夜のピクニック (新潮文庫)

  • 23472人登録
  • 3.83評価
    • (2884)
    • (3222)
    • (3584)
    • (382)
    • (91)
  • 2693レビュー
著者 : 恩田陸
  • ¥ 724
  • 新潮社 (2006年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101234175

夜のピクニック (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 歩行祭という大変で特別な行事を通して、登場人物たちの人間関係や内面、生き方などが徐々に変化していく様子が新鮮だ。貴子と融の関係を中心に、物語が進んでいくが、美和子や忍たち友人はもちろん、光一郎や涼子の変化球的な関わり、そして杏奈のかけたおまじないなど、様々なものの絡み合いがこの青春劇の重要な鍵をもっている。この物語の歩行祭は無理だけど、ちょっと現実の生活とは離れて、普段考えないことを考えたり、新しい発見ができるようなことは体験してみたいなとも思った。題名の「夜のピクニック」もワクワクする感じで素敵だ。

  • 当たり前のようにやっていたことが、ある日を境に当たり前でなくなる。こんなふうにして、二度としない行為や、二度と足を踏み入れない場所が、いつのまにか自分の後ろに積み重なっていくのだ。

    だけどさ、雑音だって、おまえを作ってるんだよ。雑音はうるさいけど、やっぱ聞いておかなきゃなんない時だってあるんだよ。おまえにはノイズにしか聞こえないだろうけど、このノイズが聞こえるのって、今だけだから、あとからテープを巻き戻して聞こうと思った時にはもう聞こえない。おまえ、いつか絶対、あの時聞いておけばよかったて後悔する日が来ると思う

    今は今なんだと。今を未来のためだけに使うべきじゃないと。

  • 第二回本屋大賞受賞作として聞いたことがあったため、手に取った一冊。解説にもあるように内容はただ歩くだけであり、事件が起こるわけでも無いが各人の隠し事や心情が次々をあらわになり飽きることなくとても読みやすかった。登場人物のキャラクターがそれぞれ掴みやすく、また会話にも共感できる部分が多かったことからどんどんのめりこむことが出来たんだ。終盤、異母兄弟である関係がばれて貴子と融が話し始めてからは「世界は広くて、とっても眩しい」「更に世界は明るくなる」など二人の気持ちが晴れていくのがひしひしと感じられて読み終えたときには今までに感じたことないくらいにすっきりした。最後が榊順哉視点で終わるのもなんだかよかったと思った。名作といわれる所以も良くわかるし読んで良かったと心から感じる一冊だった。

  • 高校時代に出会えてよかった。
    私の人生で大事な一冊。
    青春てなんだろう、そう思いながら読んでいた
    あの頃が青春だったんだな。
    そして、もう戻れないんだなって切なくなる。
    できるだけ感性の若いうちに、痛いほど共感できるうちに、たかこ達と同じ年齢のうちに
    読んでほしい一冊。
    苦しい時隣で歩幅を合わせてほしい人が、
    本当の友達だし、
    特別な1日、隣にいてほしい人が
    大切な人なんだと、
    そして、苦しい夜は必ず明けるし
    綺麗な朝日を見るためにあるのだと、
    シンプルなことを教えてくれる一冊。

  • 夜通し歩き続ける。それだけなのに心に残る素敵なお話。
    酔いつぶれてなぜか銀座から渋谷まで夜通し歩き続けてた事がありますが、雲泥の差ですね。
    青春時代に戻りたいです。

  • 中高生の時に読みたかった

  • 朝の8時から翌朝8時まで、仮眠時間を除いて全校生徒で80km歩く「歩行祭」
    思い出を語りながら、軽口を叩きながら、夜を徹して歩く。
    3年生にとっては高校生活最後のイベントとなるこの日、貴子は小さな秘密の賭けをしていた・・・。


    80km歩く行事って過酷だなぁという印象から入ったはずなのに…最後には参加してみたかったと思っているのが不思議です。

    高校生活を振り返ったり、馬鹿な話をしたり、何気ない言動が、等身大でなんだか懐かしくて。

    できることなら高校時代に、そうじゃなくても大学時代に、読んでみたかったなと。
    でも…大人になった今だからこそ、そう思うのかもしれません。

    読み終わった後、ほっこりしました。

  • 本屋大賞の安定感は本当に素晴らしい

    タイトルの通り
    夜に歩き続けるという場面設定
    よって場面の変化はほぼない
    だけど時間だけは進んでいき
    ただ歩くだけという中で
    登場人物それぞれの悩みが明らかになって
    解決されていく
    とても読み心地の良い青春小説

  • 一晩で80㌔歩く。聞いただけでもしんどい、超過酷な行事。でも、体も心も頭も疲れきって、余計なことを考えることを拒むからこそ、そんな状況でも頭が自然に考えることは自分にとって本当に切実で大切なことであり、心が感じる事は嘘偽りのない本当の気持ちなのだろうな、と思った。確かに歩くだけ。とても地味で静かなその様子と貴子や融や友達たちの心の熱さとのギャップが何とも胸をくすぐる作品だった。超過酷だって分かりきっているのに、自分も参加したくなるから不思議だ。

  • 2016.10.1(土)¥220(-2割引き)+税。
    2016.10.5(水)。

  • 全体を通して大きな事件有るわけではなく、物語自体は淡々と進んでいきますが、複雑な事情を抱える二人の主人公とその周囲の友人たちの感情の動きが丁寧に書かれていて、じんわりと染み渡っていくような作品だと思いました。
    登場する人物も多すぎず、それぞれにきちんと個性があって、キャラクターやストーリーがすっと入ってきて読みやすかったです。

  • 一度は挫折して放置してたんだけど、もう一度手に取ってみたら、とてもいい本でした。
    学校行事の24時間が舞台で、2人の頭の中が本筋なんだけど、ずっと抱えてきたことに2人同時に前向きな大きな一歩を踏み出すという感動。
    たった24時間なのに一生忘れない時間。
    読後感がとにかく爽やか!

