サクリファイス

  • 2280人登録
  • 4.05評価
    • (495)
    • (566)
    • (349)
    • (27)
    • (7)
  • 586レビュー
著者 : 近藤史恵
  • 新潮社 (2007年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103052517

サクリファイスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 皆さんの本棚でよく見かけていたのですが、スポーツもの
    しかも自転車ロードレースなので、避けていたけど
    読んだら面白かった。というよりも衝撃的で、あとからじわーと
    感動して、読み心地が何とも言えない。

    不動のエース石尾、石尾を支える赤城、若手のチカと伊庭
    3年前事故で引退を余儀なくされた袴田、チカの元カノ香乃
    (この二人好きになれなかった・・・↑↑)
    エースよりもエースを支えるアシストの面々に魅かれてしまった。
    特に赤城さんに。

    伏線回収しつつ二転三転して、衝撃の波状攻撃に最後は
    鳥肌ものでした。

    F1レースに通じるものがあって面白かった。
    続きも読みたい。

  • ロードレースの世界を描いた本とのことで、ついていけるか不安を抱きながら読み始めたけれど。。。全くの杞憂でした!

    「勝つためには手段を選ばない冷徹なエース」と周りの誰もが思っていた石尾の、ロードレースにかける並外れた情熱と、アシストしてくれた仲間、自分の跡を継いでロードレース界を引っ張っていくであろう後輩への真摯な想い。。。

    エースを勝たせるためなら、自分のタイヤを譲っても、ゴールできるチャンスを逃してもアシストする、という特殊な世界ならではの、ラストの壮絶なまでの「サクリファイス=犠牲」。
    ひき込まれる作品でした!

  • ロードレースがこんなにも激しいスポーツだなんて知らなかった。
    個人競技でありながら、「チームがメンバーの誰かを勝たせるために走る」というチーム競技の様相を呈していることも全く知らなかった。
    これからは、ロードレースで走る姿の美しさに魅了されるだけでなく、そこにある人間ドラマが知りたくなってしまうかも。
    きっと石尾さんや白石(チカ)みたいな選手も実在するんだろうな。

    サスペンス要素もある青春スポーツ小説。知らないロードレース界を垣間見て、面白かった。続きが気になる…。

  • サクリファイス…
    読み終わって、その意味がはっきりわかった。

    “あらぬ方向に曲がった首と、ぴくりとも動かず投げ出された手。
    茫然と立ちすくむ人たちの中で、空だけがさっきまでと変わらず青い。
    教えてほしい。
    どこからやりなおせば、この結果を避けられるのだろう。後悔せずに済むのだろう”
    衝撃的なプロローグで幕が開く。

    危険と隣り合わせ、ものすごいスピードで自転車と一体となるロードレース。
    日本ではマイナー競技、こんなに過酷で、そして高潔なスポーツとは知らなかった。

    最初から、いつその時がくるのかと、ドキドキする、
    順調なようで、じわじわまとわりつく不安。
    三年前の事故と、エースの石尾さん。

    中盤からはミステリー色が濃い。
    なぜ事故は起こったのか。

    正直なところ、ロードレースに徹しても良かったのではないかとも思う。
    後味に苦味が残り、サクリファイスについて考え込んでしまう。

  • ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。

    勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠征で、僕は思いも寄らない悲劇に遭遇する。それは、単なる事故のはずだった――。


    最後にさしかかるにつれて、どんどん急展開になっていき
    そうなるかー!と、引き込まれてしまった。

    ただ、なんとなく読み終わった後に
    そんなことってあるか?とモヤモヤが残ってしまうけど、
    総合的には面白かった。

  • ちょっと読んだら寝ようと思っていたら、面白すぎてやめられず最後まで読んでしまいました。
    夫が趣味で自転車をやっているので、遠い昔(笑)にレースの応援に行ったりした情景を思い出しました。私自身は小学生の頃、自転車に乗って坂道を下っていたらスピードが出すぎて桑畑に突っ込んで以来、下りはトラウマです。なので、下りを見るたびハラハラします。落車や事故も怖いです。そういう中でいわば命懸けで闘っている人達ですもの、熱い気持ちがありますよね。個人競技ではなく団体競技というのもしびれます。
    勿論、勝敗がつくからには綺麗ごとだけではすまないこともあり、人間関係や駆け引きは大変なのだろうなぁと思います。真実は当人しか分からないのじゃないかな。いろいろと推し量ることは出来たとしても。 そういうごたごたした泥臭い感情も含めてスポーツはいいなぁと思わせてくれる本です。

  • オリンピックの自転車競技の放映を観て、風除けになる先頭をライバル同士で協力して交替するようなことは聞いていた。
    他にも暗黙のルールみたいなものがあることは知らなかったので、ちょっとだけ自転車競技を理解できた点では本書を読んで良かった。

    題名の意味するところは、途中まではアシストの立場を表しているのだと思っていたけれど、最終的に違う部分だった。
    この行為はどうかと思う。

    香乃は他の方のレビューでも書かれているように私も嫌い。
    こういう女性は同性から嫌われるよね。

    自分の中で、★3つか5つかで揺れ動いたので間を取って4つ。

  • 出だしは読み難いかなぁと思ったけど最後まで一気読み。先に『プロトンの中の孤独』を読んだのは失敗やったかも。 香乃みたいな女は嫌いやわぁ。女の登場人物が不幸になったらええのにって思ったのは初めてかも。 兎に角、オモロかったし好き。続編も読む。

  • スピード感あり引き込まれた。
    眠れない夜に、ますます眠れなくなってしまった。
    駆け引き、スピードの恐怖 緊張感、団体競技なのに分かちあえない孤独感が
    自転車の爽快感の後ろに常にある。
    エースのために「犠牲」となるアシストでいる「葛藤と覚悟」。
    彼女に対しても冷静すぎるチカが、真実がわかった時初めて熱くなる。
    エースの「強い覚悟」と「犠牲」がかっこよすぎて泣けた。チカを応援したくなるのだ。

  • それで犠牲になるにはあまりにも……と思ったのですが、選手にとっては命をかけるに値することだったのでしょうか。

    しかし、主人公の元恋人の女性が憐れ。
    利用されたことも知らず、あんなことが出来る男と最終的に結婚してしまったんですから。

全586件中 1 - 10件を表示

近藤史恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

サクリファイスに関連するまとめ

サクリファイスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サクリファイスのKindle版

サクリファイスの文庫

ツイートする