ビート―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)

  • 982人登録
  • 3.57評価
    • (45)
    • (146)
    • (173)
    • (15)
    • (2)
  • 91レビュー
著者 : 今野敏
  • 新潮社 (2008年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (545ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101321547

ビート―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ユニークな警察小説。
    家族に容疑者の疑いを持ち、焦燥し苦悩する刑事、そして今回はわき役気味な家族思いの樋口警部。
    二人を中心に、犯人捜しよりも、捜査に携わる刑事のプライバシーに主眼を置いて、物語は展開する。
    作者自らあとがきでも述べたような力作。
    警察も、生身の人間が集まった組織だということを改めて思う。
    このシリーズが、まだまだ続くことを期待する。

  • 銀行の粉飾決済捜査を担当する刑事。下見で大学柔道部の後輩で長男も後輩、柔道教室の先生に遭遇。ガサ入れする銀行の行員だった。飲みに誘われる
    土下座され、息子さんから聞きました。ばれたらまずいですよね?ガサ入れの日取りを教える。ガサ入れ失敗
    長男はOBには逆らえない。高校中退の弟に相談?両親とは全く口をきいていない。父と長男を脅した。マンションで待ち伏せするが、投げ飛ばされた。現在、妻とか別居。不倫している。女が訪れた翌朝、銀行員死亡。弟は目撃されている
    弟はダンスに興味をもちスクールに通っている
    片思いのダンサーを目指すキャバクラ嬢。

  • さすが今野さんの作品だけあって、安定感のある警察ものだった。皮肉にも、息子が容疑者ではないかと疑いだして、初めて息子とキチンと向き合う事になった刑事。エンディングは呆気なかったが、いい話だった。

  • 3作目は親子の物語
    あとがきあるように前作もそうだが、推理に重きを置かず、人間ドラマを強く意識されている作品
    作者によると一つの集大成であり思い入れがあるとも
    読み応えのあり

  • ・面白かった。エチュードより全然よかった

    ・操作情報をもらした刑事、息子2人

    ・心は普通の人なのに、周りからは鉄面皮みたいに
     思われている樋口刑事

    ・事件自体よりは、心理描写が面白かった

    ・グレてた息子は応援したくなり、おやじ刑事は
     不器用で頭悪いけど憎めない

     登場人物がよかった

  • 今回は物語に入っていくのに少し時間を要した
    最後はいつものように あっという間の30ページって感じ

  • そんなに驚かない展開でした〜。

  • サクサクっと読めて楽しめました。ちょっとしたことで、親子だけでなく、人間関係って歯車がかみ合わなくなるんですよね。

  • 樋口シリーズで一番よかった。キャラクターが立ってる作品はいいですね。テンポもよかった。

  • 子供の心は難しいけど、あきらめる必要はないし、なんとかつながっていなくちゃいけないと思った。

全91件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横山 秀夫
宮部 みゆき
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

ビート―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビート―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビート―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビート―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビート―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)の作品紹介

警視庁捜査二課・島崎洋平は震えていた。自分と長男を脅していた銀行員の富岡を殺したのは、次男の英次ではないか、という疑惑を抱いたからだ。ダンスに熱中し、家族と折り合いの悪い息子ではあったが、富岡と接触していたのは事実だ。捜査本部で共にこの事件を追っていた樋口顕は、やがて島崎の覗く深淵に気付く。捜査官と家庭人の狭間で苦悩する男たちを描いた、本格警察小説。

ビート―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする