夜のピクニック (新潮文庫)

  • 21400人登録
  • 3.82評価
    • (2709)
    • (3014)
    • (3466)
    • (356)
    • (82)
  • 2540レビュー
著者 : 恩田陸
  • ¥ 724
  • 新潮社 (2006年09月07日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101234175

夜のピクニック (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 高校生が夜歩き続ける話。この夜通し歩き続ける中に友人との語りや、異性との語りがある。主人公の融、貴子の関係も話が進んで行くにつれ、進展していく。あぁ、いいなぁ青春って、高校時代にこんな歩行祭を自分も体験したかったと心から思う。

  • ただ、ひたすら歩く中で、青春があり非常に日常的な感じを受けました。「好きな子をいじめちゃう」的発想で、嫌悪感があった気持ちをこの歩く日常的な行動でゆるやいでいく気持ちがいいですね。

  • 青春!あったかい話。出てくる人物みんな気に入るくらいみんないい子

  • 本屋大賞を受賞するなど評判の高い1冊。大いに期待して読みました。面白かったですが、やはり高校生の心理というのは遠い昔の世界で、どこまで感情移入できたかと問われると少し厳しかったかも。
    24時間歩くというこの高校のイベントは、状況設定としてとても面白い。実際にあったらぜひ参加してみたい。いや、高校生としてじゃくなくても、中高年のイベントでもいいから、、笑

  • 小説も映画も大好きな作品です。キャッチコピーも良かった。ただただみんなで歩くだけなのに、それが特別な思い出に変わっていく瞬間が魅力的。登場人物の微妙な距離感、「引き算の優しさ」のように印象的な言葉も魅力的です。

  • 貴子の性格が自分と似ている。おおらかな子に見られているけど、実は反応が鈍いだけで、後になってから「そういえばひどいこと言われた!」って思い出して一人でむかむかする。ってゆうところが「わかる!」って思っておかしかった。

  • 高校を基点に丸一日かけて歩く歩行祭。日常的な風景の中をいつもの仲間と歩き続ける非日常。読後に残ったのは、今しかできないことをやり遂げた清々しさだった。直面している問題だけでなく、その先に予想されることにもきちんと目を向けられている点に好感を持った。大人びすぎている印象はあるにしても、ね。

  • おもしろかった。一気に読めた。
    高校生だったころの、気持ちが蘇ってきた。
    ストーリーは、重いテーマを含んでいながらも、最後が爽やかだ。

  • すっきりする作品。いかに疲労の度合いを読者に伝えるかを考えているように思った。

  • 青春ていいね。
    とても良いお話でした。

  • 読んだきっかけは本屋大賞だったと思う。
    初めて読んだ恩田陸の本。

    初読はたしか高校生の時で、正直、覚えていない。
    近いうちに読み直したい。

  • 一気に読んだ。

    高校時代、いろんな悩みや思いがある(一部は重い)けれど、さわかやに読み終えた。

    自分の場合はどうだったろうかと、遠い目をしてみた。
    そんなに悩みはなかったけれど、当時、その時に解決しない不安や悩みでいっぱいだったような気がする。もう忘れた…。

    その点、主人公の親友は俯瞰した視点で自分や友人たちをとらえているのはでき過ぎかと思うが、今の自分が読むとすんなり受け入れられた。なぜだろう?
    彼らの言葉に、すごく良いセリフがいくつもある。
    素直に感心した。

    小説になるような特段特異な経験はなかったけれども、当時のモヤッとした、ツンとした、シュワッとしたいわゆる甘酸っぱい想いが一瞬思い起こされたような気がする。

    当時、自分は自分の人生の主観でしか、考えたり感じたりしなかったなぁと。アオかった。今思うとこっぱずかしい。
    けれど、それはそれでよかったと読了後、布団の中で納得しつつ眠りについた。

  • 多くの人物が登場するのにその中に無駄が少なく、青春モノとしては重いテーマを扱いながらも最後には爽やかな形で物語を締める。できれば十代の頃に読んでおきたかった。

  • 高校の現代文の授業で取り上げられてからもういちど読み返してみました。これから大人になるにつれて関係性がどう変化していくのか想像するのも楽しみだと思います。

  • 読んでいるだけで私自身も彼らと一緒に歩いている感覚に陥り、登場人物それぞれの思いや行動、言動、その全てに心が動かされました。そしていつの間にか夜のピクニックの世界に入り込んでいて… この作品を初めて読んだのは中学生の頃で、時々読み返す本のうちの一つです。本をもっと読みたいと思ったきっかけになった作品ですね。

