未成年 上巻 (新潮文庫 ト 1-20)

  • 313人登録
  • 3.64評価
    • (18)
    • (22)
    • (36)
    • (4)
    • (1)
  • 22レビュー
制作 : 工藤 精一郎 
  • 新潮社 (1969年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (632ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102010150

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ドストエフスキー
村上 春樹
ドストエフスキー
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

未成年 上巻 (新潮文庫 ト 1-20)の感想・レビュー・書評

  • ドストエフスキーの後期五大長編作品の中の一作品。
    主人公アルカージィは二十歳そこそこの青年。
    過剰すぎるほどのプライドの持ち主で、読んでいるほうが恥ずかしくなるようなことをしでかしてしまうしで、青二才なんですね。
    アルカージィには父親が二人いる。
    実父は貴族、そして戸籍上の父は家僕で庭師。
    私生児で育てられ、子供のころは苛められっ子だったせいか素直さがなく反骨的。
    父親の存在が常に抑圧されていて、愛憎が激しくバランスの悪い精神状態で危なっかしく思えた。

    登場人物の名前が覚えられなくて途中、何度も引き返して読んでいたので、すんごく読了まで時間がかかってしまった。
    下巻は早めに読めたらなぁと。

  •  アルカージイって私にそっくりだと思う。

  • ドストエフスキー五大長編の中でも、難解な作品と評されることのある「未成年」。
    少年から青年への成長途中である主人公が、父との再会、女性への恋、理想の追求と挫折などの様々な体験をし、一段上の精神の成熟さを獲得していく物語です。
    経済的・社会的には「未成年」という留保がつきながらも、思想的には自身を「成熟している」と考え、そのコンフリクトに苛立ち悩んだり、「自分が正しい」という自信と「自分は未熟なだけではないか」という懐疑との間に揺れ動き、一貫性を保てなかったりという主人公の苦悩は現代人にも共感できるのではないでしょうか。

    大変示唆深い作品でした。

  • 『白痴』以来、久しぶりのドストエフスキー。晩年の作らしい。
    めちゃくちゃ面白い。面白すぎる。
    本作の核となる原動力はずばり、登場人物たちがいくら卑劣な側面を持っていても、彼ら彼女らの「格」をなるべく落とさないように書いているということにあると思う。
    それって、ものすごく小説というものを尊敬している証拠だと思う。

  • まず五大長編を読破して安堵…主人公のアルカージイが同い年で若さの権化で恥ずかしくてしょうがないけど等身大の共感があって今読めてほんとに良かった、真に人間的で人道的で善良な大人になりたい、そんな若者を導くドストエフスキーからのメッセージがたくさんあるんだろう

  • 自殺、妊娠。腹の探り合い。実父(ヴェルシーロフ)に子(アルカージィ)はあるときは不信、あるときは絶対の崇拝と激しく揺れ動く感情。祝宴性が全開だ。上巻終盤に出てくる親子の対決?の場面は見物だ。キーアイテムは手紙。ロシアにおけるサモワールの意義の描写もなにげなくいい。

  • 色々と巻き起こる小説で人物を把握したりするのに時間がかかる・・・正直読みやすくはないけど、同時にすごく惹きつけられる。理想と現実の狭間で揺れ、複雑で極端な性格をした主人公はドストエフスキー的な気がするなぁ・・・。

  • メモ

    アルカージィ・マカーロヴィチ・ドルゴルーキー
    ヴェルシーロフの私生児21歳。父性求めすぎ。

    マカール・イワーノヴィチ・ドルゴルーキー
    戸籍上の父。巡礼者。50歳

    ソフィヤ・アンドレーエヴナ
    アルカージィの母。マカールの妻。ヴェルシーロフの内縁の妻。当時18歳

    アンドレイ・ペトローヴィチ・ヴェルシーロフ
    アルカージィの実父。彼をペテルブルクに呼ぶ。

    タチヤナ・パーヴロヴナ・プルトコーワ
    ヴェルシーロフの屋敷に住んでいた女地主。仲悪い。

    ソコーリスキー老公爵
    富豪。三等官。アルカージィを俸給50ルーブリで雇うCher enfant

    セルゲイ・ソコーリスキー公爵
    ヴェルシーロフを頬打ちする。モスクワで係争中。アルカージイと親友になる。

    アンナ・アンドレーエヴナ・ヴェルシーロワ
    ヴェルシーロフの娘。アルカージィの姉22歳

    オリムピアーダ(クッション)
    公爵の被扶養者

    クラフト
    さらば。

    ワーシン

    アフマーコフ将軍
    ヴェルシーロフの友人

    娘カテリーナ・ニコラーエヴナ
    ヴェルシーロフに恋をする16.7歳

    アンドロニコフ
    法律家
    マーリア・イワーノヴナ
    アンドロニコフの妻

  • 読み始めはもう恐ろしい程つまらなくって、息を止めるように読むのですが、それでも一体なんなんだというくらい苦行に感じ、もういいや、読むのをやめよう、と思うあたりで急に面白くなってくるロシア文学の不思議。
    未成年らしい高邁で考えの甘い理想を掲げる主人公にいらっとしつつ、読み進めていました。
    歳取り過ぎたかな(笑)やはり学生のうちに読むべきだったな、と後悔しました。でも流石巨匠ドストエフスキー。普遍的に何歳だって読む価値がある。

  • ※このレビューでは上巻のみならず下巻もまとめて扱っています。

    【内容】
    私生児として生まれた主人公は、複雑な事情のもと、親から離れた所で育つ。
    幼い頃に、ひとときだけ父母それぞれと会った経験がある彼は、断片的な事実と捻じ曲げられた真実を糧として、両親の人物像や信念を妙なものにしていく。
    とあるきっかけから父母と妹のもとへ赴くことになった彼は、未だ大人になりきれぬ青さと、人ひとりが社会的に抹殺されうるほど危険な手紙を携えていた。
    青少年の性質とは。理想と折り合いとは。

    【類別】
    小説。
    全編にわたって、独白の要素が強いです。

    【書き表し方】
    多少の冗長さがあります。

    【備考】
    このレビューは以下の版の鑑賞に基づくものです。
    ・上巻…21刷(19刷改版)
    ・下巻…19刷(17刷改版)

  • 5大長編はどれも寝食忘れて読み耽ってしまうおもしろさです。
    この未成年は長編のなかではマイナーなイメージがある。
    読んだ当時は古本屋にしかなかったからこのリニューアルは嬉しい。
    主人公の回送シーンなどは涙が止まりませんでした。

  • ドストエフスキーの五大長編の中ではもっとも好きな作品です。まだまだ無力さを持った未成年の主人公が力を尽くして未熟さから脱しようとしている様が好きだったりします。

  • 「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」と読んでみての「未成年」。
    "五大作"として加えられることもあるようだけど、あまり心に残ることもなく本棚に並んでいます。
    もう一回読んでみようとは思うけど、今一つそそられないかなあ

  • 個人的には、罪と罰よりも面白いと思う。
    ちょうど主人公に近い年齢で読んだため、20年後にもう一度読み返してみたい作品。

  • ドスト氏五大長編のうちでは地味な一角。しかし、やはり面白い!散漫だとか難解だとか言われてるが、父と子の愛憎、遺産をめぐる陰謀、主人公アルカージイの『理想』という縦糸がサスペンス色交えて展開されるので、そんなにブレずに読める。ここでもやはり分裂する自我「魂の相克」が描かれる。

  • 地主の父と使用人の妻である母の不義の末に生まれた私生子アルカージイ。家族と引き離されて育った故に、孤独を主張しながらも家族を求める姿が見え隠れします。

  • 86
    130
    194
    299
    339
    369
    384
    400
    434
    471
    524
    548
    570
    608

  • 笑えるドストエフスキー。ごちゃごちゃし過ぎではあるが、悪霊好きならいける。

  • 本を読んで気分が悪くなった初めての作品。

  • ちんたらしてたら下巻行方不明

  • 読み中⇒忙しくて挫折
    ドストエフスキーの長編を読むのにはそれなりの時間の空きが必要。

全22件中 1 - 22件を表示

未成年 上巻 (新潮文庫 ト 1-20)に関連するまとめ

未成年 上巻 (新潮文庫 ト 1-20)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

未成年 上巻 (新潮文庫 ト 1-20)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

未成年 上巻 (新潮文庫 ト 1-20)を本棚に「積読」で登録しているひと

未成年 上巻 (新潮文庫 ト 1-20)のKindle版

ツイートする