怒り(下)

  • 1804人登録
  • 3.83評価
    • (194)
    • (397)
    • (246)
    • (37)
    • (8)
  • 322レビュー
著者 : 吉田修一
  • 中央公論新社 (2014年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120045875

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
奥田英朗
伊坂 幸太郎
吉田 修一
湊 かなえ
長岡 弘樹
窪 美澄
吉田 修一
三浦 しをん
東野 圭吾
宮部 みゆき
吉田 修一
三浦 しをん
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
横山 秀夫
吉田 修一
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

怒り(下)の感想・レビュー・書評

  • 寝食忘れてというのはいささか大げさだが、睡眠時間を削って上下巻一気に読み切った。
    続きが気になって気になって。
    でも、これはないよ。こんな終わり方って・・・。
    あんまりですよ、吉田さん。

    世田谷の住宅街で起きた夫婦殺害事件。
    現場には血で描かれた“怒”の文字。
    犯人はそのまま逃走し、1年が過ぎた。
    並行して3つの舞台が描かれる。
    房総、東京、そして沖縄。
    そこに登場する3人の男たちと、彼らと関わる人々。
    前歴不詳の男たちをどこまで信じられるのか。
    一体この3人の中に犯人はいるのか。

    この3つの舞台は全く交わることがない。
    それぞれの地にそれぞれの人間模様があって、登場人物も多いし目線もころころ変わる。
    それでも混乱させることなく物語にグッと引き込む吉田修一の文章力は見事だった。

    作者のインタビューを読むと、怒りとは大切な人を信じられない自分に対する怒りなんだと言う。
    それは分かる。この小説のテーマが怒りよりもむしろ信じられるのか信じられないのかだと言うのは間違いない。
    それでもやはり、犯人の怒りが何だったのかすくい取ってほしかった。そうでもしないとやりきれないじゃないか。

    テーマとしては悪くない。
    新聞小説としても躍動感を求めるならこれ位センセーショナルに書かないと受け入れられないのかもしれない。
    でももうちょっと他の書き方がなかったのだろうか。
    なんだかもったいない。

    「悪人」が好きな人なら、お勧め。
    かなりエンタメ度が高いので満足できると思う。
    今回の評価はちょっと辛口です・・・。

  • 八王子で起きた夫婦殺人事件。
    惨殺現場には血文字で「怒」の文字が
    残されていた。
    事件から1年後の夏、物語は始まる。
    逃亡を続ける犯人・山神一也はどこにいるのか?

    数人の登場人物の物語が並行して進んでいく
    のですが、殺人事件とは関係のない人たちだったのに
    それでもこういった事件はどこか別の全く
    関係ない所にも影を落として哀しい
    影響を与えるんだな…と。

    自分の身近に細かい素性のわからない
    少し前に知り合った人物がいて
    親しくなり相手に対してどんどん興味がわき、
    愛情や友情といった感情を抱くようになっても
    相手は過去を語ろうとしてくれない。
    そんな時に相手に一年前に起きた惨殺事件の犯人との
    共通点を見つけてしまったら…

    ただ、その想いだけで相手を信じられるかというと…
    人を信じられない人は、結局人に信じてもらえない
    のはわかるのですが、人を信じ切るって本当に難しい。
    それぞれの登場人物と自分の立場を置き換えたら
    やはり信じるの難しかっただろうなぁ、と…
    それぞれ人物の中にある「怒り」を思うと
    読み終わりはあまりに哀しい気がします。

    帯にあった「身近な人ほどなぜか大切にできない」
    という一文がすごく内容を表現していると思いました。
    謎が謎のまま終わっている点が多々あれど
    (わざとだと思うのですが)
    ぐいぐい読ませる面白さでした。
    この作者さんの他の作品も読んでみよう…

  • 結局犯人の怒の意味はわからなかったけど、人間の感情というものがどれほど激しくて衝動的でこんなにも人を突き動かすものなのかとしみじみ感じた。登場人物それぞれの怒りを考えると、何がその人にとっていちばん大事で、何を守るのか、正しいとか正しくないとかの理性よりも感情が勝ってしまうのが怒りなのかも。
    自分の愛する人大切な人を信じたい。でも信じきれない。なんで最後まで信じてあげなかったのかという後悔。そんな自分に対しての怒り。その辺の人間らしさがすごーく描かれていて面白かった。吉田さんの文体は癖がなくて読みやすい。だからこそ真っ直ぐ心に入ってくる。
    自分はどこまで人を信じられるかわからないけど、やっぱり信じたい。

  • 自分のすぐ近くに、少し前に現れた素性のわからない人物がいる。
    その人物に興味が湧けば湧くほど、愛情が深くなればなるほど、過去を知りたくなる。
    が、その人物は一切、過去を語らない。
    そんなとき、1年前から逃亡を続ける犯人と共通点があるような気がしてきたら…
    相手が過去を隠せば隠すほど、犯人かもしれない、犯人だと思う…と不安になり…
    何も知らない相手、ただ目の前にいるその姿だけで信じ切れるか…

    一気に読み切りました!

  • 信じる、信じない。
    信じたい、でも信じられない。

    他人を信じられなくなり、大切なものを失うことになる人間。
    最後まで信じ切ることで、失いかけたものを手放さずに済んだ人々。
    「怒り」は、犯罪を起こす要因にもなるし、他人を守る衝動を突き動かすことにもなる。

    八王子夫婦殺害事件の犯人逮捕に向かって警察が迫り来る直前、思わぬ形で新たな事件が引き起こされる。
    それは彼にとって、必然だったのか、それとも偶然だったのか。

    三つのストーリーは最後まで交差することはないのだけれど、それぞれの人の持つ感情の揺れ具合は似ている。
    ただし、どこまで人を信じ切れるか、その思いの強弱が、切ない終わりを迎えるか、幸せな結末を迎えるかの分岐点になる。

    吉田修一の作品の中では、「悪人」に近い内容のものだと思うが、最後まで面白く読めた。

  • 事件の真相が闇の中なのはやはりすっきりしない。
    信じるってなんなのか。

  • いいようのないやるせなさでいっぱいです。でも、うまく着地しないほうが人が生きている社会のあり様なのかも。山神ってなんだったんですかね。

  • 真相にじわじわと迫っていく展開に引き込まれて一気読み。
    おもしろかった。
    タイトルの「怒り」が何に対して抱いていたのかが明らかにならずちょっとだけ消化不良かも。
    それぞれの生活はどんな展開があってもまた続く訳で、希望があれば切なさもあった。
    みんな幸せになるといいなぁ。

  • それぞれの結末を向かえる3つ、いや4つのエピソード
    人を信じることの難しさ、その意味を考えさせられます

    重い話なのに、読み進めずにはいられなくなる
    裏切られたとき、それが怒りへと転化するかしないか、その差はどこにあるのか?

  • テレビの公開捜査で見た殺人犯に、信じる気持ちが揺れ動く人々の姿を残酷なまでに描ききったストーリー完結編。

    ミステリーや犯人探しの小説にとどまらず、何か重苦しく切ないものを胸に残していった作品でした。
    人間のきれいじゃない心の部分、そして純粋で無垢な部分の両方がわかりすぎるほどわかりすぎて、やるせない気持ちになりました。
    きっと彼らももう少し自分自身を愛して信じることができていたら、愛する人のことも信じていけたのでは…
    千葉編、沖縄編、東京編と、それぞれ違う行く末になっているけれど、きっと彼らは同じ気持ちを抱いているのではと感慨深くなりました。

    映画がとても楽しみです。

  • 前巻とは違い、一気に読まされました。

  • 田代を愛するようになった愛子。
    家族のように献身的に母を看てくれた直人と、次第に変わっていく優馬。
    辛い事件から、まだどうしていいのかわからない泉と辰哉。

    大事な人だからこそ、過去がわからないことに持つ不安。
    それは不信となり、一気に溢れ出す。

    「あの、俺が言うのもあれっすけど、早く捕まえないと、あいつ絶対またなんかやりますよ。たぶん傍から見たら、奴が楽しそうに見える時に。」
    と言っていた山神の元同僚の言葉にゾッとした。

  • 上下巻の感想をまとめて。
    久々に一気読みしてしまった。吉田修一を読むのは『悪人』依頼だけど、『悪人』同様にメッセージ性の強い作品。
    人は生きていく上で人を信じたり、信じるふりをしたり、人から信用されたり、疑われたりする。それらのやり取りはどこにでもありまた人間関係を形成する上で重要なやり取りでもある。その機微が本作では絶妙に表現されている。

  • 三面記事の連載のような、ロードムービーの行き当たりばったり感のある小説だと思ってたら、読売新聞の朝刊の連載小説だった。殺人現場に残された「怒」の意味を探りその答えに行き着くわけでもなく、その意味を読者に考えさせる形で放り投げて物語は終了している。「怒」はその対象物を攻撃する感情なのかなと思うので、犯人が二つの場所で残した「怒」の文字の意味があまり腑に落ちない。

  • 久し振りの読書で評価が甘くなってるかも笑。

    でも、始めからどんどん読み進めたくなる小説だった。しばらくすると、あー、最後までこのうちのどれが犯人か引っ張るのねー、と理解し構成も気に入った。

    簡単で読みやすい文章、丁寧な人物描写で飽きさせない。

    ただ、殺人犯が何に怒ってるのか、題名になっているぐらいだし冒頭でも途中でもキーワードになっているような雰囲気を出している割りには全然触れていないのが物足りないか。そして、結末はうーん・・という感じでもあるがその前までの展開が面白く読み応えもあり、また身近な人を疑い出す辛い状況の共通テーマについても良く書かれていたので、甘めの☆4つ。

  • 面白かった。
    もう少し全体のバランスがまとまってれば、
    前半のガチャガチャ感が薄まったのにな〜とは思うけど、
    紙つなげでも思ったように
    人間にはいろんな面があって、単純に信じるとか信じないとか言葉で言うよりも
    はるかに重くて難しい。
    ただ、殺人犯のキャラ設定がなんか心理学的にあまかった気がする。
    ちょっと統一感ないというか…

  • 大事な人を信じられるのか。ただひたすらにそれについての話だった。もがき、苦しみながら、それでも大事な人を信じたい、信じられると思いたい人たちの真摯で切ない話。最初から男の立ち位置に差があったので、犯人がどの男なのかはなんとなくわかっていたけど、ほんとに犯人だとしたら辛すぎると思っていたら、それ以上に辛い結末になってしまって辛い。いつか幸せになれるといいなと思う。
    結局最初の事件の真相はなんでもなく、ただそういう人間であったというだけでこの話には大した必然性はなかったのだろう。そうなると刑事さんは一人で全部貧乏くじをひいてしまった感じでかわいそうだね……。主題はそこになくて、八王子の事件も刑事の謎の彼女も、ただの舞台装置でしかない。刑事もただの狂言回しでしかない。なんというか、潔い話の作り方だよね。この本を八王子の事件がメインのミステリーだと思って読んだなら、すっきりしないだろうな。

    レビューで「怒」の意味がわからないというのを多くみかけたけど、個人的な印象としては、ほんとに「怒」に大した意味なんてないんだと思う。親切にすれば喜ぶと思ってんのかバカにしやがって、みたいな。世の中の全てに俺は怒ってんだぞっていう小悪党のポーズ。ただの妄想だけど、わざわざ星島の壁にくだらないことを書いたのは、挑発みたいなもんだったのでは。これをいつか必ず泉かたつやは目にするはず、信じていた人間にこんなこと書かれたらあいつらどうするんだろって面白がってるみたいな。妄想ね、妄想。
    凶悪犯には心の闇があるはず、何か深い訳があったはず、みんなそう思いたいから、そこが気になるんだろうけど、結局そこまででもないしょうもない人間に、理不尽に人が殺されることにある意味では作者の「怒」なのかも。

  • 切なかった。辰哉は殺人犯になってしまったし、本当の悪人の犯人は死んでしまうし。犯人が何故夫婦を殺害したかも謎のまま終わってしまった。直人のお墓を優馬の家族と同じ墓に入れてあげれたのには泣いた。田代もこれからの人生人に支えられながら生きていける。そこはハッピーエンドでよかった。、

  • 小説における答えってなんだろうな。小説に答えを求めること自体がタブーだというふうに言われるけど、物語のなかの寓意をどうしても紐解いてみたくなる。
    そしてそれを見出したいからこそ、読者として、物語に明るい終わりを求める。
    そちらのほうが答えを、寓意を見つけやすいからだ。

    吉田修一さんの本は「小説」であり、だからこそその中に寓意を探しては行けない類のものなのだろうと思う。

    一人ひとりの主人公に対してこの「怒り」のなかで吉田修一さんが出した答え、あるいは結び、結末はだからすべてが全て腑に落ちるものではない。あくまで僕にとっては。でも、それもひっくるめて、この作品を僕は大好きである。

    感情をこんなに揺さぶられたのって久しぶりかもしれない。
    続きが気になって、中断するのが嫌になったのも、正直久しぶりかもしれない。
    憤り、恐れ、喜び、和み、哀しみ、そして怒り。
    僕はこの本にそれを刺激され、揺り動かされ、ページを捲る指を止めなかった。

    愛するとは?愛されるとは?
    信じるとは?信じてもらうとは?

    そんな問いの間で揺れる人物たちを、僕はとても愛おしいと思ったし、弱くてどうしようもないところを、理解できると思った。同じだとさえ思った。
    でもだからこそ、一人ひとりの幸せの形を、切に願った。

    個人的な話になって大変申し訳無いが、僕は優馬と愛子にはどうしても幸せになって欲しいと思った。
    彼らはこの小説のなかで特に社会的弱者とされる人物だと思う。
    セクシュアルマイノリティと少々の知恵遅れ。
    社会のなかでは敬遠され、隠され、そして自分たちでさえ隠して、この社会を営んでいる。
    吉田さんのこの小説では普通に生きている。
    特別な苦悩は、彼らではない一般的な人が感じる苦悩と同等の価値を持ち、そして外からではなく中から見た時にそれらは何ら特別ではない。
    つまり同性愛者だって、障がい者だってふつうの人だということだ。
    (こういう話をすると「ふつう」ってなんだ、ってなるがそれはおいといて。)
    逆にいえば同性愛者だって障がい者だってなんら特別ではないということだ。
    それぞれが自分の人生を送っていて、それぞれが悩みを持ち、喜びを持ち、安らぎを見出す。
    そのひとつひとつに重い軽いも、ふつう特別もない。

    脱線した。
    ただこのくらい感情的になるくらい、「読まされた」本だった。

    吉田さん、いつかこのひとノーベル文学賞獲るんちゃうか。
    大江健三郎みたいに。
    ちょっとちゃうか。
    でもぜひとってほしい。

  • 忘れかけた頃に図書館から連絡がきて続きを一気に読んだ。上下巻だけれど会話が多く、そんなにボリューム感はなくて読みやすい。
    それにしても…。
    犯人は誰か、よりも、背筋が凍る「今時な」犯罪と加害者だった。
    そして、「親がこどもを信じる」「恋人を信じる」など、『さよなら渓谷』もそうだたけれど、吉田修一は「信じる」がテーマなんだなと思って、少し落ち着いた。

  • 3つの話の根底にあったのは、素性の知れない人を信じれるかどうかということ。相手を信じようと思った、自分を信じ切れるかどうか。それぞれの話が絡み合うのかと思えば、単にミスリードのための別々の話でがっかり。怒りの意味も分からずもやもやです。

  • 誰が犯人なのか、みんな信じたくなる。一気読み‼︎

  • 愛子は田代から秘密を打ち明けられ、疑いを持った優馬の前から直人が消え、泉は田中が暮らす無人島である発見をする―。衝撃のラストまでページをめくる手が止まらない。『悪人』から7年、吉田修一の新たなる代表作!(「BOOK」データベースより)

    一気読み!これはこうでもしないと何も手に着かない~。だんだん溶けてゆく謎が、一人、二人と消えてゆく容疑が、最高に面白かった~!しかし「怒り」の文字の意味や、犯人の人となり、過去などがもう少し知りたかったなぁと。映画化されるかな。

  • 沖縄の無人島で泉が出会った田中、ゲイの優馬がハッテンバで拾った直人、理解力が弱く自立が難しい愛子が好きになった田代。
    3人とも優しい男たち。
    優しいが素性の分からない男たち。
    彼らは同一人物なのか?別の人物なのか?夫婦惨殺事件の犯人なのか?無関係なのか?

    受け入れる側も弱みをかかえる。
    借金、病、同性愛、片親家庭。。
    事件の公開情報が全国に流されて、それぞれの人間関係が動き出す。 素性がわからない、ということがもたらす不安、信じきることができない苦しさが存分に描かれる。

    制度も善意を守りきれない、それどころか弱い人間をさらに切りはなす行き過ぎた個人情報保護法。

    読むうちにやりきれなさが募った挙げ句、事件は、唐突に激しい怒りによって幕引きとなる。
    その衝動は犯人の衝動と重なるが、根源はまったく異なる。

    2013年読売新聞連載。
    これ、新聞で読んだ方は あれ?違う話??となったのでは?(^^)

  • それぞれで流れていた話が収束されていく。一緒にいる人が殺人犯かもしれないという思いで暮らす苦しさ。見たくないところを書いてくるところが吉田さんらしい。悲しいことばかりなのに一つの喜びに少しなぐさめられる。

全322件中 1 - 25件を表示

怒り(下)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

怒り(下)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

怒り(下)を本棚に「積読」で登録しているひと

怒り(下)の作品紹介

愛子は田代から秘密を打ち明けられ、疑いを持った優馬の前から直人が消え、泉は田中が暮らす無人島である発見をする-。衝撃のラストまでページをめくる手が止まらない。『悪人』から7年、吉田修一の新たなる代表作!

ツイートする