インテリジェンスの賢者たち (新潮文庫)

  • 146人登録
  • 3.39評価
    • (4)
    • (9)
    • (16)
    • (4)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 手嶋龍一
  • 新潮社 (2010年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101381169

インテリジェンスの賢者たち (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 手嶋さんによる、現実のインテリジェンスオフィサーの風景。
    情報を扱うことの怖さ、を知った気がします。

  • インテリジェンスへの造形が深い手嶋さんの、フィクションなのかご経験談なのか見聞なのか、ファジーな部分を付加している短編集です。
    なかなかファンタジーで、就寝前のお供にいいかと思います。
    自分はその様に読みました。

  • つまんなかった

  • 大いにうなずいた著者の友人の言葉『警察官はイギリス人、料理人はフランス人、機械工はドイツ人、恋人はイタリア人、そしてすべてがスイス人の手で運営されている、これこそが天国だ』『警察官はドイツ人、料理人はイギリス人、機械工はフランス人、恋人はスイス人、そしてすべてがイタリア人の手で運営されている、これこそが地獄だ』

  • インテリジェンス・エッセイ。語り口が気取りすぎと言えなくも無いが、持ち味とも言えるし、題材が面白いので良し。

  • アランセーターの人、秀逸…

  • 情報を取るためには取る対象と同じ立場にならないと取れないことを実感した。

  • 今後の日本の行く末を占う本

  • 2010年92冊目

  • 2010/9/2 Amazonより届く
    2011/5/9〜5/14

    湾岸戦争当時、NHKのワシントン駐在として独特の語り口調で有名になり、現在は外交評論なども行っている手嶋氏のエッセイ。駐在員時代知り合ったいろいろなインテリジェンス関係者の思い出をつづっている。とてもチャーミングな人達だなぁ。
     日本の外交は第二次大戦以降二流に成り下がってしまっている。外交はこちらの都合、価値観だけではいかんともしがたい部分があるので、日本にもしっかりとしたインテリジェンス部門をつくらないとどんどん国益を損なってしまうのではないだろうか。

全11件中 1 - 10件を表示

手嶋龍一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

インテリジェンスの賢者たち (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

インテリジェンスの賢者たち (新潮文庫)の作品紹介

美しき薔薇に謎めいた名札を添える老女。鋭い警句を発する黒衣の碩学国王の信頼厚いドン・キホーテ。世界には、情報の奔流から未来を掴み取る目利きたちがいる。ケンブリッジ、マドリッド、ワシントンD.C.時に取材者として、時に旅人として著者は各国のエキスパートと交友を続ける。本邦唯一のインテリジェンス作家が切り取った、二十九の光景。

インテリジェンスの賢者たち (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする