燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)

  • 9560人登録
  • 4.05評価
    • (1976)
    • (1043)
    • (1626)
    • (47)
    • (7)
  • 796レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (1972年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (553ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152097

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • もはやノンフィクションのような歴史小説。
    土方歳三だけでなく、近藤勇も沖田総司も、イメージ通り。
    むしろ司馬遼太郎の作ったイメージが一般的になってしまっているようですね。

    新撰組を結成するあたりや池田屋事件とかもドラマチックだけど、その後の新撰組じゃなくなってからの話もおもしろかった。

    戦いに生きる男の気持ちは共感できないけど、真っ直ぐな芯の通った生き方はかっこいい。
    お雪との出会いと別れが切なくてよい。

  • 最後まで武士の魂を捨てずに幕末の世を駆け抜けた男。

    勝つことだけに戦うのではない。
    その魂を持った人は、この土方歳三さんだけだ。

    読めば、世界観が変わる。

  • 下巻。
    ここからの新撰組は、正直いいところがあまりなく、戦績だけで見るとほぼ負け戦だ。それは史実で知っていた。
    けれど土方の目線で戦を見つめると、彼は殆どの戦局を読んでいる。色々な事に気がつき、知識も頭に入れた上で、最後に勘を持っている。
    その彼が新撰組が瓦解した後、最後まで戦をつづけていく姿が本当にかっこうよく、時間を忘れて読み進んだ。
    上巻に2週ほどかかっていたが、下巻は4日ほどで読み終わった。

    組織を維持するために冷酷な処断もし、鬼の副長と呼ばれた土方が、後半江戸に帰ってからというものどんどんと人間味をおびてくる。
    最後の五稜郭で、新撰組として戦ってきた人たちを江戸に帰す、自分についてきたお雪とも別れる、慕ってきた小姓を自分の故郷へ送る。皆、土方と戦いたくて残ると言うが、それをよしとせずに見送る。
    何人もの人を殺してきた土方が、最後に信用して信頼して生き残らせるのが新撰組からの仲間であるのは、土方の人間としての優しさを見てしまった気持ちになった。
    彼は死ぬことを決めていたが、それを誰かと道連れに共有するつもりはなく、ただこのまま生きながらえる生涯だけは、先に死んだ仲間にあわす顔がない。その一心で最後まで駆け抜けた土方が格好よく、哀れにも見える。

    最後の晩、死んだ仲間達の亡霊を見る。その姿のあった場所に寝そべる。ぬくもりを追おうとする。
    土方が愛おしく思えた。

  • 時勢が傾き薩長に弓引く者は賊とされ追われる側になった旧幕府軍及び新選組。
    激しい弾雨に散る者、負傷や病で離脱する者、方向性から袂を分つ者…かつての同志達が離別していく中、歳三だけは乗った喧嘩に降伏する術は当然持ち合わせておらず刀や槍の時代ではなくなって来た事を肌で感じるも、誠の旗に誓い武士として本懐を遂げる事を最後迄貫くのです。
    かつては京を震撼させた鬼の異名も北上するにつれ、角が削れ穏やかな顔を見せるも白刃戦となれば疾風迅雷鬼神の如し。「格好いい」の言葉以外出てこない!!
    肖像写真を見ても納得の男前ですけど生き様はそれ以上の漢前!
    数ある新選組文献で、私的王座の席はこの書を抜いて当分譲れそうにありません。

  • 上巻の熱気はいつのまにおさまったのだろうか。
    この本を読み返すたびに不思議に思う。
    下巻を読み進め、ふと一息つくと、
    物語の周囲に神秘的なまでの静謐さが漂っているのに気付く。
    それがどこを境目に変わったのか全く分からない。
    ただ気が付けば、空気が変わっているとしか言いようがない。
    司馬先生のすごさに驚くばかりだ。

    京から物語の舞台が移るにつれ、
    肩書きはどんどん変わっていくものの、
    自ら着込んだ鬼副長の皮は一枚一枚はがれていき、
    物語の最初に私たちが出会った「歳」に戻っていく。
    その無邪気さ、奔放さ。
    そして純粋さに、思わずため息が出る。

