夜のピクニック (新潮文庫)

  • 20891人登録
  • 3.82評価
    • (2670)
    • (2960)
    • (3440)
    • (349)
    • (83)
  • 2500レビュー
著者 : 恩田陸
  • ¥ 724
  • 新潮社 (2006年09月07日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN:9784101234175

夜のピクニック (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • すごく、すごくすごく
    好きな本になりました。

    どうってことない、
    ただ一日中歩くだけ、
    それなのにすごく響きました。

    みんな幸せになりたい。
    でも素直になれない。
    周りの目や家族のこと
    そういうことが自分を動けなく
    してるけど、悩みごとは自分が
    ちょっと勇気を出すだけで
    するするって解決するんだよ。
    今の環境が全てって思っていても
    世界はもっともっと広いんだよ。
    未来はきっと明るいって思えば
    もうその瞬間からきっと幸せなんだ。

  • 青春ストーリー!!!!

  • どこか怖さを感じさせる恩田陸さん。夜のピクニックというおもしろいテーマ。

  • 確かに2日間歩き続けるという行為は、何もなくても自分と向き合う時間なりやすいかもしれない。

    高校の歩行祭。
    互いに対し、複雑な思いを抱えている融と貴子。
    友人たちとの小気味よい会話をはさみながら、揺れるそれぞれも胸の内がテンポよく描かれていて、
    作品の多くのスペースを心の中が占めているというのに、ちっとも退屈しない。

    高見君、いいね。
    青春だね。
    清々しかった。

  • 今の自分でもう一回青春時代を‥
    と懐かしくなる一冊。
    ただその時はそれが精一杯の自分であり
    また何年か後には今の自分を
    同じく思うのかもしれないと気づかせてくれました。

  • なんという事はない話かもしれないけど、定期的に読み返したくなる一冊。
    今回は、児童書を読むタイミングについて言及したセリフってなんだったっけ…と思い出して再読。

  • 忘れていた何かを思い出させてくれるような本。
    独立していた視点が徐々に混ざり合って、最後はまたすっと離れて、心地良い読後感だった。

  • 夜に読みたくなる

  • 恩田陸の小説はこれが初めてでした。

    高校生の歩行祭の話。
    自分も似たような行事がありましたし、
    足が本当に痛いんです(笑)

    最初は入りにくい部分もありますが、
    後半夢中で読んでました。

    やっぱり青春時代はいろいろ複雑ですね。

  • 夜歩く高校行事の話。
    昔、自分も似たような行事をしたので、歩いてるときの苦痛の感覚が思い出された。変な汗をかいた。

  • 全校生徒が夜通しかけて80kmを歩く北高の「歩行祭」という平凡な伝統行事で、平凡な高校生がおりなすドラマ 。
    普通の行事の話なので、特別面白い展開などはない。だけど、平凡だからこそリアルな高校生の青春を感じることができます。途中の景色・情景描写が回りくどくて読むのが少し面倒だったのが玉にきず。

    「ベイベー、幸せですかーっ」というウザキャラ、かつ本作で最も役に立ち、とても好感の持てる高見光一郎が僕は好きですね。
    映画になったけど、見なくても分かる。映画は絶対つまらない。

  • 最初は展開も単調で中々入っていけないが、
    いつの間にか夢中になって読んでいた。
    とにかく爽やかで、最高の読後感を味わえる。

  • 数日間長距離を歩行する行事に参加する高校生たちの作品。運動が出来ずとも、こういったことは割と好きだった自分の心情とマッチしているなと思った。

    点数:63点

  • 恩田陸ファンなのに、この代表作が未読だった。「六番目の小夜子」といい「ネバーランド」といい恩田陸の書く学園ドラマには凄く良く出来た魅力的な高校生がたくさん登場する。

    本書の貴子と美和子と杏奈にしても融と忍にしても、ただ一緒にいて楽しいとか好きだとかだけじゃなく、お互い相手のいい性質を認めて尊敬しあっている。

    自分が高校生の頃、連んでいる友達はいても尊敬出来る友達はいなかった。おそらく自分自身が幼かったために、近くに魅力のある人がいてもそれを魅力と感じられなかったんだろう。そんなわけで、恩田陸の小説に出てくる高校生達がとても羨ましい。

