知られざる親鸞 (平凡社新書)

  • 18人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 松尾剛次
  • 平凡社 (2012年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582856545

知られざる親鸞 (平凡社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前著『親鸞再考』(NHKブックス)と同様、真宗高田派や仏光寺派に伝わる史料を用いて、新しい親鸞像を描いた本です。

    前著刊行以後に明らかになった、玉日姫が実在したことを示す考古学上の成果について触れるとともに、黒田俊雄の学統を継承する平雅行から寄せられた批判に答えています。

    著者の考える親鸞像については、前に『親鸞再考』を読んでいたので、あまり目新しい印象もありませんでした。また、歴史的史料からの引用が多く、新書として刊行されたことに多少の疑問を感じたのも事実です。歴史家としては真摯な態度なのかもしれませんが、せっかく新書での刊行なので、新しい親鸞像を示すと同時に、もう少し親鸞の思想内容にも踏み込んだ議論を展開してほしかったように思います。

全1件中 1 - 1件を表示

松尾剛次の作品

知られざる親鸞 (平凡社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

知られざる親鸞 (平凡社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知られざる親鸞 (平凡社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

知られざる親鸞 (平凡社新書)の作品紹介

親鸞の生涯は謎につつまれている。「なぜ法然へ帰入したのか」「正妻・玉日姫は実在するのか」「越後配流の真実とは?」「なぜ息子・善鸞を義絶したのか」…。これまでの研究では解ききれなかった謎が、適切な「史料批判」と丹念な読み解き、そして、玉日姫の墓所での「新発見」から明らかになる。従来の研究の限界を超えて、真実の親鸞に肉迫する。

知られざる親鸞 (平凡社新書)はこんな本です

ツイートする