この国を、なぜ、愛せないのか~論戦2006

  • 57人登録
  • 3.58評価
    • (4)
    • (7)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 櫻井よしこ
  • ダイヤモンド社 (2006年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478942277

この国を、なぜ、愛せないのか~論戦2006の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 桜井よしこさんの本を読んだことがなくて、どんな意見の持ち主かと思って読んだのですが。
    とっても強い主張の持ち主ですね。
     短い文章の中からはなぜ彼女がそのような主張を持つのかあまり論理的には理解できなかったし、とても一方的に感じてしまったけれど、
    彼女はあえて一方的な主張をすることで議論を啓発しているとするならば、価値のある活動をなさっているのではないでしょうか。
     指摘ポイントはとっても鋭くて、こういう物事をはっきり言う方が政界に入ったらどうなるのか見て見たいものです。たぶん政治家的には厄介だろうけど。これだけ言ってて政界のあれやこれやに屈したらがっかりだけど。

  • 外交問題、内政問題。内憂外患の日本に刮目ものの提言をされてます。

    相変わらず、内容が濃い。地に足のついた取材っぷり。彼女の汗の結晶をこんなに安い価格で読めるのはありがたいです。

    領土問題、核問題、薬害問題等々多岐にわたる分野の問題点に切り込んでます。内容は多少古いですが、ここに書かれている問題が2007年も終わろうとしている今でも何の進展もしていないどころか、悪化してさえいることに櫻井さん同様憤りを感じますね。

    無定見な政治家たちによっていかに日本は国益を損なっているか。つくづく考えさせられます。

    不勉強な政治家に翻弄させられないためにも、もっともっと勉強しようと思います。

  • 多岐にわたる話であるため、自分の知識不足から
    おえない部分があるが、やはりいいことを言ってます。

  • 2005年7月〜2006年5月まで。祖国愛をベースに、政界の不甲斐なさ、経済界の無節操を暴く。中・韓・朝・ロに辛辣な発言は、日本人を鼓舞し、アイデンテイテイを高め警鐘を発する筆者の真面目。日露外交時評は分かりやすい。

  • 日本国民必見!

  • 櫻井よしこさん、尊敬してます。

  • テーマが幅広いのですべて理解するには無理がある。でも強硬ではあるけど上品な物言いに、思わず「そうですよねえ、櫻井さん」と頷いてしまいしたよ。

  • 論戦シリーズ、毎年楽しみに読んでおります。勉強になります。

全9件中 1 - 9件を表示

櫻井よしこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

この国を、なぜ、愛せないのか~論戦2006を本棚に登録しているひと

この国を、なぜ、愛せないのか~論戦2006を本棚に「読みたい」で登録しているひと

この国を、なぜ、愛せないのか~論戦2006はこんな本です

ツイートする