    私の大好きなシーンは、最後の幽霊のシーン。
    このシーンを読むと、必ず涙がこみ上げる。
    土方歳三の最奥部分に触れたような気持ちになる。

    初めて読んだのは高校3年生の夏。
    この本に出会ったから、今の私はある。
    今年読み返して改めて思った。
    やっぱりベスト1の座は当分変わりそうにない。

  • なんて強い男なんだろう、土方歳三。
    お雪への態度を見ていると決して強くないから鬼になったのかもしれない、とも思えるが、でもその鬼が歴史を変えたのだと思う。
    ここまで信念を貫かせたのは武士になりたい一心だったのか、新選組の為だったのか。
    最後の晩、そして土方歳三の最期に涙涙・・・。

    土方歳三が没して約150年。
    悪名として、賊軍として、その名は残っていないよ、とだけ伝えたくなった。

    誰にだ。誰かにだ。←

  • 新撰組土方歳三の生涯を描いた作。
    とにかく登場人物それぞれのキャラクターが魅力的。新撰組の知識がほとんどなかった自分も、読み終わる頃にはすっかり魅入られWikipediaで各人物を改めて調べてしまったほど。特に沖田と土方の関係が微笑ましくて好き。
    時代小説の恋愛は他著者の某書でオヤジの妄想が描かれているように感じて微妙だな~と思ったことがあったのだけど、この本の土方とお雪の恋は初々しく自然で何とも好感が持てました。

    土方の喧嘩人としての生き方・考え方にしびれる一冊。お勧めです。

  • 新選組副長・土方歳三を主人公にした物語。私のバイブル。1998年に買って20回以上読み返しているのでボロボロだけど捨てられない。

  • これを読んでしまうと土方歳三を好きにならずにはいられない。魅力的なキャラクターが揃う新撰組だが、土方が一番好きだ。クールな鬼軍曹。しかしその仮面の下には武士の魂が迸っている。悲劇的な最後は自らの死に場所を求めていたんだろうか。

  • きっと、司馬遼太郎は土方歳三が大好きなのだろうな・・・
    上下巻通して、描かれる土方さんの姿はどこまでもカッコいい!!
    最後まで「武士道」を貫いた生き方は素敵だと思いますが、理想を追い求めた分だけ孤独だったのかなと。
    理想を同じくする仲間もいて恋人もいて・・・でも、彼の気持ちの中ではどこまでも、いつまでもひとりだったのではないかと思いました。

  • 最期まで戦いに生きる喧嘩師を貫いた土方歳三が、勇ましくもあり、切なくもありました。特に近藤勇や沖田総司の死後、過去の新撰組を思い返す場面が何度かありましたが、その度に歳三が一人になってしまったことを痛感し、胸が締め付けられるようでした。寂しさを埋めるかのようにして戦う様は、ある意味で痛々しかったです。また、歳三と近藤の別れの場面、本当にこうするしかなかったのか、いくつもの困難を越えてきた二人がここで離れ離れになってしまうのかと、やり切れない気持ちでいっぱいになりました。鬼の副長と呼ばれた歳三が、斎藤や松本、市村を戦から遠ざけたのは、大切な仲間をもう失いたくないという思いが、もしかしたらあったのかもしれないなと、思わずにはいられませんでした。

  • 新選組副長土方歳三が、幕末動乱の京都から鳥羽伏見の戦いなどを経て、箱館戦争に至るまでの下巻。恋もあり、古い仲間達との別離もあり、切ない場面が多くなる。下巻における境遇の変化が劇的で、ラストは、「かっこいい……!」とつい呟いてしまうような名場面。ため息を吐いて余韻に浸ってから、さて上巻から読み直そう! って気持ちになる。何度読み返したことか。文章も綺麗でリズムが良く、読みやすくて、土方がかっこよくて、ホントこの小説が大好き。

  • 新選組副隊長、土方歳三の一生を描いた上下本。鳥羽伏見の戦いから、江戸、会津、函館と転戦し、華々しく散るまでを描いている。
    作者がそういう意図で書いているわけだけど、近藤、沖田と別れたあとの土方はなにか物足りない。戦いに生きるけれども、なんとなく人生の蛇足感がある。「北海道の毎日は、無意味だったように思える。私の一生には、余分の事だったかもしれない」にそれが表れている。
    また、会津若松の戦いの省略っぷりがすごい。え、そこ飛ばしちゃうの??と思う。蛇足部分だから、散る函館に一気に飛ばしたのだとは思うが。
    最後に、私が大好きな土方の言葉を引用。沖田が「新選組はこの先どうなるのでしょう」と聞いたときの台詞。
    「どうなる、とは漢の思案ではない。婦女子の言うことだ。おとことは、どうする、ということ以外に思案はないぞ」

  • 兵書を読むとふしぎに心が落ちついてくる。おれは文字には明るくねえが、それでも論語、孟子、十八史略、日本外史などは一通りはおそわってきた。しかし、ああいうものをなまじいすると、ついに自分の信念を自分で岡目八目流にじろじろ看視するようになって、腰のぐらついた人間ができるとおれは悟った。そこへいくと、孫子、呉子といった兵書はいい。書いてあることは敵を打ち破る、それだけが唯一の目的だ。

    −−男の典型を一つずつ書いてゆきたい。そういう動機で私は小説書きになったような気がする。

  • 新選組副長 土方歳三の本

  • 函館、五稜郭。行くから読んでみたけど、函館が出てきたのは、最後の最後だけだった

  • 土方歳三の生き様に惚れてしまう。
    分かっているけどもっと生きてほしかったとつい思ってしまう。

  • ただひたすらに喧嘩師だった土方歳三。幕末の様々な思想に惑わされず、自分の信念を貫いた。自分には鉄砲の弾は当たらない、と先頭に立って敵陣を突き進む様子はまるで鬼神。そんな土方さんの心の拠り所でもあった沖田総司。彼を主人公にした話も読みたくなった。

  • 何故もっと早く読まなかったのだろうと自分をぶん殴りつつ読んでいます。

  • 新選組副長・土方歳三を描いた作品。幕末の激動の時代のまさに象徴とも言える土方の人生。善悪の評価は分かれるのだろうが、一本筋を通した生き様が見事。

  • 社会人になるまで全く歴史に興味が無かった私を、すっかり歴史好きにしてくれた大事な本。

  • 壮絶たる生き様。京の都を震え上がららせた新撰組が瓦解し、近藤や沖田も逝ったあとも、自らの武士としての死に場所を求めて、会津から自身最期の地、五稜郭まで未来のない戦いを続ける歳三。しかしそこに、暗さはない。ただ自分には血と剣にまみれた戦いしかない、と悟りきって潔いまで清々しい変わらない鬼の副長の姿があった。

  • 鳥羽伏見の戦い~五稜郭で完結する下巻。このあたりはむしろ土方歳三よりも沖田総司に感情移入する部分が多かった。物語のムードは下降線なのに、引き込む力は後半になるほど増してくる。土方が市村と沖田を重ねる場面は切なくなる。上下巻通して豊醇な時代考証で面白かった。

  • この小説は(特に下巻)好きな小説ベスト10には入るんじゃないかと思う。そして読むたびに、土方歳三はなんと潔い男なのかと思う。
    またリーダーシップにおいて、彼に学ぶところは多い。まず、誰に何を言われても、信念を貫き通す強さ。優れた状況判断力。そして、どんな不利な状況下でも感情に左右されない心の強さ。(しかし、時に冷酷)そして、常にどうすれば勝てるかを考える思考力。しかし、実践するのはなかなか難しい…。

  • 再読だが、とても面白く読むことが出来た。幕府瓦解後の土方歳三は会津若松や函館五稜郭へと戊辰の戦場を転戦して行くが、仏式陸軍戦術を完全マスターして常勝将軍となり、喧嘩師としての力量を発揮する様は男としてカッコイイ。しかし、時勢が官軍にあるため悲しい最期となってしまった。この本を読んで土方歳三が人気がある理由がよくわかる。

全796件中 1 - 25件を表示

燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)のKindle版

燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)の-

燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする