たそがれ清兵衛 (新潮文庫)

  • 1554人登録
  • 3.71評価
    • (139)
    • (199)
    • (269)
    • (20)
    • (5)
  • 169レビュー
著者 : 藤沢周平
  • 新潮社 (2006年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101247212

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ヘルマン ヘッセ
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

たそがれ清兵衛 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 短編集。
    いずれの話も、普段は冴えない男が実は有能な剣士で、いざとなったときにえいやっとやってくれて周りが見直してハッピーエンドっていうだけの話。
    読み終わったとき、どの話がどれだったかわからなくなるぐらいワンパターンでつまらないかった。

  • 普通に面白かった
    それぞれのタイトルの特徴を持った主人公が色々活躍するのが
    どういう形で特徴が武器になるのか想像出来なくて
    わくわくしながら読めました

  • 現代の企業戦士も江戸時代の武士も本音は同じだと思う。人と違っていることが一般的な評価を下げるかもしれないが、信念を貫くことはやはり大切だと思う。「ごますり甚内」「ど忘れ万六」「だんまり弥助」「日和見与次郎」他8編。映画は真田広之,宮沢りえ,小林稔侍他。

  • 傑作短編集。

    なかでも表題の「たそがれ清兵衛」は、名品。

    その他の7編も、印象深い。

  • 著者と書名の作品があることは知っていたが初読みである。また、8編から成る短編であったので、読み始めて驚いた。それぞれが下級藩士を主人公としており、様々な事情で藩の重要な役割を担わされる。ワンパターンな展開ではあるが、勧善懲悪の爽快さを持つ。著者の長編を読んでみたくなった。

  • ぱっとしない武士が実はとんでもない実力を隠していて、藩の派閥抗争の中で活躍するという、マンネリ。
    必ずこの展開なので、後半になるほど慣れて読みやすくなる。
    時代背景がわからなくてもあんまり関係ない。

  • 不景気な江戸時代の、生活が苦しい武士の話。江戸時代は最近エコの観点から見直されているが、実際どういう時代だったのだろうか?貧しさ、身分制による息苦しさはどれほどのものだったのだろうか?

  • 短編集
    8作で全て主人公は異なるが、全員が剣の腕が立つ

  • 下城の太鼓が鳴ると、いそいそと家路を急ぐ、人呼んで「たそがれ清兵衛」。領内を二分する抗争をよそに、病弱な妻とひっそり暮してはきたものの、お家の一大事とあっては、秘めた剣が黙っちゃいない。表題作のほか、「ごますり甚内」「ど忘れ万六」「だんまり弥助」「日和見与次郎」等、その風体性格ゆえに、ふだんは侮られがちな侍たちの意外な活躍を描く、痛快で情味あふれる異色連作全八編。

  •  風采は冴えず、仕事や出世という意味でもパッとしないながら、いざという時には実力を発揮する中年・下級武士を描く短編8本。大仰なカタルシスこそ小さいが、宮仕えにおける善行が生み出す結果にニヤリと出来る作品が揃う。

     基本プロットや主人公の技能・性格、あるいは置かれた立場が似ているので、一日一編とか、一週間に一編とかにするとより楽しめるかな。

  • (下城の太鼓が鳴るといそいそと帰路を急ぐ)たそがれ清兵衛、(へちまのうらなりのような顔をした)うらなり与右衛門、ごますり甚内、ど忘れ万六、だんまり弥助、などなど、どの短編も世間から蔑まれたり馬鹿にされたりしている武士が主人公。彼らは実はとっても強く、上意討ちの討手になるなどして意外な活躍をする。8つある短編のどれもが同じ展開だった。

  • 映画になるのだから長編だろうと思い込んで表題作を読んだので、これで終わり?!と驚いたがそれは私の早とちり。
    驚いても尚、読み終わって染み入るもののある表題作はじめ、収録作全てが良い。
    多数の人物を描いているが、どれも違った人間として地に足がついているのが見事。
    ほろ苦いとはこういうことだなぁ…。
    ラスト二作がとりわけ好みだった。

  • 短編集で読みやすかった。
    主人公はどれも一癖ある人ばかりだけど、みんなやる時はやる。笑
    個人的には最後の臭い人に幸せになってほしい。笑

  • 「たそがれ清兵衛」「うらなり与右衛門」「ごますり甚内」「ど忘れ万六」「だんまり弥助」「かが泣き半平」「日和見与次郎」「祝い人助八」、以上八名の刺客の短編集。それぞれ「能ある鷹は爪を隠す」的凄腕剣士。

  • 短編集。

    淡々と面白かった。

    各々のキャラクターの生活ぶりが
    上手く描かれていて
    スッゴいドキドキ感とかはないが
    読後感がよい作品集だった。

  • たそがれ清兵衛のみ読んだ。
    藤沢周平の作品はあまり読んでいない。
    というか、時代小説全般を読んでいない。

  • 筋は単純だが、何とも言えない品がある。

  •  ここに描かれているのはいずれも事情を抱えた下級武士である。清貧に生きながらも隠れたる剣術の腕前を持っていた。

  • 何回読んでもいい。
    「いい」というのは、「おもしろい」「痛快」「発奮」「妖艶」「癒し」などを指す。
    たそがれ、うらなり、ごますり、ど忘れなど見た目や性格・態度に問題がある下級武士が隠し持ってる“スキル”のために名誉を保つ。この“スキル”は現代では“ジョブ”に置き換えられるか。ゆるがない何かを身につけたい。

  • 出世街道から外れた場所で、ひっそりと暮らす剣の達人の物語。

  • 藤沢周平の短編集。一癖ある江戸の武士が主人公の小話が8つある。
    正直に言うと、以前読んだ「時雨のあと」のほうが面白かった。
    安心して読める。最後はどれもほんわか温かいというか、小気味いいというか。普段さえない男達が剣で魅せる。

  • 普段はさえない侍だが、実は剣の達人で・・・という主人公たちの短編集。ワンパターンさは否めないが、どの主人公にも一本、筋が通っており読後は爽快であった。

  • 短編でこの知名度

全169件中 1 - 25件を表示

たそがれ清兵衛 (新潮文庫)に関連するまとめ

たそがれ清兵衛 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

たそがれ清兵衛 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

たそがれ清兵衛 (新潮文庫)の単行本

たそがれ清兵衛 (新潮文庫)の単行本

たそがれ清兵衛 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする