殺人ライセンス (実業之日本社文庫)

  • 148人登録
  • 3.08評価
    • (4)
    • (10)
    • (36)
    • (7)
    • (3)
  • 18レビュー
著者 : 今野敏
  • 実業之日本社 (2014年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408551579

殺人ライセンス (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • インターネット上に不定期に現れるオンライゲーム「殺人ライセンス」。そのサイトを偶然目にした高校生・久は、実際に起こった殺人事件と酷似していることに気がつく。リストラ後に探偵になることを決意したクラスメートの父親と共に、真相を探るが。。。
    テンポ良く、軽い感じで読める作品。高校生の恋の話は必要だっただろうか?

  • 残り1/5からすごい駆け足な印象


    難解なネットに誤魔化された
    単純な交換殺人


    ずっと、友達だったはずの
    くるるさんと案山子さんは
    殺人犯

    キュウくんの精神負担やばそうだけど
    そこは、かわいい巨乳な彼女に慰めてもらいましょう。、

  • 元は2002年の作品である。
    その頃のインターネット事情と現在では大きく違う。
    たぶん、この物語が発表されたときはインターネットの経験者はあまりいなかったのでは?と思う。
    逆に今では未経験者を探す方が難しいだろう。
    ネット上に突然現れる「殺人ライセンス」というゲーム。
    ターゲットを殺害することを想定して進めていくゲームである。
    たとえばターゲットに接触するのに「自宅を訪ねる」と「呼び出す」の二択がある。
    「自宅を訪ねる」を選ぶと第三者に目撃されたことにより逮捕されました…とメッセージが出てゲームオーバーとなる。
    「呼び出す」を選んだ場合は、次に呼び出す方法を選ぶ…という感じだ。
    ほとんどの捜査官がインターネットの知識がないため、このサイトのことを知らされてもどう受け止めていいのかわからない。
    インターネットで殺人…というシチュエーションが理解できないのだ。
    結局、人が人を殺すのであって、基本的なことは何も変わらないと気づくのだが。
    ミステリー部分よりも、相沢の変化、相沢家の雰囲気、キュウの成長など、他の部分のほうが楽しめた。
    とくに祥子が麻理に違和感を感じ始めるところが印象に残った。
    ほんの少しだけ自分の方が先に大人になっただけ・・・そんなふうに思えるようになった祥子の成長が見える場面は好きだ。
    うっとうしいけれど感謝すべき存在でもある。
    それが親だと思う。高校生で親のありがたみがわかるなんてすごいな…と単純に思ってしまった。
    そんな簡単なことに気づいたのはもっと大人になってからだったので。
    時間的な古さもあり、今野さんの作品のわりには書き込み不足というか浅い感じがした。
    もったいないなと思う。

  • 殺人ライセンスというサイトを発見した高校生キュウが実際に起こった殺人事件との相関を知り、女友達の父親の探偵を通して警察と共に事件の真実に迫る。
    インターネットを通した殺人のトリックが明らかになる。

  • 探偵はじめる中年と家族のやりとりがいい。
    事件のオチが、プロバイダがわかればよかった、流星群での電波ってとっても弱い。

  • 大分出張中に読了。ネットオタクの高校生がたまたま出会った「殺人ライセンス」という名前のサイト。ここは目標である「人」をどう完全犯罪で殺すかを競うサイト。ネット上で殺害された人物が現実の世界でも殺害されてしまう。

  • なかなかでした

  • 今野さんがSTや隠蔽捜査も書いた人だと知らずに購入したが、まあこんなものかと。読後感はスッキリ。家庭関係も修復したし、事件も解決したし、テレビの音も完結した…と。

  • 謎のネットゲームと現実の殺人事件が交錯する、というのは面白いが、いかんせん2002年の作品なのでインターネット関連の記述が古いというか懐かしい。説明が少々くどく感じたが、当時リアルタイムで読ませるには必要だったのだろう。著者は他にも仮想世界をテーマにした作品を書いていたように思うので、読み比べると面白いかも?

  • ネット描写が妙に古いなと思ったら親本2002年なのな、でまあメインの事件もネットメインと来たらいくら今野敏といえど今読むのはちょっときつかったです。

全18件中 1 - 10件を表示

今野敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

殺人ライセンス (実業之日本社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

殺人ライセンス (実業之日本社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

殺人ライセンス (実業之日本社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

殺人ライセンス (実業之日本社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

殺人ライセンス (実業之日本社文庫)の作品紹介

高校生の久(キュウ)は「殺人ライセンス」というサイトに遭遇。それは、ターゲットを殺害するゲームだった。その後、ゲームの標的らしいストーカー公務員の殺人事件が発生。リストラされた素人探偵とキュウは事件の解明に乗り出す。一方、捜査本部の丸谷刑事らは、犯人を絞れない事態に焦る。高校生と捜査本部、殺人ゲームと現実の捜査の接点はどこに-?

殺人ライセンス (実業之日本社文庫)はこんな本です

殺人ライセンス (実業之日本社文庫)のKindle版

殺人ライセンス (実業之日本社文庫)の単行本

殺人ライセンス (実業之日本社文庫)の新書

ツイートする