冊

  • すべて一人称で記述されているが、
    どうして著者がこんなにも、
    繊細な少女の心の動きがわかるのか不思議。

    それが著者のすごさなのか・・・!

  • ひさびさにとても気に入った

    ハルの不器用さというか、なんで自分こんなことしちゃうんだろう、という点には非常に共感

    そして、あぁこんな感じと今どきの普通の不器用で思春期入り口の小5のハルが、どんどん変わっていき、どんどん自分を好きになってるのが本当に素敵だなぁと思い、最後は涙が出そうになった

    自分を好きになるって難しい
    お父さんすごいなあ

    ハルにとってかけがえのない夏休みになったと思う

    2015.09.16

  • 離れた父親に誘拐される話。

  • 実の父親に緩めに誘拐というか連れ出された小5少女の数日間。誘拐の理由や父親の別居等は説明されずに、数日間の超貧乏旅行でだんだんタフに柔らかくなる女の子。子供の一人称小説ってどーしても嘘くさいと思ってしまうのだけれど、話の構成や不意に終わる終わり方なんかは好きな部類だったかな。ま、女性作家さんらしい本。

  • 小5くらいだったらまだうまくなじめない父娘との関係の再構築は可能だが、中学あがっちゃうと誘拐するくらいじゃ無理だろうな。

  • 別居中の父親にユーカイされて過ごす数日の夏の日。
    少女の心は少しずつ大人になっていくけど、お父さんはずっと情けないダメダメ男。
    私は「あんた」という言葉が嫌いなようで、父親が娘をあんたと呼ぶ度にざらりとした嫌な感じがした。おまけに娘も口が悪い。
    仲良しでない、距離感のある父娘が少し距離を縮めた数日。でももう一緒に住むことはないのであろう切なさ。

  • 非日常的な日常で。
    小さい頃を思い出して少しじーんときました。

  • 新潮文庫だけど挿絵もあるし児童文学でいいのかな。ちょっと大人びて冷めた小学校5年生のハルとダメ親父のキッドナップ・ツアー。雰囲気的に北野映画の「菊次郎の夏」を思い出しました。前半にハルとパパが電車に乗るシーンとか久しぶりに2人が手を繋いだシーンなんかは久石譲のsummerが脳内BGMです。
    パパの身勝手さやハルに対するアンタ呼びはイラッとしたけど、ラストがじわりと良い感じでした。
    あんなダメ親父だったからこそなのか、ハルに対して語るダメ人間論が響きました。娘を大切に想っているからこその素敵な別れだったなと思います。それを汲んで頷くハルも本当に良い子ですね。
    なんだかんだで父と娘というラストが好きです。

  • 夏休みの第一日目、私はユウカイされた。衝撃的な一文目。夏休み父にユウカイされあてもない旅にでかける。まさにその日暮らしというもの。小学五年の女の子とは思えない口ぶりに途中どきりとさせられる。どんくさい父に徐々に気持ちよせてく少女。情報量が少なく、日記調でどこか親近感のわく、ゆるい作品。「こういうことだってあるんだ」「よく覚えておいたらいい。こういうことだってあるんだよ…(略)」、「悪かった。ごめん」これは山中での出来事。父なりの娘への教育。しかし不器用だからうまくはいかない。この場面以降少女は父に気持ちを開いてく。

  • 図書館所蔵なし
    (Fuku)

    夏休みの第一日目、私はユウカイされた――
    物語の主人公・ハルは、かつて家を出ていったおとうさんに「ユウカイ」され、数日間の父娘旅行(?)をする。
    夜の海でぷかぷか浮かんだり、曰く付きの寺で一夜を過ごしたり、ごみ捨て場から拾ったテントを組み立ててキャンプしたり。不思議な魅力に溢れたひとつひとつの出来事から、ハルは忘れていたおとうさんを思い出し、知らなかったおとうさんを見る。
    懐かしくて切ない、夏にぴったりの本だと思う。(um)

全307件中 1 - 25件を表示

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)に関連する談話室の質問

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)の単行本

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)のKindle版

ツイートする