きつね、きつね、きつねがとおる (ポプラ社の絵本)

  • 89人登録
  • 3.90評価
    • (10)
    • (15)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 伊藤遊
制作 : 岡本順 
  • ポプラ社 (2011年4月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591124062

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
マージェリー カ...
三浦 しをん
tupera t...
長谷川 義史
加藤 休ミ
柏葉 幸子
やぎ たみこ
かがくい ひろし
モーリス・センダ...
シゲタ サヤカ
ジョン・クラッセ...
有効な右矢印 無効な右矢印

きつね、きつね、きつねがとおる (ポプラ社の絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • はやく大きくなりたい。だって小さいと、めいっぱい背伸びしても見えないものがたくさんあるから。でも、子どもだから見えるものも、たくさんある。

    夜の川岸で歩いていると、向こうから見えてきたのは狐火。そこから狐の大行列が続きます。柔らかな線と色使いで描かれた狐たちは表情豊かで子どもたちと読者を惹きつけます。それはまるで白昼夢を見ているような気分。不思議な世界に浸りたい時に。

  • 3分06秒。「目線」を巧みに描く。あぁ、私にもきっと見えないものが増えてしまったんだろうな。子どもの感性をうらやましく思う。
    「狐の嫁入り」お天気雨の時に思い出せそう。

  • 2011年4月第一刷


    伊藤 遊・作
     1959年、京都市に生まれる。立命館大学文学部史学科卒業。札幌市在住。

    岡本 順・絵
     1962年愛知県に生まれる。神奈川県在住。

    背が高い大人は、なんでも見られていいな。
    背の低い子供は、いろいろなものが邪魔をして、見通せない。
    でも、子どもには見えて、大人には見えないものもある?

    岡本さんの絵が、素朴で可愛い。そしてお狐さんたち最高です。

  • 視点の移動が見事で、映像をみているみたい。
    こんなこと、あるかも、あったらいいなあと自然に思わせてくれる、少し不思議な余韻の残る絵本です。

  • 子どもの頃、背が低くて、大人に見えて自分に見えないものがありました。ちょっとだけ悔しい思いをしたことがあります。でも、子どもにだけ見えるものがある・・・?!夏の夜の不思議なできごとです。

  • デザイン/宮本久美子

  • 早く大きくなりたい女の子が、子どもだからこそ見えるきつねの世界に出会う・・・・きつねのお祭り、嫁入りが美しい。

  • 大人に見えて、子供に見えないもの…子供に見えて、大人に見えないもの…
    子供時代は 短いよ!! 子供にしか見えない、たくさんの不思議なものを 見よう!!

  • 子供にしか見えないもの
    大人にしか見えないもの

    とっても面白かったです。

  • 子供だけにしか見えない世界ってあるような気がする。ちっちゃくて、背が届かなくて、何をしているか気になるよね。早く大人になりたいと憧れる子供時代。でもね、ゆっくり楽しんだらいいんだよ。かけがえの無い時間なんだから。第17回日本絵本賞受賞作

全27件中 1 - 10件を表示

きつね、きつね、きつねがとおる (ポプラ社の絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きつね、きつね、きつねがとおる (ポプラ社の絵本)の作品紹介

いいなあ、おとなは、なんでも見ることができて…。でもね、こどもにしか、見えないものもあるんだよ。それはね…。

きつね、きつね、きつねがとおる (ポプラ社の絵本)はこんな本です

ツイートする