死ぬことと見つけたり〈上〉 (新潮文庫)

  • 828人登録
  • 4.08評価
    • (132)
    • (98)
    • (92)
    • (7)
    • (0)
  • 82レビュー
著者 : 隆慶一郎
  • 新潮社 (1994年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101174181

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

死ぬことと見つけたり〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ジャンプに『花の慶次』が連載されていた頃、原作は『一夢庵風流記』だと知って
    読んでみたのが、作者・隆慶一郎さんとの出会い。
    胸の中に爽やかな風が吹き抜けるような読後感に、もう痺れた。
    こんなに面白い本がこの世にあったのに、どうして読まずに生きて来れたんだろうと、
    本気でそう思った。今また、同じ思いに浸っている。

    タイトルの意味するところは、ご存じ『葉隠』の一節。
    江戸時代の中期(1716年頃)、肥前の国佐賀鍋島藩の藩士・山本常朝が口述した
    武士としての心得をまとめたもの。
    ところがこの一節のために戦時中悪用されて、まるで死をやみくもに美化して、率先して
    死ぬことを奨励する書であるかのような誤解を受けていたらしい。
    ところが隆さんはその『葉隠』を、戦地に赴くのにこっそり持参したのだ。
    それも、『葉隠』の中身をくりぬいてランボーの詩集を隠すために!
    詩集などという「軟派」な読み物は見つかれば撤収されてしまうからと必死で考え抜いた
    策だったらしいが、まるで中学生がエッチ本を隠すかのようで、この序章だけで笑ってしまう。

    そして活字に飢えた状況の中で初めて『葉隠』を読み、その面白さに目覚めていく。
    まるで『レ・ミゼラブル』を読むように何度も何度も読んでは、その面白さを確認したという。
    曰く、『葉隠』が面白くてはいけないのか?

    この前置きがあって、本編の面白さが生きる。
    隆さんの描く登場人物たちの、なんとまあ魅力的なこと。
    奔放苛烈な「いくさ人」なのだが、しばしば世間の価値観とのズレを生じ、そこは思わず
    ニヤつくツボ。
    昭和62年8月号から平成元年8月号までの「小説新潮」に連載されていた作品たちを一冊にまとめたのがこの本で、中途で隆さんが急逝されたため未完に終わっているが、そんなことはまるで気にならない。
    「血沸き肉躍る」という古い表現を、久々に思い出した。
    前田慶次と、こちらの斎藤杢之助と、一体どちらが強いんだろう?
    ああふたりの決戦の場面を見たかった・・と、アホなことをぼんやり考えている・笑
    スタートは島原の乱からである。以下、下巻に。

  • とあるレビューに共感して読んだが、想像をはるかに超える衝撃的時代小説だった。
    人物はみな個性的で、特に主役の三人がいい。陰湿なのに、笑ってしまうほど爽快で豪快な話の数々。こんな堂々とした主人公、今まで見たことがない。
    『葉隠』は書かれた当初あまり流行らなかったらしいから、実際鍋島藩士がこうだったのか謎な上、個人的に史実重視の小説が好みというのに、これはエンターテイメントとしてとっても面白く楽しく読めた。
    未完なのが非常に悔やまれる。最後まで読みたかったなー。

  • 下巻が届くのが楽しみ。司馬遼太郎の『峠』に近い興奮度。

  • 感想は下巻で。

  • 読了。レビューは最終巻で。

  • 作者が葉隠をいかにし、戦争中に読みだしたかという紹介から始まる。
    どうして、なかなか、面白かった。
    短いエピソード集なんだけど、毎回が思い切りよく生き抜くことを信条に生き抜く侍であるため、波乱万丈が烈しいのなんの。作者が言うとおり、葉隠は元々読んでみたい本の一冊であったけれど、葉隠は面白いものなのではないかと思ってきた。

    引用した言葉は不満。
    私は、自分が痛い目に合わないためだけに、嘘をつくひどい人間を見たことがある。そいつは、自分が傷つけた人のことなどあっという間に忘れていく。こんなひどい人間は幸せになってはいけないとまで感じた人間だ。

    残念ながら、18話で完結の予定だったらしいが、作者が急逝のために、15話が最後。16話を17話については草稿が残っており、あらすじを記載してくれている。勝茂がなくなり、杢之介が殉死、求馬が殉死とますます読み応えのあるない様なだけにとても残念。

    そして、18話については、あらすじもなく、作者が編集者に話した内容を記載するとなっていた。こういうのを見ると、編集者というのはいい存在だなぁと思ったりする。頑張れ、のりすけさん(笑)

    最後まで、触れられないのが、萬衛門の死。
    私は彼は死ななかったんじゃないかと思った。杢之介と証言の約束をしていたから。誰にも迷惑を掛けないように、独りで去っていくのが杢之介。やるべきことを果たしてから20年後に切腹するのが求馬、生き残るのが萬衛門。それぞれの信条に応じた殉死だと思う。

    毎日が刺激に溢れ、羨ましい気がするけれど、それは何かあったらすぐ命を引き換えにする覚悟をもって生きているからこそ初めて得られる報酬。
    私たちが何もリスクにかけることなく、我が儘に生きるのとは違う。

  • まあまあかな。どこまでが事実に基づいたものなのかちょっとよくわからなかったな。

  • 俺的には理想の武士像。葉隠そのものや葉隠の解説書よりその生き様を体現してるこの本のほうが魅力的。

  • 武士の生き様なー

  • 初めてのちゃんとした?歴史小説でした。歴史小説ってちょっとズルいかもしれないな。題材が面白すぎますよね。そもそも佐賀県って私の中では全く印象になかったので、新しい知識も得られて二重に楽しかったです。
    徳川家光〜家綱くらいの時代の鍋島藩を舞台に、葉隠武士と呼ばれる戦士の中の戦士達を描いています。この小説は未完のまま作者がなくなってしまって、結末がどうなるのかわかりません。それが本当に残念です。
    歴史小説がめっちゃ面白いらしいことがわかったので、読み終わってすぐに吉川英治の「三国志」読み始めました。

  • 葉隠に書かれている佐賀藩士の心得をベースとした時代活劇小説。隆さんの他の小説(網野学説が下地)と異なって、藩主に背きつつも藩主に戻っていくような相反する行動を通して生き様を描いている。

  • 昔を生きた侍の姿がよくわかる。大将と部下の関係が、浪人かどうかは関係なく、対等なのがわかる。

  • 「死人」の強さと爽快さ。

  • 鍋島藩の浪人で死人(毎朝、起きる前に自分が死ぬ場面をシミュレーションし、死ぬことに一切の恐怖をなくした者)斎藤杢之助が主人公の連作短編集。

  • 葉隠に沿った物語。意図しない終わり方が逆に余韻を残してくれた。

  • 主人公の覚悟と行動力に惚れる。

  • エンターテイナー版葉隠。戦国の世も終わった江戸時代、主持ちのいくさ人たちの活躍。天草四郎の乱に始まるが1話毎に歯切れよく完結するので実に読みやすい。

  • 抜群に面白い。

    戦場では一瞬の躊躇が生死を分かつ。したがって逆説的だがその躊躇を無くす為、常日頃から死んでおく必要がある。

    これを具現化したのが本書の主人公、斉藤杢ノ助。文字通りいつでも躊躇なく死を差し出す。

    たとえ家老、藩主、老中であろうと、杢ノ助を相手に回すと一瞬にして命のやりとり、男と男の勝負に持ち込まれる。

    そして相手はその杢ノ助の本気を悟ったとき、己の中の甘さに愕然とし負けを認める事になる。

    この杢ノ助の本気度やそのスピード感たるや。かっこいい!痛快!恐るべし!

    常に頭の中で参照している一冊です。

  • 働く オトコに、グッとくる。

    人生やってりゃ かみしめる。

    読書好きなら 100% ハマる!!

    名作です!!


    きまぐれ図書館のレビューはコチラ
    http://ameblo.jp/kimagure-library/entry-11441649448.html

  • 名声を求めず、出世を求めず、浪人としての生き方。でも力はあり藩主も一目置く存在。何のために生きているのか。
    どういう状況でも自分の信念に従って、死ぬまで生き抜くのはすごいが、孤独。

  • 帯文(裏表紙):"常住坐臥、死と隣合せに生きる芳賀倉武士たち。"

    目次:第1話、第2話、第3話、第4話、第5話、第6話、第7話

  • 隆慶一郎の『死ぬことと見つけたり』(新潮文庫 上下)を
    読み終えました。
    このタイトルからもお察しの通り、
    あの『葉隠』を下敷きにした痛快時代活劇です。

    たとえ両腕を切り落とされようとも、
    相手に体当りし首筋の血管を噛み切ろうとする。
    彼等は既に「死人」同様であるから、
    死ぬことに対して何のためらいもない。
    従って、敵の動きが冷静に見て取れる。
    こんな侍たちの物語です。

    尚、主人公の3人の武士は架空に人物で、
    長年読み続けた『葉隠』から
    その人物像を作り上げたようです。

    同じ作家の『影武者徳川家康』よりははるかに面白い。
    隆慶一郎氏が最後の力を振り絞って書き続けたそうですが、
    残念ながら未完に終わっています。
    今、何かスカッとした小説はないかと
    お悩みの諸兄、おすすめです。

  • 日本の時代小説だってのにのっけからランボオ「地獄の季節」の引用をしちゃうロックな隆慶一郎先生。当然内容もロックです。
    サムライなのに(だから?)メインウェポンが鉄砲の主人公、しかもサムライなのにお殿様が間違った指令をだそうものなら切腹したあと切り殺すぐらいの思想。そんな男が主人公でつまらなくなるはずがありません。
    実は未完の作品でもあり下巻には結末までのプロットも解説されているのですが、この男ならどんなストーリー展開になっても気持ちの良い終わりになるだろうと思えます。

全82件中 1 - 25件を表示

死ぬことと見つけたり〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死ぬことと見つけたり〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死ぬことと見つけたり〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

常住坐臥、死と隣合せに生きる葉隠武士たち。佐賀鍋島藩の斎藤杢之助は、「死人」として生きる典型的な「葉隠」武士である。「死人」ゆえに奔放苛烈な「いくさ人」であり、島原の乱では、莫逆の友、中野求波と敵陣一番乗りを果たす。だが、鍋島藩を天領としたい老中松平信綱は、彼らの武功を抜駆けとみなし、鍋島藩弾圧を策す。杢之助ら葉隠武士三人衆の己の威信を賭けた闘いが始まった。

死ぬことと見つけたり〈上〉 (新潮文庫)の単行本

死ぬことと見つけたり〈上〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする