木槿の咲く庭

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (6)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 柳田 由紀子 
  • 新潮社 (2006年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105052218

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

木槿の咲く庭の感想・レビュー・書評

  • 大戦中、占領下の韓国にアメリカ軍がハングル語でビラを配ったが、30年も日本語教育を強要されていた若い市民は読めなかったとは衝撃。特攻に行った韓国人が少なくとも10人。

  • 戦争というと自国の立場からどうしても考えてしまうが。
    わが国も戦争で、他国に多大な迷惑をかけていた過去は
    覚えておかなければならない。

    食料や資源の供給源として、大韓帝国を統治下に置いた日本。
    「皇民化」政策の一環として、様々な圧力をかける。
    「創氏改名」もその一環である。
    韓国人として生まれ育った名前を奪われ、日本名に改名、
    その後、再び自らの名前を取り戻すまでの五年余りが描かれている。

    主人公のうちの一人、妹のスンヒィは魅力的。
    質問魔で、家族思いで、おてんばで、かわいい。

    おじの行方が気になるところだが、日本の敗戦、南北に分かれた朝鮮半島。
    再会はかなわなかったのかもしれない・・・
    でも「あとがき」を読んで、ちょっと気持ちが落ち着いた。

  • 著者は韓国系アメリカ人2世。
    著者の母親が育った頃のエピソードをを絡めながら、当時の朝鮮の人たちの暮らしがよくわかるお話です。
    日本人のことをひどくけなすでもなく、淡々と実際に日本人(軍)から受けた被害が、10歳と13歳の兄妹の目線から語られています。
    テーマは重いですが、物語には惹き込まれます。
    今まで知らなかった歴史を知ることができます。
    ほんとうにかわいそうな時代でした。

  • 忌まわしい日韓併合の際の創氏改名に纏わる話を幼子から少女そして年頃の立場から描いた哀しい作品、日本人として忘れてはならない戦時中の愚かな行いに対して頭を下げつつ読んだ。

全5件中 1 - 5件を表示

木槿の咲く庭はこんな本です

ツイートする