西の善き魔女〈8〉真昼の星迷走 (中公文庫)

  • 748人登録
  • 3.75評価
    • (89)
    • (84)
    • (151)
    • (6)
    • (3)
  • 68レビュー
著者 : 荻原規子
  • 中央公論新社 (2005年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122046276

西の善き魔女〈8〉真昼の星迷走 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長かった……。
    最後までのめりこめないまま、されど途中でやめるのはなんだか気が引けてここまで読んだけど、
    竜の惑星、馬や徒歩で長い旅をするような回りまわった世界を管理している電子回路。
    なんだろう、この世界観は。
    最後までしっくりこなかった。

    女王候補の三人が、これからどんなふうなグラール国を造っていくのか。
    ルーンとティガの関係。
    ほのめかしや含みばかりで、消化不良である。

  • バードによって、北極の塔に行かねばならなくなったフィリエルは、
    南に向かうルーンとまたもや離れ離れになる。

    本編の最終巻から、世界の話が少し進みます。

    またもや、ルーンの過去の傷をわりと生々しく垣間見せられて、
    動揺してかなしくなって、
    だからこそフィリエルと幸せになれよ!って思う。

    あと、レアンドラも幸せをつかめばいい。

    しかし、アデイルとユーシスお兄様の影が薄すぎたのもあって、
    これで終わりとはあまり思えないというか。
    引き延ばそうと思えばまだ隙はありそうな感じがしました。

    うーん、でも、シリーズものはまとめて読むから、
    読み終わったあと満足感を過ぎてからの寂しさが何とも言えず。

  • グラール王国をめぐるファンタジーはついに完結する。
    フィリエルが最後に立ち向かう相手は、女王後継者のレアンドラでも、ひそかに権力を伸ばそうと腐心する聖職者でも、侵攻してくる帝国兵でもない。
    世界の審判を下す賢者、いわば世界すべてを司るモノだ。
    話の展開はちょっと強引だなぁと思うし、結局これで簡単にめでたしめでたしにはならないな、とも思うけれど、物語世界の終着点としては正しいのかも。
    結局、このファンタジーは、壮大な世界を巻き込んだ謎と陰謀と冒険に満ち満ちた歴史絵巻、というのではなく、たった一人の女の子とたった一人の男の子が、恋を全うさせる、ただそれだけの、いい意味でミクロな視点で描かれた恋物語だったのだな、と思う。
    それにしても、これだけ長い物語に接していると、脇を固める人物たちの今後も気になる。
    ユーシスとアデイルのその後は、レアンドラに理想の男性は現れるのか、東の亡国の王子たちは仇討ちを果たせるのか、若年寄みたいなケインに春は来ないのか、と、ミーハーに語ってほしい顛末だらけだ。
    荻原規子、もうこの続きを書くことはないのかなぁ。

  • フィリエルは本当に強い、たくましいです。ルーンも弱い部分をもっていてこそなので、いいと思います。途中のバードを育てよう!なところはほんと文章にはあまり書かれていないものの相当苦労したと思います。主人公強い。後日談のようなものがあったらなと思えるくらいまだ読んでいたいですね。ほかのひとたちはどうしているのかとか、アデイルとか、ルーンの家族?とか。

  • ルーンが天文塔に引き取られた頃の話の前巻より先に、続きとも言えるこちらを先に読了。
    三人の女王候補を良しとしない世界の果てにあると言うフィーリ。これはどうやら人工知能とも言うべき存在。バードが再生する過程は、フィリエルが育てることになりましたが、バード自体が初代の審判者のクローンであると。空からの攻撃は、人工衛星と考えれば、十分科学で説明可能。
    フィリエルたちの世界は、わざと文明を遅らせた発展させない世界であり、母船が遭難した星に居着いた中で、リーダーとなった女性の子孫だけがその秘密を握っていたのだという話は、思ったよりも壮大でした。
    でも、女が支配すれば、侵略だの略奪だのと力任せに奪い合うことなどない、という発想は、私も少し考えたことがあるので、ちょっと興味深かったです。どこかでこの発想見た気がする…。(あ、思い出した。川原泉だ)でも実際は、女の方がよほど陰湿な気もしますが、戦争は回避されるかも。
    全てが種明かしされたこの巻が一番安心して読めたような気がします。

  • 最後にはディー博士が颯爽と出てきて色々解決する予想が外れた!

  • フィリエルの女王候補としての一歩、そしてルーンともお互いにまた一歩近づいたような外伝。
    最後の最後にフィーリが登場。不思議で意味深な世界のつくり。

    レアンドラは、やっぱり最後まで魅せてくれましたね。
    でも、外伝と言いつつアデイルたちが出てこなかったのは不満。そしてルーン・ティガ兄弟説は必要だったのか…?ディー博士も行方不明で、エディリーンについても何もわからないまま。すっきりしない…。

    これでおしまい。長かったなあ。それなりに達成感があるってことは、それなりに没頭してたってことかな。読み切ってよかった。

  • SFとファンタジーの混ざり具合を斬新と取るか中途半端と取るか微妙なラインだなと思った。
    相変わらず文章は読みやすくて面白い。
    番外編を読んだせいか、フィリエルとルーンのお互いに対する気持ちは以前よりも理解できたけど、やっぱりこの二人とあんまり気が合わない。アデイルとユーシスの方が気になってしまう。レアンドラは好きだなぁ。

  • 外伝と言う事で期待したんですが、ちょっと拍子抜けだったかも。もちろん赤ん坊を月光浴で育てたり冒険したりは楽しかったんですが、なんとなくあまり理解できなかったというか…。これで外伝も終わりなんでしょうか?10年後とかそういうの外伝でやってほしいです。

  • うーん…ちょいちょい不満はありながらも8巻まで読めたっていうのは、ある程度面白かったということなんだろうな。
    ただ時系列的にはこの巻が最後だけど、すっきりしないな。
    結局どうなったのか、どうなるのかよくわからないし。
    そしてレアンドラが主人公だったらよかったと再認識した。

全68件中 1 - 10件を表示

荻原規子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
荻原 規子
荻原 規子
有川 浩
梨木 香歩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

西の善き魔女〈8〉真昼の星迷走 (中公文庫)に関連する談話室の質問

西の善き魔女〈8〉真昼の星迷走 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

西の善き魔女〈8〉真昼の星迷走 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

西の善き魔女〈8〉真昼の星迷走 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

西の善き魔女〈8〉真昼の星迷走 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

西の善き魔女〈8〉真昼の星迷走 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする