模倣犯1 (新潮文庫)

  • 7053人登録
  • 3.88評価
    • (805)
    • (915)
    • (1002)
    • (47)
    • (16)
  • 566レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2005年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (584ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369242

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

模倣犯1 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • とにかく中だるみがすごい。ストーリー展開はあるんだけど、惹きつけられるほどの面白さはない。そして読んでる途中にドラマ見たことあって、すでにネタバレしてることに気がつく。5冊買っちゃったから読むけど。

  • 面白い。
    続きが読みたくてしょうがない。
    登場人物が沢山出て来るが、これからどうつながっていくのか。亡くなった犯人二人はどういう位置づけなのか。

  • 全巻読んでの感想
    これぞ劇場型犯罪!!というべき事件。
    犯人は心底犯罪を、そして世間の反応を楽しんでいる。
    刺激的な演出、マスコミを巻き込んだ犯行声明、そして小出しにされる証拠の品々。
    前半では被害者遺族を含め、事件に関わった人たちが犯人に翻弄され、さらに傷を広げ痛みを感じ続けるようすをこれでもかと提示してくる。
    後半、事件は大きく動く。
    人の良さだけが取り得のような優しく思いやりのある青年。
    自分の愚かさに気づかず、自分もまた「出来る人間」だと勘違いして暴走する青年。
    彼らの死こそが、事件がクライマックスに向かうファンファーレとなった。
    終盤から結末にいたる展開は圧巻だ。
    真犯人に仕掛けられた一発逆転の罠・・・滋子の決意が彼の完璧とも思えた演技を打ち崩していく。
    歪んだプライドは他者を物のようにしか感じない。自分だけが賢いと高みから冷ややかに見下している。
    しかし、その間違った歪んだプライドが彼を破滅へと導いていく。
    登場人物のそれぞれが丁寧に描写され、立体的な個性として読者に提示されていた。
    悲惨な過去を背負った男子高校生と彼を憎むことで生きていくことが出来る少女。
    愛する孫を無惨に殺されても尚、毅然とした態度を貫く祖父。
    事件の本質を追い求めながらも、自らの考えに固執しがちな滋子。
    とくに、祖父・有馬義男がいい。彼がいることで物語が単なる事件物ではなくなっているような気がする。
    どんなに知的レベルが高かろうが、犯罪に手を染めた時点で「愚かな」人間に成り下がってしまう。
    誰にも大切な誰かがいる。そして、誰もが大切な存在なのに・・・わかろうともしない犯人は、やはり愚かだ。
    映像化もされているけれど、この物語の素晴らしさは読まなければわからない。

  • 何度読んでも飽きない大好きな作品。この作品は本当によく出来ている。宮部みゆきの中で一番好きかな!読み応えもあるし。1巻で印象的なのはやはり有馬義男。絶望の中でも闘う姿は本当に格好いい。

  • 第1巻。
    警察とマスコミに対して挑発的な電話をかける、連続女性誘拐殺人犯。
    僅かな手がかりを元に少しずつ犯人像を掴んでいく警察。

    犯人と警察の追走劇が始まると思いきや…
    2人の男が交通事故によって死体で発見され、1人の部屋から犯人を決定づける証拠が出てくる。

    この先どうなる?あと4部。

  • ここ半年ほど、余裕がなく読書する機会がほとんどなかったため、久しぶりにゆっくり本を読みました。
    さすが名作と言われてるだけあって、後半に差し掛かるとぐんぐん面白くなりました。展開も早く、先を急ぐ気持ちにさせてくれます。
    いま一巻を読み終えたところですが、手元に二巻がないので(図書館で予約中)やきもきしてます…笑

  • 何度目かの再読。大好きな本。ベスト5に入るかも。

    5巻のうちの1巻が終わっただけなのに、真犯人が判明し事件が解決したような終わり方。真実はこれから明らかになるのに、ここでこの終わらせ方はすごい。何回も読んでるので結末も過程も分かっているのに、ハラハラドキドキさせられてのめり込むように読まされる。
    次巻に続くー。

