夜のピクニック (新潮文庫)

  • 21760人登録
  • 3.82評価
    • (2741)
    • (3050)
    • (3491)
    • (360)
    • (84)
  • 2565レビュー
著者 : 恩田陸
  • ¥ 724
  • 新潮社 (2006年09月07日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101234175

夜のピクニック (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • いいなぁ。
    高校時代のあの感じがよくでてる。
    青春小説は好きじゃないけど楽しめた。
    ちょっとした謎とかあるけど、最後の会話が全て。
    今後を考えると色々複雑だったり…
    それもいい。

  • 高校生最後を飾るイベント「歩行祭」
    全校生徒が夜を徹して80キロを歩き通すという、伝統行事。本屋大賞を受賞した青春小説。

    高校生の爽やかなスポーツを交えた青春小説かなと思っていたのですが、それが本当に良い意味で気持ちいい裏切りをされました。

    歩行祭を通して進んでいく話に、甘酸っぱく切なく、爽やかな気持ちになり、あぁゴールがもうきてしまう、高校生最後のイベントが終わってしまう、と一緒に寂しさと切なさと、でも未来への期待も交わって不思議な気持ちになります。
    素敵な小説でした。

    これを機に恩田陸さんの小説を少しずつ読みたいと思いました。

  • 昔通っていた高校に、似たような行事がありました。
    同じ高校に通っていた姉や周囲からの噂で、大変な苦行であることは聞いていて、入学当時から戦々恐々としていたのを覚えています。
    しかし、自分はその行事に参加するまえに転校してしまいました。
    もし参加していたら、自分はそこで何を感じ、何を考えただろうという疑問と、参加したであろうクラスメートに対する嫉妬が、長年心のなかにわだかまっていました。
    本書に出会って、少し気がすんだように思います。
    でも、やっぱり、いいな、やっぱり参加してみたかったよ!

  • 子供の学校の課題図書だったので便乗して読みました。自分が学生時代に考えていたようなことが書かれていて、懐かしい気持ちになりました。

  • 話自体は面白いが、本題とは無関係な描写も多く間延びしている感は否めない。正直短編でもよかったのでは、という印象です。

  • 歩行祭への各個人の願いが反映されて感情が折々で汲み取られ完成度が高い。

  • 初めて恩田さんに出会った本。
    高校3年間で300冊読んだ中でも
    初期らへんの出会い。
    あの頃にブクログがあったらなー
    ここから恩田さんにどハマりする。

  • "みんなで、夜歩く。たったそれだけのことなのにね。
    どうして、それだけのことが、こんなに特別なんだろうね"

    資料ID:C0035175
    配架場所:2F文庫書架

  • 評価的には3寄りの4かなーって感じ。
    学生時代のビックイベントでいろいろ企む高校生たちがとても懐かしく感じられた。
    結局はみんないい子だったし、ハッピーエンドでよかったと思う。
    全体的な印象としては景色だったり、情景が少しごちゃごちゃなったり、少し長いというのもあって読みやすさは無かった。
    それでもどんどん読み進めていきたくなる一冊。

  • 夜を徹して80kmを歩く「歩行祭」での高校生たちのたった一夜のうちに起こることや語られる”思い”に静かに感動します。

  • ただ歩く それだけの事がこんなに特別なんだね。
    という一文が本編にありました。
    この本を表すのはまさにこれだと思います。
    夜通し歩き続ける極限状態の中でしか話せない事、逆にその状態だから話せる事 この対比がすごくよくできていた。
    読むというより世界に入る感覚でした。
    ただ、オチが弱すぎる
    これは良い所でもあり、悪い所 のような気がしました。

  • この作家は、もう読まないかもしれない。それくらい印象の悪い本。

    1日じゅう歩くという、フィクションならではの非常に特別なイベントを通じて、高校生たちが心を通わせる話。テーマはいいんだよねテーマは。

    本を開いた途端に、すでに説明もなくイベントは開始されている。そして、以前に読んだ「ドミノ」同様にたくさんの登場人物が一度に発生する。まあ、この作家はどの本でもそういうスタイルなのであろう。

    しかしながら、全くキャラクター付けがなされておらず、名前以外で区別するのは難しい。そこで作者は考えた。「異母兄妹」「渡米して進学」「女子生徒を妊娠させた」というキャラクターとはいえない、付加価値を無理やり背負わせたわけ。

    背負わせたところで、結局最後までいずれのキャラクターも作者の分身でしか無く、都合の良い話しかしない。

    そう、"話し"である。この作品のほとんどが、会話だけで成り立っている。せっかく一日歩くのに、それも夜中歩いたりするのに、情景はほとんど描写されない。家の外をぞろぞろ高校生が歩いているのに、通行人の一人も出てこなければ、車の1台も通らない。不思議なことに、登場人物も周りを何も見ていない。家族の話や友達の話しかしない。したがって、非常に薄っぺらいストーリーになる。

    全体に話は追えたし、「ドミノ」同様「マンガ(やドラマ)の原作としては有り」だと思う。それは何を意味するかというと、漫画家によって、ビデオカメラによって、情景が書き足されるからである。この作品には情景が全く足りない。

    また、会話以外で「~と思った」などの表現が織り込まれるが、これがだれが思ったのかピンと来ない部分が多い。原因は、その直前の会話をした人に、いちいちフォーカスを移してしまっているからだろう。この作品だって、最初から、たとえば甲田貴子の視線にして、一人称で見たものをかけば、もう少し落ち着いた話になったのではないか。最終的に、落ち着きのない子供の話でしか無かった。

    本当は☆2にしようと思ったが、解説で「生まれた時から名作」「文学賞を取らなかったのが不思議」「本屋大賞はそれを拾う価値ある賞」と言った、読者そっちのけの話を読んで、完全に冷めたので、星をひとつ減らした。

    余談だが、「全校生徒1200人」って高校3年でだとおかしいだろう?「ドミノ」の「8000CCのバイク」同様、おかしすぎる記述に編集者はチェック入れないの?

  • ただ歩いているだけなのに、驚く程ドラマティックだった。

  • この本を初めて読んだのは、まだ10代半ばのちょうどこの本の登場人物と同じくらいの時でした。みんな思い思いの悩みを抱え、ただ歩く。不思議と読んだ後に爽涼感を覚える本でした。きっと、今読んだらまた違うものを感じるのだろうと思います。私の最も好きな本の1冊です。

  • この小説、10年くらい前の本屋大賞受賞作だったかな。
    この頃の本屋大賞は今ほど商業の匂いが強くなくてよかったような気がする。

    ある街の進学校で毎年行われる“歩行祭”。
    24時間をかけて80kmの距離を歩ききるという過酷なイベントで、ひとつの秘密を抱えた高校三年生の甲田貴子は、自分に対してひとつの賭けをする。

    これまで数冊読んだ恩田陸さんの小説は全部ミステリで、この小説はミステリではなく青春小説なのだけど、やはりミステリ作家らしい小さな仕掛けがある。
    物語はとても淡々と進んでいくけれど、最後は清々しく綺麗にまとまる。

    こういう青春小説を読むと、あの青い時間って、そのときにしか経験できないんだっていうことを実感する。
    勉強とか恋とか将来の悩みとか友だちとの関係とか。
    考えることがたくさんあって面倒な時間でもあったけど(笑)過ぎ去ってみると全部が眩しい。
    そういう青春のきらきらした感じが、一冊のなかに詰まってる。

    「みんなで、夜歩く。ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう」
    学生のころ、クラスメイトと一晩を過ごすイベントはいくつかあったけれど、暗くなってからの独特な興奮ってあのときだから味わえたもの。
    意味なく笑ったり、ちょっとした打ち明け話をしたり。
    大人になってから同じ気持ちを感じようと思っても残念ながら感じられない。

    綺麗に大団円、という結末がしっくり来ない場合もまれにあるけれど、この小説はそうなってくれて嬉しかった。
    人物もそれぞれ個性的で、「こういう子、いたな~」と思ったりした。
    本屋大賞も納得の長編でした。

  • 山手線一周ハイキングを思い出した。

  • 歩行祭という全校生徒が朝から一晩かけて80キロを歩く高校最後のイベント。甲田貴子はある賭けをしながらイベントにのぞんだ。ずっと言えなかった秘密をかかえて。
    特に何も起こらない、ただ高校生が歩くだけの話しなのだが、とにかくうまい。クラスメートが次々と出演してくるが、話がキチンとしていて、この頃の心情を(自分が高校生だった頃を思い出した)うまく表現している。
    主人公たちにも絡み、主人公同士?同志?の心の移り変わりも違和感なくすすみ、うらやましいくらいの青春小説でした。
    この余韻が残る終わり方はあまり好きではないのかもしれない。その後に考えてしまうので。だが、そういう作品をかなり引き当てるので実は大好きなのだろう。

  • 爽やか。
    恩田陸さんを初めて読もうという人にオススメ。
    珍しく終わり方もすっきり。

  • 歩行祭で過ごす夜のあの、不思議な感じ…
    その世界に引き込まれたみたいで、たまんない!

  • 高校生の青春の1ページ。1日歩くだけの歩行祭。これだけのことがどうして特別に感じるのだろう。まさにその一言に尽きる。最後の50ページで杏奈がかけたおまじないがだんだんと見えてきて素敵。

  • 名作。人の思考の真ん中の中途半端な感情を描き出してる感じがすごい
    今でもたまに読みたくなる

  • 40歳の今読むのではなくて、もう少し若いときに読んでいればもっと高い評価だったと思う。

    ただひたすら歩く1日の中に、あらゆるドラマが凝縮されていて、全く飽きずに読み進められる。

    気持ちよくエンディングに向かい、読後とても温かい気持ちになれる。
    評判通り良い作品だと思った。

  • 高校生が夜歩き続ける話。この夜通し歩き続ける中に友人との語りや、異性との語りがある。主人公の融、貴子の関係も話が進んで行くにつれ、進展していく。あぁ、いいなぁ青春って、高校時代にこんな歩行祭を自分も体験したかったと心から思う。

  • ただ、ひたすら歩く中で、青春があり非常に日常的な感じを受けました。「好きな子をいじめちゃう」的発想で、嫌悪感があった気持ちをこの歩く日常的な行動でゆるやいでいく気持ちがいいですね。

全2565件中 1 - 25件を表示

夜のピクニック (新潮文庫)に関連する談話室の質問

夜のピクニック (新潮文庫)に関連するまとめ

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)の作品紹介

夜のピクニックは恩田陸さんが高校生を主人公にして描いた小説です。
小説の舞台の高校で、24時間耐久のピクニックが学校行事として行われます。高校生が昼食と夕食を食べ、仮眠をとりながらひたすら歩きます、ただ歩くだけということですが、その非日常的な行事を通して、登場人物たちが成長していく作品です。

夜のピクニック (新潮文庫)の単行本

夜のピクニック (新潮文庫)のKindle版

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

電子書籍

ボクの妻と結婚してください。 (講談社文庫)

樋口 卓治

放送作家、最後の企画

バラエティ番組の放送作家の主人公・修治は余命宣告を受け、自身が亡くなっても残された妻たちが笑って暮らせるように、隠れて婚活をする物語です。
余命を宣告され、悲壮感も少しありながらも残される妻、子供のことを考えながら妻との結婚相手をさがす姿がとても滑稽さもありながら、自身の結婚生活を語るシーンに幸せな結婚生活とは何かと考えさせられます。
著者の樋口卓治さんも、主人公と同じくバラエティ番組の放送作家を手がける方で、先日NHKで放送されたドラマ版では主人公が内村光良さんということで、この『ボクの妻と結婚してください。』を読んでると、どこかバラエティ番組的に見えて、泣きながら笑えてくる。そんな作品となっています。
本作で、自分の結婚生活そして、やってくる”終活”について考えさせられるそんな一冊です。

本の詳細&レビューを読む»