新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫)

  • 4718人登録
  • 4.02評価
    • (769)
    • (526)
    • (692)
    • (11)
    • (2)
  • 230レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 文藝春秋 (1998年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105709

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • ☆は5つ
    さあて,米国テネシー州での坂本竜馬読書もやっと全8巻の半分まで来たぞ。

    しかし,読みでが有る物語だなあ。最近の小説と較べるとざっと倍の読書時間が必要だと思う。

    普段は流行のベストセラーや贔屓作家の本ばかり読んでいるけど,そのうちに吉川英治,山岡宗八,柴田錬三郎などの大御所歴史物作家たちの作品を片っ端から読んでみたいとも思っている。

    今回の『竜馬がゆく』は米国出張にあわせて,ちょっとその小手調べという感じだったけど,いやはやなんとも胆力のいる読書である。

    例えば竜馬の一冊で,有川浩の作品なら5冊くらいは読めそうな感じ。

    こら!その例え方自体おかしいだろ!って,そりゃそーでした。すまんこってす。すごすご[m:237]。

  • 勝海舟との出会い、武市の自害、そして、ついに戦艦を手に入れた竜馬のテンポの良いストーリー展開です。 

    江戸幕末時代の99%が農民と町民で1%の武士だけが教育を受けており、その1%の中でも半分以上はお上の顔の色だけを伺って過ごしていたというカースト制度に似た奴隷制度に匹敵する暮らしが日本で300年も続いていたという理解をさらに深めた4巻でした。 

    竜馬はどこの生まれでも将来は好きなことができる時代が来るという使命を持って行動する様はとてもしびれます。 

    今の時代も多くの企業では社内調整に追われて、上司の顔色を見ながら仕事をする人が多くいるといいます。 
    そんな暮らしは家族に悪い影響を与えてしまいます。

    先の見えない時代と言われていますが、今よりももっと過酷な時代を生きていた竜馬達の物語は先を見つけてゆく力になります。

  • ちょっと中弛み。背景の説明が多かった。

  • 神戸に海軍の訓練施設を持った勝と竜馬だったが、融資先と船がなく、その調達に奔走した結果、遂には船を手に入れ長崎へと向かう。
    一方で苛烈を極める攘夷思想に対して幕府は弾圧の動きを取り、勤王攘夷思想の武市半平太も遂に切腹となる。
    長州藩も外国、幕府、朝廷を敵に回し没落していく。
    幕末に向けて時代は動いていき、坂本竜馬が独自の感性でどの様に時代を切り拓いていくのかがとても楽しみです。

  • 武市半平太の捕えられる直前の潔さ、妻富子の気丈さは今では考えられないのではないか。

  • 「いかに一世を蓋うほどの才智があろうとも、とらわれた人間は愚物でしかない」。本書で語られるこの一説が、戦前期日本の批判から現代まで通じる著者の警鐘であろう。本巻は、これが雄弁に語られる。山内容堂批判しかり、武市半平太批判またしかり、そして、本巻では描かれないが、禁門の変で死地に向かう浪士・長州藩士しかりである。

  • p.413 竜馬が田鶴、さな子、おりょう、三者との関係を考えた時に引き合いに出した一節
    「(君子の交りは淡きこと水のごとし、というが)礼記のことばである。その意は、信義のある紳士というものは、いかに親友に対してもさらさらした態度でおり、そのくせ実がふかい。手をとり肩をだいてことさらに親しみもあらわさねば、弱点でひきあってのめりこむようなつきあいの仕方もしない。
    もっともこれは男同士の交友についてのことばだが、竜馬は、男女間でもできればこれでゆきたかった。」

  • 竜馬と藤堂平助のやり取りが面白かった。武市と岡田以蔵の拷問。船を手に入れ今後も気になります。

  • 京から尊王攘夷派かが退去し、佐幕派が力を持ち始める頃、龍馬の海軍訓練施設が動き始める。土佐でも山内容堂が藩主として指示しだし、勤王党の弾圧がいよいよ激化。武市半平太の投獄、切腹。とてもやるせない。
    観念で行動する武市の最後は武士らしい。
    ただ、子飼いで使っていた岡田以蔵が拷問に耐え切れず京での暗殺に関与した勤王党志士を吐露。

  • ついに船を手にいれたか~。
    武市の死はあっさりした感じだった。
    おりょう、さな子、田鶴と、モテモテですな。

  • 時代小説の名作(代表作、入門の一冊)。

    「寿命は店名にある。人間はそれを点にあずけっぱなしにして、仕事に熱中してゆくだけでいい。」

    おもしろいぜよ。

  • 読み始め…10.8.17
    読み終わり…11.3.19 ・オットの本棚より・

    レビューは最終巻 8巻に書きました。

  • 武市半平太の最期、そして千葉重太郎の妹 さな子への片袖を渡す話などがこの巻での印象的なこと。竜馬、勝海舟の弟子として本格的に旅立つ。

  • 折り返し。文久3年神戸軍艦操練所、清河八郎の死、新選組登場、藤堂平助、長州藩京都追放。武市半平太、岡田以蔵、投獄、切腹。観光丸、さな子への片袖、長崎滞在。

  • 2015.11.13読了。

    竜馬の女性に対する思わせぶりが凄すぎる。
    正座させて説教たれたい。

    さな子もおりょうもお田鶴さまも好きじゃほれんようにしとるとか言いつつ、あの思わせぶりの数々数々は何なのよーーー!!!

    それでも憎めないのがすごい。
    すごいよ、竜馬さん…。

  • 日本史を学んだのが中学までの自分は幕末はすっ飛んだ記憶しかなくて、勝海舟と竜馬の関係性を恥ずかしながら初めて知る始末。
    読んでいてワクワクする展開。

  • 次第にきな臭くなってきた。

    長州の暴走や土佐勤王党の壊滅など、いくつもの失敗がそれを物語っている。そして、そのなかでやはり竜馬は異質な存在だった。こんな風に自分の思う道を自分の思う速度で進んでいきたい、そう強く思うのだった。

    おりょうの具合が優れない時に町医者からこう言われて。
    「乞食でも九十まで生きるし、たとえ十人の侍医に脈をとってもらっている王侯でも、儚くなるときは、なる」
    龍馬が思う言葉は
    (さすれば、人間、生死などを考えるべきではないな)

    男とはこう強くありたいものだ。

    世のなりゆきを制することはできないけれど、時の移り変わりのなかでいかに己を律し、目指す場所に進んでいけるか、この物語を読みながら思う。

  • 時代は幕末の沸騰期に突入する。それに伴い坂本龍馬の活躍の場が広がり始めた。なかなか面白い。

  • 『竜馬がゆく』が新聞連載ものだけあって、とにかく長い。そして、同じことの繰り返しの表現も多い。これは、時数稼ぎのためだろうか。
    物語として、無駄な部分のない丁寧に練られた話が好きな私にとって、この長大巨編を読み終えることはできなかった。物語としてよりも、参考書などで無駄なく幕末の歴史を学んだほうがいいような。

  • 諸藩騒乱の京では「天誅」と称し暴徒化する攘夷浪士を取り締まる新選組が活躍。
    同郷で武市の弟子“人斬り以蔵”こと岡田以蔵の捕縛を契機に武市瑞山遂に切腹、土佐勤王党は事実上壊滅に。
    我が道を邁進する竜馬、海舟の伝を頼りに神戸の漁村に軍艦操練所を建設、塾生も集い交渉の甲斐あって幕府の軍艦「観光丸」を入手する。

  • 軍艦を手に入れ、海軍を率いて。
    いよいよ一介の浪士が、天下へ走り出す。

  • 侮幕派の薩摩とは、面白い。

    4巻あたりで、大体飽きてくるんだよな。
    再開はまた今度!

全230件中 1 - 25件を表示

新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫)に関連するまとめ

新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫)を本棚に登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫)の作品紹介

志士たちで船隊を操り、大いに交易をやり、時いたらば倒幕のための海軍にする-竜馬の志士活動の発想は奇異であり、ホラ吹きといわれた。世の中はそんな竜馬の迂遠さを嘲うように騒然としている。反動の時代-長州の没落、薩摩の保守化、土佐の勤王政権も瓦解した。が、竜馬はついに一隻の軍艦を手に入れたのであった。

新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫)のKindle版

新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫)の文庫

新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫)の単行本

ツイートする