    「夜のピクニック」は大きな事件が起こるでもなく、大きな謎を解くわけでもないのに、最後まで程よい緊張感を維持しながら読まされてしまう。秀逸だ。

  • これはもう何度も何度も読み返してしまう本ですね。
    何というか恩田さんの世界観、大好きです。
    描写がさらさらしてて、主人公も、主人公を取り巻く人物たちもそれぞれ魅力があって、眩しくて、初めて読んだ日の夜は興奮して寝られませんでした(笑)
    特に忍の「臭くて、惨めで、恥ずかしくてみっともないもの。あいつにはそういうものが必要だと思うんだよね」
    ここの言葉が、純粋にかっこいいなって思っちゃいました。
    高校生活最後の歩行祭。互いに交差する想い。

    高校生の間に読んでおいてよかったなーって思える本だったと思います。

  • 青春小説。若いときに読んだらまた違う感じ方なんだろうなー。

  • クラスっていうまとまりって外から見るとこんな風に見えるんだなって思った

  • こんな行事があるというだけで毎年なにか起こってるんだろうなと想像してしまいます(笑)
    なぜか最初の方で和菓子屋の子がお菓子?を配るシーンが印象に残ってます。疲れた時のお菓子って本当に美味しい(笑)

  • 心理描写が素晴らしい。自分が高校生の時ってこんなにしっかり物事を考えていなかった様に思う。

  • 全校生徒が夜を徹して80キロの道のりを歩くという、北高の伝統行事「歩行祭」を舞台に、異母きょうだいの甲田貴子(こうだ・たかこ)と西脇融(にしわき・とおる)が変化するいきさつを描いた作品です。

    高校生が会話しながら歩いているだけなので、複雑なプロットなどはありませんが、何気なく交わされているような高校生どうしの会話のやりとりの中で、彼らの心境に変化が訪れる展開をつぶさに描き出しています。1年前にアメリカへ旅立った榊杏奈(さかき・あんな)の「おまじない」の内容が明らかになるシーンや、最後に貴子と融が心を開くシーンは、なぜだか分かりませんが強く物語に引き込まれます。

    とくに、融に想いを寄せる内堀亮子(うちぼり・りょうこ)のキャラクターなどに、ジュニア小説的な作り物臭さを感じるのも事実ですが、それが少しも嫌ではなく、むしろていねいに作り込まれた作品という印象を持ちました。

  • んー、ロードムービーの変形??
    W.サローヤンの「パパ、ユーアークレイジー」を思い出します。
    (ああ、好きだったなあ!これ!!)

  • 青春を詳しく書いた本だった。
    歩きたくなった。

  • 爽やか系青春小説。いい意味でだらだらしてる。

  • ただ歩くだけなのに、いろいろな青春ドラマがある。このような設定、雰囲気作りは初めてですごいと思いました♪ 一緒に歩いて、悩んでる気持ちになりました。限りある青春を懐かしく感じたり!その時は面倒くさいのに、今だったら大切な時間だったそういう事を思い出させるお話です。

全2500件中 1 - 25件を表示

夜のピクニック (新潮文庫)に関連する談話室の質問

夜のピクニック (新潮文庫)に関連するまとめ

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)の単行本

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

ちびネコ どんぐり

ねこまき

猫カフェ行くより、猫マンガだ!

『まめねこ』でお馴染みのねこまきさんの描くエッセイ猫マンガ。猫たちのしぐさや表情がとにかく愛らしいです。
例えば、空を眺めている後ろ姿。背中をブラッシングされているときの恍惚の表情。狭い隙間で丸まって寝る姿。おやつをねだる俊敏な動き、ゲットしたときのにんまり顔。新米猫の登場による先パイ猫の戸惑い。遊んでほしい新米猫。そっとしておいてほしい先パイ猫。ふたりがじょじょに仲良くなっていく様子。そんな猫たちの日常を見ていると、まるで猫と触れ合っているかのようなしあわせ気分になれます。後半は、予期せぬ展開になるので、油断しているとほろっと泣いてしまうかもしれませんよ。

本の詳細&レビューを読む»