黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫)

  • 942人登録
  • 3.59評価
    • (50)
    • (107)
    • (114)
    • (22)
    • (5)
  • 96レビュー
制作 : Edgar Allan Poe  巽 孝之 
  • 新潮社 (2009年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102028049

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
安部 公房
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 人間の残虐さ強欲さそして弱さ…。初めてのポーは暗くてジメジメして現実なのか妄想なのかはっきりしない靄がかかったような作品が多かった。

    「黒猫」前回と同じ場面でギャーとなった。人間の醜さが悲しい。「赤き死の仮面」王様の汚さに腹がたつ。巧みな色使いが物語を盛り上げる。「ライジーア」読みづらかった。「落とし穴と振り子」1番怖かった。薄暗い牢獄内で行われる拷問。息苦しくなった。「ウィリアム・ウィルソン」ドッペルゲンガー?彼が最後に殺したものは何か?「アッシャー家の崩壊」なぜこんな事に。館のしわざなのか。

  • まさにゴシックホラー。
    壮麗で神秘的な表現の中に、不気味でグロテスクな描写がたっぷりで、幻想の世界に浸れます。
    むかしに、子供向けの作品集で読んだことがあるはずだけど、このこねくり回したような独白調の語り口が何とも気持ち悪い。
    子どもが読む話じゃねーなと思う。
    非常に読みにくいです。
    が、独特な雰囲気と名作といわれる風格があります。

    解説まで読んで、なるほどねーとなる。
    最近のラノベでも引用されるのですから。

  • ポーの代表作6編が収録。
    喜々として読める作品はなく、むしろ背筋がヒヤリとするものばかりだけれど展開も早く読者を引き込ませる。人間の猟奇的な面をはらんだ作品が多い。
    「黒猫」はばっさりと終わるラストが逆に余韻を残す。

    収録作品:「黒猫」「赤き死の仮面」「ライジーア」「落とし穴と振り子」「ウィリアム・ウィルソン」「アッシャー家の崩壊」

  • 表題作よりも、落とし穴と振り子がかなりインパクトが強かった。

  • 短編集ゴシック編。内容は、「黒猫」「赤き死の仮面」「ライジーア」「落とし穴と振り子」「ウィリアム・ウィルソン」「アッシャー家の崩壊」の6作品。

    どの作品からも狂気・恐怖を感じた。主人公が体験しているものが伝わってくる。
    特に、「落とし穴と振り子」は背筋がゾクゾクした。時限式処刑台?ともいえる振り子。それがじわじわと接近し、左右に揺れるのを目で追う。囚人服を切り裂き、それがあと数往復で肉を切り刻もうとしているのを想像すると、気が気でなくハラハラし、一思いに殺してくれとも思う。機転を利かして寸前のところで逃げおおせるも、次は熱せられた壁が迫ってくる。炎の壁に挟まれるか、井戸に落ちるか。。もう終わりだと発狂寸前のところまで追い詰められる。ちょうどその所で、運良く助けだされ、ほっとして物語は終わる。しかし、死の目前のところを体験して、はたして今まで通りの日常を送れるのだろうか?

  • 「黒猫」「赤き死の仮面」「ライジーア」「落とし穴と振り子」「ウィリアム・ウィルソン」「アッシャー家の崩壊」を収録。
    表紙がかわいくもあり、不安にさせるようでもあり……中身を読んだあとにあらためて見るとどこかグロテスクで魅力的。

    けっこう期待して読みだしたのだけど、「ライジーア」と「落とし穴の振り子」のあたりでだれてしまった。「黒猫」とこのふたつは、語り手がまるで同じ姿かたちをしていそうに思えてくるのがいけなかったかも。これを同じ1冊の中で読むのはつらい。
    訳が固めで真面目なのもあって、つらつらと続く語りはただくだくだしい印象を強めるばかり。描かれる怪奇は光るだけに、語りの幻想性の薄さがもったいなかった。唯一既読の「アッシャー家の崩壊」も、前読んだもののほうがよかったかな。
    その点「赤き死の仮面」は趣も違って、ほどよく詩的で美しかった。こういうのは好き。

  • 黒猫 (1843) 酒乱、猫の殺害、妻の殺害。屋敷もの。猫ドッペルゲンガーという面も。
    赤き死の仮面 (1842) 流行り病から退避して豪奢な頽廃。屋敷もの。
    ライジーア (1838) 美女再生。ふたりの女。
    落とし穴と振り子 (1842) 拷問。
    ウィリアム・ウィルソン (1839) ドッペルもの。屋敷もの。
    アッシャー家の崩壊 (1839) 屋敷もの。早すぎた埋葬。美女再生。

    何度目かのまとめて再読だが、思った以上に物々しい言葉遣いがいいムードを漂わせている。

  • (内容)
    詩人であり、批評家であり、推理小説の祖であり、SF、ホラー、ゴシック等々と広いジャンルに不滅の作品の数々を残したポー。だがその人生といえば、愛妻を病で失い、酒と麻薬に浸り、文学的評価も受けられず、極貧のまま、40歳で路上で生を終えた―。孤高の作家の昏い魂を写したかのようなゴシック色の強い作品を中心に、代表作中の代表作6編を新訳で収録。

  • 黒猫・アッシャー家の崩壊

    エドガーアランポーを初めて読んだが、ゴシック編というだけあって中世的であったり神話的であったりする作品が集まっているように思う。象徴物が人間の精神を蝕んでいく奇妙な話や、分身の話、永遠の美女の話、地獄の話などなど。ウィリアム・ウィルソンは古典的な分身の話であるが、まさに映画ファイト・クラブやビューティフル・マインドのような話である。統合失調症の症状として現れる自己の化身の幻想の話は、どことなくジキルとハイドを想起させる。ジキルとハイドは二重人格者の話であるが、ウィリアム・ウィルソンやファイト・クラブは自分の分身が見えてしまうという話である。古典的ながら楽しく読むことが出来た。(ファイト・クラブをみていたため、オチは予想できてしまったが。。。。)

  • とくに「赤き血の仮面」と「アッシャー家の崩壊」が、読んでいてぞくぞくした。

  • 原文で読んでみたいと思いながらまた日本語で読んでしまった。ゴシックホラー。

  • ポーの短編集の中でも「ゴシック」をテーマとしたものを収めたものらしく、個人的にはピンと来た話が冒頭の「黒猫」くらいしかなかった。他の短編集も目を通しておきたい。

  • 日本風にリメイクしたら正に怪談!
    ポーの場合一人称なので読み手から話を聞いているような感覚で読める。
    黒猫はホラーではあるが死体の処理方法なども含めてミステリー要素もある気がする。

  • ところどころ読みづらいけど、雰囲気は好き。
    堕ちていく話、堕ちた底での話。

    表紙のデザイン素敵だなぁ。
    2と3もそのうち買ってみよう。

  • 2016/1
    色あせないスリルと爽快感。

  • Edgar Allan Poeの作品から、黒猫(1843)、赤き死の仮面(1842)、ライジーア(1838)、落とし穴と振り子(1842)、ウィリアム・ウィルソン(1839)、アッシャー家の崩壊(1839)のゴシック色の強い6編を収録した短編集です。ゴシックホラーのお手本というべき作品ばかりです。とにかく怖ければなんでも良いというような最近の作品と違って、じわじわと足元から恐怖がやってくる感じです。サイレント映画だけど、"アッシャー家~"を映像化した1928年の"アッシャー家の末裔"は観るべき作品の一つ。

  • ニキータ・コシュキンのアッシャーワルツの元ネタだったので。あの旋律はこの部分かな〜とか思いをめぐらせつつ読むのが楽しかった。あとライジーアすき

  •  江戸川乱歩からそのペンネームの由来のポーへ。「アッシャー家の崩壊」は名前だけ聞いたことがあった。ゴシック作品がまとめられており、どの作品にも暗く、妖しい雰囲気がある。現代は映像などで怖い話が溢れているので、この本の話で恐怖を覚えるということは無かったが、当時の人びとは背筋を凍らせたであろうことは想像できた。ポーの作品は後世に様々な影響を与えているので、現代のゴシック的な要素がある作品を見るときに参照したい。

  • 青空文庫で読んだ。
    ミステリーかと思ったらホラーだった。恐怖。
    動物は大事にしましょう。

  • 前に読んでいたものもあるのに、まったく忘れてしまっていて、まっさらな気持ちで読めました。19世紀の作品の翻訳なので、読みづらさもちょっとあるのですが、内容の厚みでぐいぐいと読む気持ちをひっぱっていってくれます。ジャンルはゴシック小説、つまり怪奇小説とありますが、ホラーというよりは、現代でいえばその怪奇な様式による面白みに特徴のある小説だと言えるでしょう。グロテスクだったり、血みどろだったりという見せかたよりか、世界観で見せてくれているというような。
    そして、退廃的ですね。

  • 全体的におどろおどろしい作品。「黒猫」は猫がかわいそう…と思って読んでいたけど、不吉の象徴と考えればなるほどね。「赤き死の仮面」「ウィリアム・ウィルソン」は似ているけど、主観的なのか客観的なのかとういう視点で面白い作品でした。「アッシャー家の崩壊」はまさにゴシックホラーですね。
    どの作品もこの時代にこの発想は素晴らしかったのではないかと思います。

  • 怖いお話しにどれだけ免疫がついていても、アッシャー家の崩壊には背筋が寒くなる。この免疫の原点に著者が見え隠れするお話し。

  • 壁に猫の形が浮いてくるだけの話。なのになぜこんなに有名なのか。

  • チョコレートケーキに例えるならば、「オペラ」

全96件中 1 - 25件を表示

黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫)の作品紹介

詩人であり、批評家であり、推理小説の祖であり、SF、ホラー、ゴシック等々と広いジャンルに不滅の作品の数々を残したポー。だがその人生といえば、愛妻を病で失い、酒と麻薬に浸り、文学的評価も受けられず、極貧のまま、40歳で路上で生を終えた-。孤高の作家の昏い魂を写したかのようなゴシック色の強い作品を中心に、代表作中の代表作6編を新訳で収録。

黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする