法然入門 (ちくま新書)

  • 59人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (4)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 阿満利麿
  • 筑摩書房 (2011年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480066220

法然入門 (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    この世を生きる意味はどこにあるのか。
    私たちは、人生の「意味」を求め「物語」を必要とする存在である。
    とはいえ現実は、不条理と不安に満ちた人生の大海を漂いながら、答えのないままに、そのときどきの欲望に引きずられて生きてゆくしかない私。
    法然は、そうした自己愛、愚かさ、無知にこそ人間の本質があると認め、まさに「極悪最下」の者こそ救われる物語を用意した。
    悪人が善人になる必要はない、ただ生まれつきのままに、ありのままに念仏せよ―日本史上最大の衝撃を仏教界にもたらした易にして奥深い思想を、やわらかに解きほぐす入門書。

    [ 目次 ]
    第1章 「念仏為先」―すべては念仏のために
    第2章 「念仏」を選ぶ―法然の生きた時代
    第3章 「極悪最下の人のために極善最上の法を説く」―念仏の「力」
    第4章 「おおらかさ」の秘密―専修念仏をどう実践するか
    第5章 現世を生きるための「念仏」とは
    補論 「伝記」から見た法然

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 法然和尚のなりたち、教えの由来とか、興味深い。

  •  法然の説く浄土宗の入門書であるが、宗教そのものにあまり関わる機会がなかった人向けに書かれている。阿満氏は冒頭で、「あの世」の実在を信じなくて久しい現代の文明社会においてなお、なぜ宗教が必要かを述べる。
     曰く、人は物事に「意味」づけを求めるものであり、それは親しい人の死や自らの不治の病という「納得」が容易でない不幸に対しても同様である。そこで、生と死、幸福と不幸といった人間の営みに「納得」を与える「物語」が求められ、宗教がこれにあたっているのだという。この考え方には同意できる。
     浄土宗の与える「物語」のうち私なりに「納得」感が得られたのは、「死後は平等」という浄土の姿と、平等であらんが故に成仏の条件を「為心念仏」という極めて容易な行為に求めた合理性である。
     「念仏さえ唱えれば成仏」という教えは、浄土宗が爆発的に広まる一因となったが、支持を得んがための大衆化(ポピュリズム)とも見られかねない。しかし、念仏をもって死後の平等が約束されることにより、末期としか思えない現世であっても、前を向いて歩いていこうという気持ちを呼び起こす。来世の「物語」が現世の人に生きる「意味」を与えることこそが、法然の教えの魅力であろうと思う。

  • 法然の思想の「謎」を解き明かそうとする野心的な本。だから「入門」ではないかな……。おもしろいのですが。

  • 本人の考えを文字で残さなかった法然には
    多くのひとの法然への思いのこもったものが残されています。
    法然を慕う人との手紙のやり取り
    その思想を受け継いでいった親鸞の言葉。
    ひたむきに念仏のみを薦めた革新家の生き様を探る旅は
    永遠の楽しい旅のように感じられました。

  • (2011/9/16読了)

  • 末世の時代に日本に今までの仏教からすると革命的な教えを広めた法然の行動を解りやすく説いた本。

    法然を善き人と仰ぐ親鸞との関係もわかり易い。

    後世において、浄土宗と浄土真宗と分かれてしまったが、法然・親鸞の説いた浄土の教えが一本であることが理解できる。

    文章嫌いであった法然にかかる真実は後世の人間にとっては、あくまでも憶測の域を脱せないが、阿満利麿氏の仮説もこれは一つの考え方であり、理解できるものである。

  • 11/08/15。

全8件中 1 - 8件を表示

阿満利麿の作品

法然入門 (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

法然入門 (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

法然入門 (ちくま新書)の作品紹介

この世を生きる意味はどこにあるのか。私たちは、人生の「意味」を求め「物語」を必要とする存在である。とはいえ現実は、不条理と不安に満ちた人生の大海を漂いながら、答えのないままに、そのときどきの欲望に引きずられて生きてゆくしかない私。法然は、そうした自己愛、愚かさ、無知にこそ人間の本質があると認め、まさに「極悪最下」の者こそ救われる物語を用意した。悪人が善人になる必要はない、ただ生まれつきのままに、ありのままに念仏せよ-日本史上最大の衝撃を仏教界にもたらした易にして奥深い思想を、やわらかに解きほぐす入門書。

法然入門 (ちくま新書)のKindle版

ツイートする