夜のピクニック (新潮文庫)

  • 22601人登録
  • 3.83評価
    • (2809)
    • (3138)
    • (3534)
    • (369)
    • (87)
  • 2631レビュー
著者 : 恩田陸
  • ¥ 724
  • 新潮社 (2006年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101234175

夜のピクニック (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 非現実的な青春の本

  • こんなイベントがあるなんて・・・
    という驚きもさることながら、
    そのイベントの雰囲気を活かして、
    ある同級生の特殊な関係性を描いている。

    確かに、夜通し歩くというイベントは、
    際立ったものだが、それだけでは終わらないところに、
    この作品の素晴らしさが詰まっていると思う。

  • 恋愛ものかなと思ってましたが、青春ものでした。
    自分もあの時もっと青春してれば、と思うことがありますが、ちゃんと青春してた高校生はどれくらいいるのかって言葉で、なんか救われました。

  • いまいち面白いと思えず。高校生の頃に読んでたら面白かったのかなー。

  • 青春小説を読もうだいにだん。青春を美しく、一生懸命に書いてます。

    修学旅行の代わりに、24時間耐久歩行大会があるっていうかわいそうな高校の話。そういう高校って本当にあるのかしら。
    でもでも変に修学旅行とは名ばかりのぐだぐだ旅行をするより良いかもね。何かがうまれるのかもね。いやん。

    ずっと話したくて話せなかった人と話す。っていうと浅薄だけど、いろいろ複雑なの。泥沼から拾い上げられた宝石みたいな話。ぐちゃぐちゃの背景の中で輝く彼ら。

    「雑音だってお前を作ってるんだよ」「だから、一人で先に行こうなんて考えないで、雑音に耳を貸せ」なーんて幸せな青春だと思いません?

  • 自分の学校にも似たようなイベントがあったせいか懐かしい気持ちに。

  • 学生のときにこんなイベントあれば!!

  • 「歩行祭」というひたすら歩くだけの行事の中で起こる出来事を小説にするところはすごいと思いますが、正直あまり好きな話じゃなかったです。さわやか過ぎるし、盛り上がるところや感動するところも特にありませんでした。ただ、昔これとよく似た行事に参加した事を思い出して少し懐かしかったです。これ映画化もされているみたいですけど、多分人気は無かったんじゃないですかね。とはいえ、退屈することなく読めましたし、すばらしい作家さんだと思いました。

  • 1人の少年と1人の少女は誰にも言えない秘密を抱えている
    彼らの高校は生徒全員が丸1日かけて80キロの道のりを歩く、歩行祭という行事を実施している
    ざっくり言うと、青春このうえない
    「幸せ」という単語が強調されるのは終盤やっとのことであったが、私からすれば全編通して幸せなストーリーである
    親友がいて、想い人がいて、家族がいて
    彼らの視界に不思議と教師は入ってこなかった
    「大人になる」のに必要なものは学校であるようで学校ではないのだろう

  • 鍛錬歩行祭。歩くだけの競技が修学旅行の代わりなんて、いやな高校だと思いましたが読了後は意見変わります。辛そうだけど、これは絶対に思い出になりそうです!
    印象に残ったのが忍が言ってたナルニアの話。
    読むべきタイミングってありますよね。
    今を生きるって大事です。

  • 歩行祭という高校生活最後の行事の中で描かれた青春小説。
    行事を通して織り成される主人公らの心情変化と成長が瑞々しく描かれる。
    他の恩田さんの作品に色濃くあるような郷愁的な雰囲気は薄いですが、
    ゆったりと、でも確実に進む、歩くようなテンポ。
    そしてそのテンポからくる、もの柔らかな雰囲気が魅力的でした。

  • 初陸。主人公の女子高生の境遇が少し・・ですが、それ以外は全うな青春小説。自分の学生時代に思いを馳せながら、読み進めました^^ 恋愛。友情。そして、愛。甘酸っぱくも心暖まる、老若男女誰にでも勧められる作品。現代の名作!

  • 幸せになれました。ありがとう。高校時代が走馬灯のように蘇って苦しくなりました。けど、この苦しさがとても愛おしかったです。

  • 2011/03/07 読了
    高校時代のブックリストから記録

  • タイトルは夜のピクニックだが……距離がハンパないのでピクニックではないだろうと思ったのは私だけだろうか。
    青春時代にこんな素晴らしい思い出って良いよねー。

  • 読んでるうちに自分も歩行祭に参加したくなりました。
    ゾンビの高見くんが個人的に好きです。

  • 異母兄弟という事実で、互いに近づき難かった二人が歩行際を通して、徐々に和解していく様子が、読み手ながら嬉しい。

    読んでいるうちに、私自身も歩行際という行事に惹かれていくのが分かる。

  • 高校生が一晩中歩く話…と、あまり期待をせずに読み始めましたが、どんどん引き込まれ、とても爽やかな気持ちで読み終えました。私自身このような行事の経験はありませんが、修学旅行や部活の合宿の消灯後にあれこれお喋りしたことを思い出しました。いつもと違う姿が見えたり、つい本音が出たり、行事が終わるころにはみんなの関係性が変化していたりしました。このお話は歩行祭のゴールで終わりますが、みんなのその後を想像してみたくなります。「ドラマはいいところで終わるからな」「でも、現実は、これからだもんなあ」という会話が印象に残りました。

  • 生きてるうちに出会えて良かった。って書くとちょっと陳腐だけど

  • おもしろい。歩行祭という学校行事を通して、青春と友情と恋、それとちょっぴりミステリーが錯綜する。だけど、力強かったりテンションが高いかというとそうでもなく、すっと物語が自分の中に入ってくる感じ。一気に読んでしまいました。本当におもしろい!

  • めっちゃ青春でした。あんな歩行イベントは自分の高校には無かったけど、あの空気感とか分かるような気がして懐かしいし羨ましくなった。
    高校生に戻りたい〜(笑)

  • ザ・青春。80キロを夜通し歩くという歩行祭を舞台にし、人間の心情の変化を描いている。ただ歩いているだけだが、そこに青春を感じさせる。あー青春したい。忍のかっこよさ。

全2631件中 1 - 25件を表示

夜のピクニック (新潮文庫)に関連する談話室の質問

夜のピクニック (新潮文庫)に関連するまとめ

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)の作品紹介

夜のピクニックは恩田陸さんが高校生を主人公にして描いた小説です。
小説の舞台の高校で、24時間耐久のピクニックが学校行事として行われます。高校生が昼食と夕食を食べ、仮眠をとりながらひたすら歩きます、ただ歩くだけということですが、その非日常的な行事を通して、登場人物たちが成長していく作品です。

夜のピクニック (新潮文庫)の単行本

夜のピクニック (新潮文庫)のKindle版

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

私の本棚 (新潮文庫)

新潮社編

書架がある家に住みたくなる

本好きにとっての悩みといえば、おそらく本をどう収納するのかだと思います。
ましてや、本に関わる仕事をしている人の本の持っている量は膨大になっていきます。当然ブクログスタッフも、本に囲まれるような家に住んでる者もいます。
この「私の本棚」では、本に関わる作家、編集者や愛書家23名が自分の本棚について熱くエッセイに綴っています。
あの落ち着いた物腰で芸能界きっての本好きであった児玉清さんが、こんなに熱く本棚について語っている姿がたまらなくおもしろく、共感できました。
整然とした本棚が好き、雑然とした本棚がすきなど色々な本棚感が書かれていますが、解説では新井素子さんが、色々な本棚感を”感覚的に”判ると書いてるように、本が好きな人にはうなづきながら読み進めてしまう一冊ではないのでしょうか。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする