勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか

  • 43人登録
  • 3.82評価
    • (5)
    • (5)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 八田隆
  • 光文社 (2014年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334977849

勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 外資系証券会社で働いているという、そのへんにはいないかもしれないけど、一般のサラリーマンが、いきなり脱税で捕まるという、恐怖の話。
    この八田さんの強さには、感動した。

  • (2014/8/30読了)

  • 元外資系証券マンが、故意による脱税として検察から起訴され、裁判で無罪を勝ち取った話。国税と検察が無理筋を通そうとする体質や、検察が起す裁判の問題点が分かりやすく説明されている。国家権力による捜査を乗り切るのは精神的な強さが必要だが、それが外資系金融の仕事の中で培われたとふり返るシーンも面白い。

  • 日本では源泉徴収というシステムがあり、従業員の給与から納めるべき税金を企業が計算し、徴収し、納付する。サラリーマンにとっては税金納付の苦労を会社が代行してくれる便利なシステムだ。しかし、もしも会社が誤って税金を納付しなかったら。

    当然、悪いのは会社であるし、従業員は税金を後払いして手続完了。と、誰もが思うのだが、国税局の見解はそうではないらしい。

    本書は源泉徴収で会社が納めなかった税金を故意に脱税したと訴えられた外資系投資会社員の裁判記録。

    そもそも、国税局が会社のミスで納付漏れとなった所得税を著者から、請求すれば終わりの話。著者は未納付だったことを意識していなかったし、未納付分に加えて追徴金を払うことも了承している。しかし、国税局は脱税の故意性があると結論し、その結論の証拠を必死に探すという逆転作業の結果、決定的な証拠がないままに起訴。

    正直、誰の目にも無罪判決はわかりきっていること。しかし、過去を振り返ると、国税局が告発して検察が起訴しないケースはなく、起訴されて無罪となったケースはない。著者が無罪判決の確率ゼロを覆したのは、外資家企業で培われた精神力と交渉力、そして長期裁判にも耐えられる蓄えていた財力のおかげだ。通常のサラリーマンでは勝ち目がなかっただろう。

    国税局と検察はこの裁判の敗訴と本書出版を受けて、変わったんだろうか。こんな無駄な裁判に人件費をつぎ込むヒマがあったら…、と誰もが持つ感想。

  • 国税局による脱税告発がいかにいいかげんな状況証拠によるものか。元検の弁護士が先日言っていた。「自白は証拠の神様」だと。なぜ同様に確定申告していなかった社員が多く居たのに八田氏だけ告発されたか、それは脱税を認めなかったからだと、いう。国税も検察も機能麻痺している。八田氏がいったように、検察官も裁判官もその職に就いたときはみな正義感をもっていたと思う。いつかそれが事件をつくって有罪にすることが目的になってしまった。司法に係わる人たちにが初心にかえって欲しい

全5件中 1 - 5件を表示

八田隆の作品

勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたかに関連する談話室の質問

勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたかはこんな本です

勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたかのKindle版

ツイートする