失踪者〈下〉 (創元推理文庫)

  • 56人登録
  • 3.76評価
    • (3)
    • (10)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 浅井 晶子 
  • 東京創元社 (2017年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488211097

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レーナ・レヘトラ...
ケイト・モートン
ジェフリー ディ...
米澤 穂信
アーナルデュル・...
アーナルデュル・...
シャルロッテ・リ...
恩田 陸
ミネット・ウォル...
キャロル・オコン...
ジョエル・ディケ...
ネレ・ノイハウス
アーナルデュル・...
アンドレアス・グ...
ドン・ウィンズロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

失踪者〈下〉 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • ストーリーとしては非常にシンプル。元ジャーナリストの女性が、5年前の失踪事件を取材するというもの。幼馴染が失踪したのは自分の結婚式に出席する道中だったため、主人公はある種の責任を感じながらの取材となる。

    複雑なトリックも、凄惨な描写も、奇抜な設定もなく、日常生活がそのまま事件につながっていく展開にも関わらず、ページを繰る手が止まらない。その要因は巧みな人物造形だと思う。主人公に関わらず、「モヤモヤ」を抱えたキャラクターが次々登場するのだが、彼らの描写は表層的に終わらず、人間の持つ多面性、迷いなどが重層的に描き出されるので、どうにもこうにも目が離せない。ドイツで売れっ子作家というのも納得。普遍的なずるさや弱さが巧いという点では、宮部みゆきと似たタイプなのかもしれない。

    二転三転する巧みなストーリーテリングと丁寧な心理描写で、物語に説得力と厚みが出ているが、ミステリとしては弱いかも。期待していただけに、若干の強引さが目立ってしまいただただ残念でした。謎解きは二の次で、人物に注目して読むならば、久々に期待できる作家を見つけたなー、という感じ。

  • 心理描写がはまってる。
    不穏な空気とか不安感の煽り方もうまい。

  • 上巻の終わりから第二部の終わりにかけては非常に面白かったのだが、第三部になり、ちょっとだれてきて、最後はやっぱりそこに落ち着くのかみたいな感じでちょっと残念。

  • CL 2017.4.15-2017.4.22

全5件中 1 - 5件を表示

失踪者〈下〉 (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

失踪者〈下〉 (創元推理文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

失踪者〈下〉 (創元推理文庫)の作品紹介

発見された女はなぜ、エレインのパスポートを持ち、エレインを名乗っていたのか? 彼女はなぜ隠れるように生きていたのか? 本物のエレインはどこにいるのか? 生きているのか? それとも……? 当時疑われた弁護士を取材したロザンナは、彼に惹かれ始め、その無実を証明することに熱中する。そして 彼女の行き着いた真実とは? 震えるほどの衝撃が最後にあなたを待っています! ドイツで210万部のベストセラー・ミステリ。

失踪者〈下〉 (創元推理文庫)のKindle版

ツイートする