    2016/9/28

  • こんなに読むのが苦痛なのも久しぶり。高校時代の嫌な思い出がよみがえった。初の恩田作品だが、もう読まないと思う。

  • ただ、歩くだけ。なのになぜこんなに心を揺さぶられるんだろう。

    数ある小説の中でも、もっとも思い出深い小説のひとつである、夜のピクニック。
    中学生の頃にこの本に出会い、わたしは大きな衝撃を受けました。社会人になった今も、手放すことなく大事に持っています。

    全校生徒で80キロの道のりをひたすら歩く行事、夜行祭。
    それぞれの生徒が、それぞれの思いを抱えながら、ひたすら歩きます。

    最初から最後まで、歩くシーンと回想シーンだけなのに、魅力的な登場人物と感情の交差に惹きつけられ、飽きることなく一気に読み終えたのを覚えています。作家ってすごいなあって、感嘆しました。

    主人公貴子の西脇融に対する複雑な感情が変化していくさまは、読んでいて本当に心地よく、爽やかな感動が押し寄せてきます。

    青春が詰まったこの小説。またいつか、読み返して、貴子たちと歩きたいと思います。

  • 私も、高校生だった頃があって、大学生だった頃があって、会社員だった頃があって、子供を産んだばかりの頃があって、今は30代の半ばなんだ、ということに改めて気付いて、時が続いていることの不思議を思って、高校生の頃を思うと今30代なのを不思議に思って、次にふと思う時は60代位になっていたりするのかな、なんて思いました。

  • 3
    異母きょうだいの高校生、甲田貴子と西脇融が高校最後の歩行祭で打ち解けていく青春小説。設定のリアルさが若干薄くそれで感が少しあるが、周囲も含めた心のやり取りと気持ちの変遷が書かれていてなかなか面白い。

  • みんなで、夜歩く。
    たったそれだけのことなのにね。
    どうして、それだけのことが、
    こんなに特別なんだろうね。
    -榊杏奈


    北高の伝統行事「歩行祭」
    夜通し80キロをただ歩くだけ。
    甲田貴子は高校最後の歩行祭に
    ある小さな賭けをしていた。


    再読。
    面白かった!!!
    甲田と西脇の2人による視点で
    歩行祭は進んでいく。

    “夜通しただ歩く”ってことが自分と向き合うことが出来、夜になってから不思議と素直になれる。
    こんな行事が学生時代にあれば思い出に残るだろうな。

    戸田といい、遊佐や榊といい、高見といい…2人の周りの友人たちがとても素敵でした!

  • 許すことで世界の見え方は180度変わる。少女は夜のピクニックの中で、異母兄弟の少年に話しかける賭けをする。寛大に生きよう。

  • 多感な時期の1日は、大人とは違うだろう。
    「昨日の自分」と「今日の自分」が全く別になることもあるのかも。
    小説の中に出てくる高校生は、ちょっと大人びていて、「大人が描いた高校生」に見えてしまっても、「現実味がない」とは感じない。自分が大人だからかもしれないけれど。
    もっと高校時代を一生懸命過ごせばよかったなぁ。つくづく考えた。

  • もう3回くらい読み直してるけど、やっぱりいい話。
    もう2度と戻らない、高校時代のノスタルジィ。
    何か事件が起きたり特別なことがあるわけじゃないけれど、一生に1度の忘れられない歩行祭。
    読んでいてとても甘酸っぱく、懐かしく、読み終えてほんのり幸せに浸れる。

  • ある高校の長距離歩行祭が舞台となり、特に大きな事件は起きないがそれぞれの登場人物の心の変化が見えて面白かった。青春小説と言えば恋愛ものが多いが、本書はそうではなく、思春期に抱える悩みを歩行祭を通して解きほぐしていく感覚が読みやすかった。登場人物の個性も様々で楽しく読め進められた。

  • 刺激が非常に薄い。それが良いのかもしれないが。

全2693件中 1 - 25件を表示

夜のピクニック (新潮文庫)に関連する談話室の質問

夜のピクニック (新潮文庫)に関連するまとめ

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)の作品紹介

夜のピクニックは恩田陸さんが高校生を主人公にして描いた小説です。
小説の舞台の高校で、24時間耐久のピクニックが学校行事として行われます。高校生が昼食と夕食を食べ、仮眠をとりながらひたすら歩きます、ただ歩くだけということですが、その非日常的な行事を通して、登場人物たちが成長していく作品です。

夜のピクニック (新潮文庫)のKindle版

夜のピクニック (新潮文庫)の単行本

ツイートする