うどんの女 (Feelコミックス)

  • 1405人登録
  • 3.75評価
    • (107)
    • (228)
    • (167)
    • (26)
    • (7)
  • 189レビュー
著者 : えすとえむ
  • 祥伝社 (2011年9月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396765316

うどんの女 (Feelコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ずっとグルメマンガだと思ってました(笑)おもしろかったです。サクサク読めるというよりグイグイのめり込んでいく感じ!二人のすれ違いっぷりがリズムよく読めました。

  • 気になってました購入。地味な中にぽんっとあらわれるときめきや熱さが非常に面白かったです。うどん要素もおもしろ素敵。淡々とした中の妄想や肉欲がいいんだけど、もっとがっつりそこらへん見たかったような、いや、この話はこれでいいんだろうなーと思ったり。でも個人的には、ものたりない。(あくまで個人の好み的に)1冊完結として面白かったです。

  • 35歳、バツイチ、学食の「うどんのおばちゃん」。
    21歳、油絵専攻、うどんしか食べない「気弱な男子」。
    普段は顔も見ずにうどんを受け渡してすれ違うはず二人に、ふとした疑問が生まれたところからはじまるストーリー。
    よく知らない人と向かい合った時は、情報が少ない分、あれこれと相手のことを想像してしまう。
    その想像が行き過ぎてしまい、ある所で自分ツッコミを入れるようになるのは、だいたい何歳くらいからなんでしょう。食堂で交わされる想像(妄想)と、実際の行動のギャップがシュールでもどかしくておもしろい。
    そして、こういうやりとりがかわいいと思えるのは、どんな瞬間なのだろう。

  • 毎日うどんを作り続ける学食のおばちゃん(美人)と、毎日うどんを食べ続ける美大生。二人の縁はうどんのように絡み合い…って言うとエロいような気もするけど中身はけっこう健全です。
    運命の赤い糸、ならぬ赤いうどん…笑 その妙な健康さ・素朴さが面白かったかもしれない。

  • 妄想話だけでもっと話を膨らませてほしかったかも(>_<)リアルになっていくほど、すこしずつ陳腐化されていった感は否めないが、清潔感は一貫してあったので最後もさわやか。

  • 冒頭からうぷぷぷ、、、、とつい笑ってしまいます。
    うどんがエロい!うどんが女体!
    恋の始まりの妄想っぷりはなんだか懐かしい感情。楽しめました。
    年下も良いわ♪

  • えすとえむ先生は男性かいたらぴか一!!とくに先生がかっこうぃーね!

  • 借りて読んだ。

    オトナだ!
    これはオトナ!

  • 美大の学生と、学食のおばちゃん(?)による恋愛もの。
    毎日うどんを挟んで向き合う内に惹かれあい、「俺はうどんに若干の性的興奮を覚えるようになってしまいました」な美大生に噴いた。
    「♂→うどん←♀」みたいなね。斬新ですね。

  • うーん、普通。
    でも絵は好きだし設定はマニアックな感じだし、お互いの妄想シーンなんか「あるある」って思う…のに、イマイチ自分の中で盛り上がらない。

    日常淡々的でもツボを突かれるとイチコロ(古いが他に語彙がない)なんだけどなぁ。
    【じれったいほどの年の差ラブコメディ】って帯のコピーだけど、展開がスローなだけでじれったいほどの気持ちが伝わってこなかった(´・ω・`)
    何だか勿体ない気がして残念。

全189件中 1 - 10件を表示

えすとえむの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
中村 明日美子
オノ・ナツメ
中村 明日美子
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

うどんの女 (Feelコミックス)に関連する談話室の質問

うどんの女 (Feelコミックス)に関連するまとめ

うどんの女 (Feelコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

うどんの女 (Feelコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うどんの女 (Feelコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

うどんの女 (Feelコミックス)のKindle版

ツイートする