  • 自分の高校時代を思い返して、懐かしくすこしくすぐったいような気持ちになった。
    高校の時は、世界が狭くて、目の前の社会が全てだった。
    大学に入って、幅広い年代の人と話をするようになって、色んな社会に属するようになって、体に巻き付いていた紐が外れていくような、自由を手に入れた感覚が蘇ってきた。

    高校の時は、目の前の世界を華やかに飾り付けて、それが自分にとって完全なものだったけど、もっと違う幸せがあること、でも若い頃はみんなそんな感じなのかな、と思ったり。

    外国にいた時に読んだからか、なんだかとても思い出深い一冊。

  • 再読。もっと初期の数作目の作品だと勘違いしていた。あんなホラーやこんなミステリーを書いた後で、こんなに気持ちのよいほのぼのして爽やかな作品を書いたなんて信じられない。「みんなで夜歩く。ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろうね」という言葉が以前読んだときよりも、じっくりと沁みてきた。たぶんもっと年取って読むと、もっともっと沁みるんだろうなあ。登場人物全員(ただし内堀亮子を除く)とぜひお友達になりたい、魅力的な一冊です。

  • 一対の男女がそれぞれ一人称で、一夜に煮詰めた繊細な青春の機微を綴り語る物語。

    いろいろ納得はできたし、頷けるシーンも多かったが、心の底から共感に浸れるのは中〜大学生くらいまでな気がする。
    若干青臭く感じる、というか醒めた頭で理性的に読んでしまうのはきっと自分が大人になって感受性が磨耗してしまった所為だろう…

    話中で忍くんも言っていたけど、若いうちしか聞き取れないノイズ、感じられない空気がある。
    読むなら絶対に若いうちに、若い世代にこそ受け継がれてほしい。そんな一冊。

  • 物語の中の風景、状況をモノクロにすることで、登場人物の心理描写が様々な色彩を持っていて、きれいな本だな、という印象を受けました。歩くなかで、今までとは違う自分を見つけ、自分が知らなかった友人の一面を知る。歩行祭は彼らの人生そのものなんだと思いました。

  • 初めから最後まで中だるみすることなくとても楽しく読めた
    目線が切り替わりながら進行していくから主人公二人ともに共感しやすく次々起こる出来事をリアルタイムで楽しめた

  • この本が一番好き。
    誰が何と言おうと好き。
    毎年一回は絶対読んでます。

  • アクションはあまり伴わない 会話と想起で話が進む
    甘酸っぱい学園モノ

全2540件中 1 - 25件を表示

夜のピクニック (新潮文庫)に関連する談話室の質問

夜のピクニック (新潮文庫)に関連するまとめ

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)の作品紹介

夜のピクニックは恩田陸さんが高校生を主人公にして描いた小説です。
小説の舞台の高校で、24時間耐久のピクニックが学校行事として行われます。高校生が昼食と夕食を食べ、仮眠をとりながらひたすら歩きます、ただ歩くだけということですが、その非日常的な行事を通して、登場人物たちが成長していく作品です。

夜のピクニック (新潮文庫)の単行本

夜のピクニック (新潮文庫)のKindle版

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

読書で賢く生きる。 (ベスト新書)

中川 淳一郎/漆原直行/山本一郎

ビジネス書読みは必読!!!?

「ビジネス書ぶった斬りナイト」というイベントに出演している、「ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない」の著者である漆原直行さん、編集者の中川淳一郎さん、ブロガーとしても有名な山本一郎さんの3人の対談と、それぞれのビジネス書についてのコラムを主体とした新書となっています。
それぞれの立場から、ビジネス書との接し方・考え方が書かれていますが、全体通して書かれていることは、よく言われる話でもありますがビジネス書の古典に当たるべきだという話です。そして、どの本を読むべきかというのが書名がかなり提示されており、この新書1冊がビジネス書のブックガイドとなっています。
本書の冒頭では「読書好きでもなければこの本は買われないだろう。」と書かれていますと書かれており、ビジネス書を多読している人には響く内容が沢山書かれていると思います。
ビジネス書を読んでも、デキる人になれないなぁ、、と感じてる方に読んでいただきたい一冊です。

本の詳細&レビューを読む»