  • 文庫五冊、計約2500ページ。
    宮部さんの超大作。
    確かに長いが、長さを感じさせない本だった。

    大まかに3部に分かれ、
    1部:事件を被害者視点から描く
    2部:事件を加害者視点から描く
    3部:事件の後、ピースが捕まるまでを描く
    となっている。

  • 宮部みゆき作品、初読み。
    ずっと気になっていた作家ですが、特に理由もなく今まで避けて通ってきた。

    模倣犯は過去に映画やドラマになっていることは知っていたが、一切見たことがない。
    この作品では残酷な殺人事件が起きるのだが、それよりも有馬さんやテレビ局などにかかってくる犯人からの電話が印象的です。人を小馬鹿にして楽しむ犯人の本当の目的は、一体何なのだろうか?

    犠牲者や悲しい思いをする人が、これ以上増えませんように!と祈るのだが、あと4冊、これからもっと凄いことになっていくんだろうな。
    続きが楽しみです。

  • 文庫本で5冊もあるのに、この1巻目から重厚な内容のミステリー作品ですね!連続殺人事件の劇場型犯人と被害者家族の人間模様や死体の一部の第1発見者となった青年の過去の事件など、複雑に絡み合って、犯人の真の狙いは何なのか?今後の展開が全く読めず、この一冊でも完結してしまうほどの大作です!
    これからの展開が楽しみですし、あと4冊もあると思うと、この先に待ちうけている展開がどうなっていくのか?二転三転ありそうでハラハラドキドキものです!

  • 最初から丁寧な描写で引き込まれ、感情移入してしまう。思わず電車内で泣いてしまった。。
    全5巻の1巻。
    遺体が発見され、犯人も判明。
    今後の展開と模倣犯というタイトルが気になる。

  • よるひとりであるくのこわい。

  • 2016.7/2〜7。1巻目。以前は途中で断念したが、ドラマ化と聞き再読。1人ひとりの心理描写が非常に丁寧なため、その都度感情移入してしまう。今後はどう展開していくのか。

  • とうとう読み始めました

    全5巻なのにこんなに話が進んでいいのかなぁ?
    犯人だよね?

  • 昔、映画を見て、微妙な感想だったので、敬遠してました。今になって何気なく手に取ってみたら、手が止まりません!かなり読み応えがあります。義男さん、被害者家族の気持ち、涙が止まりませんでした。

  • 信頼している読み手が、娯楽小説の金字塔と賞していたので手にとったが、大変退屈なものだった。
    1巻の340ページで断念。
    古臭いセリフ回しとファンタジック(紋切り型)なトウジョウジンブツ、劇場型犯罪の虚構感に辟易。
    その遅々として進まぬ話とじめっとした身の上話に、もはや、犯人などどうでもよくなる。
    そして俺は音楽を聴いて掃除をはじめる。

  • 2016.5.20
    被害者の親族視点
    警察視点
    マスコミ視点

    犯人の死?

    なぜ、犯人は裁かれないのか。悪いことをしたのに、話を聞いてもらう権利がある。

  • とうとう読み始めた。
    この人の書く人物や大衆心理は、どうしてこうもリアルなのかと思う。
    読んでて気分が悪くなるようなこともあり、ぐさぐさくる。

  • 2016年1月16日読了

全566件中 1 - 25件を表示

模倣犯1 (新潮文庫)に関連するまとめ

模倣犯1 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

模倣犯1 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

模倣犯1 (新潮文庫)の作品紹介

墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見された。やがてバッグの持主は、三ヵ月前に失踪した古川鞠子と判明するが、「犯人」は「右腕は鞠子のものじゃない」という電話をテレビ局にかけたうえ、鞠子の祖父・有馬義男にも接触をはかった。ほどなく鞠子は白骨死体となって見つかった-。未曾有の連続誘拐殺人事件を重層的に描いた現代ミステリの金字塔、いよいよ開幕。

ツイートする