海の救助隊―フェレット物語 (新潮文庫)

  • 100人登録
  • 3.58評価
    • (10)
    • (18)
    • (18)
    • (4)
    • (2)
  • 23レビュー
制作 : Richard Bach  法村 里絵 
  • 新潮社 (2009年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102159026

海の救助隊―フェレット物語 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 理屈ではなく「表現しながら生きる」ってことをしたくなる本である。

  • とても明るい小説。困難に立ち向かい成し遂げることに対して前向きな表現に満ちあふれている。
    これを人間を主人公にしてやると現実世界との齟齬が出るため,あえてフェレットでやっているようだ。
    なので,人間と同じ感覚で同じような生活をするフェレットという設定のため,最初は取っつきにくい。
    あとがきにあるようにいわゆる「使命」に目覚めたとはどういうことかを表現しされていて,ちょっと夜間飛行を思い出した。

  • 恐らく熱を出しながらゴールデンウィーク前日夜の新幹線で読む、という変なシチュエーション。思ってたバックの世界とは違うなあ、と思いながらも、泣けちゃった。たまにはこういうのもいい。

  • 5冊のフェレットシリーズ。それぞれに登場フェレットが違い、1巻目のこちらは、フェレット・レスキュー・サービス(FRS)の女性キャプテン・ベサニーの巻。
    レスキューボートでの海の救助とフェレットという姿は、真剣でも愛らしく、また巻末にあるように寓話的でもあります。量はないのでやさしく読めます。名前だけ知っている「かもめのジョナサン」の著者。

  • 正直期待をしていなかったが、とても楽しめた作品。
    海で働くキャプテンとクルーたちの命がけの救出活動。
    最後の方は一気に読み進めてしまいましたよw
    面白かった♪( ´θ`)ノ

  • 久しぶりに元気をもらった。
    愛らしいフェレット達の大冒険!

    坂崎千春さんの挿絵もかわいらしく。
    読んでいて幸せでした。

  • フェレット好きの友人から、「最近こんなのを読んだよ」と教えてもらった本。
    選ばれて厳しい訓練を受けたものだけが入隊を許可されるFRS(フェレット・レスキュー・サービス)っていうのがあってね~、もちろん隊員は全員フェレットでね~、
    ともうその設定を聞いているだけでおかしくて、読みたい読みたい!と貸してもらいました。

    幼いころ母親から読み聞かされた物語に心打たれ、士官学校に進んだベサニーは少尉となり、海辺の基地に配属された。
    海で災難に遭遇したすべての動物を「黙って救う」のが彼らのミッション。
    あるとき、セレブシンガーが取材のためにやってきて、訓練をともにする。
    そして嵐による海難事故が発生し・・・

    彼らの基地は隣にある人間の沿岸警備隊とぜんぶ人間のもののミニチュア版である以外、装備やつくりはすべて一緒なんだって。
    最新鋭の装備をつくしたJボートも持っているし、厳しい訓練のたまものともいえる技術と知識、経験は人間界とまったく同じ。
    ただそれぞれのミッションを黙々とこなすのみ。

    なんかほんとにそんな世界がありそうな気がしてきたよ・・・
    フェレット界の雑誌も、セレブな社会も。

    そして読み終わるとちょっと「キリッとせにゃいかんなあ」という気持ちにさせられる本です。
    フェレット達の生きざまから学ぶこと、基本的な事だけどはっとさせられることが多かったです。

    「いろんな生き方があるけれど、それぞれに大事なのは、美しさを表現すること。」
    そんなことをフェレットからキリッと言われた日にゃ、思わず姿勢を正してしまいます。
    フェレット好きな人はもちろん、薄くて読みやすい本なので、深呼吸的に読むのにちようどいい作品かもしれません。
    (しかし、海難シーンはけっこう疲れる・・・)

    そして、今度から海に行ったときには、「基地があるかも」って思ってしまいそう。

  • 表紙と中の絵がかわいすぎて一目ぼれ購入。
    そして読み出したら面白くて続きが気になっています。
    しっかりしているけれど、どこか優しい表現の文章で
    読んでいて疲れない物語だと思います。

  • 可愛らしくて勇気ありすぎる!残りも楽しみなシリーズです。

  • 愛と勇気と思いやり、理想を求める気高い心。
    その全てを持ち合わせた素敵な「人間」たち、じゃなくて「フェレット」たち!どストレートなメッセージは「フェレット」だから届くのです。

全23件中 1 - 10件を表示

リチャード・バックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

海の救助隊―フェレット物語 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

海の救助隊―フェレット物語 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海の救助隊―フェレット物語 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海の救助隊―フェレット物語 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする