たゆたえども沈まず

  • 595人登録
  • 4.21評価
    • (11)
    • (19)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 原田マハ
  • 幻冬舎 (2017年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031944

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

たゆたえども沈まずの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原田マハのアートを題材にした物語を読む時、スマホが手放せない。作中に出てくる絵画を検索するからだ。
    今回はゴッホ。生きている頃には認められず死後爆発的に認められたこと、自らの耳を切り取ったこと、そして自ら命を絶ったこと。わずかばかりの知識で読み始めたゴッホとその弟テオ、何より近しい場所にいた2人の日本人の存在に引き込まれていた。

    『印象派』と名付けられた理由が現在のプラスな認識とは真逆だったのか。『浮世絵』が絵画の歴史に多大な影響を与えたとは聞いていたが天地がひっくり返るほどの衝撃だったのか。こちらの観る意識がまたひとつ変わった。

    相手への尊敬が強すぎるからこそ生まれた信頼と、同じぐらいの比重で狂おしく憎んでしまう。寄り添いながら相手の顔を直視出来ず、彼のひとが逸らした瞬間に横顔を見つめるしかないようなもどかしさが美しく、残酷に感じた。

  • 信念と恐怖、矜持と不安。自分が信じる道をただひたすらに前を向いて歩き続けているように見える4人の男たちにとって、その道ははたで見ているよりもはるかに険しく不安定で細く暗い。
    なのに、なぜそんな道をまっすぐにブレずに歩き続けられたのか。
    この小説を読むまで、ゴッホについての知識はあの強烈な色彩の絵と代表的な絵、浮世絵の影響と彼を支え続けた弟の存在、ゴーギャンとの生活そして耳と狂気と自死、その程度だった。ゴッホのあの絵の後ろに日本人がいたことなど全く知らなかった。
    日本が文明開化の波の中で大きく動いていたその時代に、遠く離れたフランスでも大きな波にもまれたゆたいつつも、沈まぬようにもがいていたゴッホと彼を支え続けた3人の男たち。彼らの夢を、葛藤を、そしてその慟哭を、125年の時を超えて原田マハが鮮やかに蘇らせてくれた。

  • いつもながら原田マハの作品のまるでそこで見ていたかのようないきいきとした描写はすごい。ゴッホ展に行きたくなってきた。

  • ゴッホ激動の半生とそのゴッホを最後まで支え続けた弟テオと、ヨーロッパにジャポニズム旋風を巻き起こした林忠正の関係を書いた話。
    ゴッホだけでなく前衛派と言われる画家達の絵が日本の浮世絵に影響を受けていたなんて全く知らなかった。
    林さんの働きがなければゴッホ達の素晴らしい絵は無かったかも知れないと思うとなんとも言えない。
    そして今で言えばゴッホと名前を出すだけであの画家ねーとすぐ分かる有名ぶりなのに、ゴッホの生きた時代は彼を全くもって認めなかった世の皮肉。
    浮世絵も日本人からすればただの落書き程度が、ヨーロッパで認められた途端に高い価値があると言い出して、日本美術の素晴らしさを広めた林さんを逆賊扱いする皮肉。
    時代の波と言うのは本当に人の力ではどうにもならない動きをするものだなとしみじみ思った。
    この話を読んでからゴッホを見たら、きっとただ絵を見に行くよりもっともっと深く心に響く鑑賞になると思う。

  • パリで画廊をする日本人二人とゴッホ兄弟のお話。ゴッホの絵は好きだけれど、こういった背景があるのは知らなかったな。兄弟愛、日本への思い、支える愛。苦しいねえ。読んだ後にゴッホ展を始め、作品を見たら、印象がだいぶ違ってくるのではないか。たゆたえども沈まずで描いた「星月夜」。原田さんはしっかりと書き上げました。

  • やっぱり、原田マハの美術史を扱った作品は美しい。
    今では世界でも知らない人がいないゴッホの知られざる真実。弟・テオの援助を受けながらも、全体に流れるゴッホの孤独がとても切ない。
    現世に残されてる作品からは、全く想像出来ないゴッホの生涯。現在、東京都美術館ではゴッホ展を開催中。足を運びたくなってしまった。

  • 頭の中からフィンセント・ファン・ゴッホと
    弟のテオが消えずに、忘れられずに
    他の本を読む気になれない
    ずっとずっと余韻が続いている
    どのように死んでしまったのか
    有名な話だったので、知っていただけに
    読み続けるのも苦しかったけど
    忘れられない小説となった

  • 原田マハ本領発揮の、美術をテーマとした長編。
    ゴッホが日本の浮世絵を愛していたことから、日本人の画商2人と、ゴッホの兄にして画商・テオと、そしてゴッホの絆を描いたストーリー。
    『さよならソルシエ』読んでいたから、だいたいの空気感がわかるのが良かった。

    今やん百億円という値段がつく絵画が、なぜ当時はまったく売れなかったのか。
    ただただ不思議。
    でもゴッホにしたら、異国で自分が憧れる国の人と出会えたら、それはすごーく素敵な話だなあ。
    なによりあのゴッホを、現地で日本人の友人が抱えていたかもしれないって、すごくロマンがある。

  • 面白かった。浮世絵を鑑賞したくなった。

  • 「楽園のカンヴァス」や「暗幕のゲルニカ」のようなドラマティックさは薄いですが、純粋ゆえに傷つきやすい兄弟の絆がよく描かれていると思いました。でもマハさんの真骨頂では無いかな。

全18件中 1 - 10件を表示

たゆたえども沈まずを本棚に登録しているひと

たゆたえども沈まずを本棚に「読みたい」で登録しているひと

たゆたえども沈まずを本棚に「積読」で登録しているひと

たゆたえども沈まずはこんな本です

たゆたえども沈まずのKindle版

ツイートする