たゆたえども沈まず

  • 593人登録
  • 4.21評価
    • (11)
    • (19)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 原田マハ
  • 幻冬舎 (2017年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031944

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

たゆたえども沈まずの感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 原田マハのアートを題材にした物語を読む時、スマホが手放せない。作中に出てくる絵画を検索するからだ。
    今回はゴッホ。生きている頃には認められず死後爆発的に認められたこと、自らの耳を切り取ったこと、そして自ら命を絶ったこと。わずかばかりの知識で読み始めたゴッホとその弟テオ、何より近しい場所にいた2人の日本人の存在に引き込まれていた。

    『印象派』と名付けられた理由が現在のプラスな認識とは真逆だったのか。『浮世絵』が絵画の歴史に多大な影響を与えたとは聞いていたが天地がひっくり返るほどの衝撃だったのか。こちらの観る意識がまたひとつ変わった。

    相手への尊敬が強すぎるからこそ生まれた信頼と、同じぐらいの比重で狂おしく憎んでしまう。寄り添いながら相手の顔を直視出来ず、彼のひとが逸らした瞬間に横顔を見つめるしかないようなもどかしさが美しく、残酷に感じた。

  • いつもながら原田マハの作品のまるでそこで見ていたかのようないきいきとした描写はすごい。ゴッホ展に行きたくなってきた。

  • パリで画廊をする日本人二人とゴッホ兄弟のお話。ゴッホの絵は好きだけれど、こういった背景があるのは知らなかったな。兄弟愛、日本への思い、支える愛。苦しいねえ。読んだ後にゴッホ展を始め、作品を見たら、印象がだいぶ違ってくるのではないか。たゆたえども沈まずで描いた「星月夜」。原田さんはしっかりと書き上げました。

  • やっぱり、原田マハの美術史を扱った作品は美しい。
    今では世界でも知らない人がいないゴッホの知られざる真実。弟・テオの援助を受けながらも、全体に流れるゴッホの孤独がとても切ない。
    現世に残されてる作品からは、全く想像出来ないゴッホの生涯。現在、東京都美術館ではゴッホ展を開催中。足を運びたくなってしまった。

  • 面白かった。浮世絵を鑑賞したくなった。

  • 「楽園のカンヴァス」や「暗幕のゲルニカ」のようなドラマティックさは薄いですが、純粋ゆえに傷つきやすい兄弟の絆がよく描かれていると思いました。でもマハさんの真骨頂では無いかな。

  • 「楽園のキャンバス」の静謐で、ただただ美しい物語に魅せられた原田マハさんの新作。

    美術もので、表紙の絵にあるように、ゴッホをテーマとした物語。

    ゴッホについては、いろいろ本は出ていそうだし(事実、参考文献でたくさんの本がリストアップされている)、どうするんだろうと思って読み始めたら、ノンストップで読み終えてしまった。

    ゴッホが、浮世絵などの日本美術に影響されていたのは、有名だが、パリで浮世絵を扱っていた日本人画商 林忠正(実在の人物のよう)を絡ませて、ゴッホの絵の誕生を見事に物語にしている。

    ダーク、濃密で、そして美しい物語。ゴッホとその弟の苦しさ、狂おしさが迫ってくる。

    読み終わって、少しどんと来る感じ。

    元気なときに読んだ方がいいかな?

  • ゴッホの話・・・なのだけれど、これは、その弟テオドールからみた兄の話、たぶん。

    ゴッホ視点で弟を見ると、なんかものすごく悪役
    というイメージがあって(その嫁も含め)
    なんでそんなイメージをもっていたのかといえば、ゴッホが情緒不安定な時に書いた手紙のせいなのかも・・・?

    それから林忠正という人物を初めて知った。

  • ゴッホの話だったんだ。
    ゴッホが日本びいきだったという話はうれしいけど、「ちょっと盛りすぎてませんか?」と、なんだか罪の意識まで出てくる。
    自画像の話がなかったのはナゼだろう・・・?

  • この間『近代美術史』を読んだから余計に、アカデミーの権威から印象派へ、そしてゴッホが生まれる所までの流れを面白く感じられた。

    どこまでがフィクションか分からないけれど、日本という国が、ここまでフランスに切り込んでいて、尚且つ林忠正とフィンセントの間にある関係なんて、思いも及ばなかった。

    テオが、兄フィンセントを慕い、尽くそうとする姿と疑問に駆られる姿に板挟みになってゆく様子が切ない。
    フィンセントの苦悩は勿論あっただろうが、本作では彼を見つめるテオの眼差しが、そしてテオを心配する重吉の眼差しが軸になって展開する。
    フィンセントが「星月夜」に至った瞬間は、鳥肌。
    目で文字を追いながらも忠正と同じ空白の時間を得るという、不思議な体験をした。
    まさにクライマックス。

    そこからボロボロともう一度崩れゆく二人。
    あああ、辛いなー。

    一方で、フランスで浮世絵を売りさばいた忠正が、日本に「国賊」呼ばわりされるのも、印象的。
    国という形なきものからの、弾圧。
    そこにフィンセントが重なる、偶然。
    二人とも、自分が焦がれてやまないものから弾き出されちゃうのね。

    原田マハのアートミステリーは、どんどん読ませる。面白かった。

たゆたえども沈まずのKindle版

ツイートする