しあわせになりたい─売野機子作品集・3─

  • 384人登録
  • 4.13評価
    • (33)
    • (37)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 売野機子
  • 白泉社 (2013年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592710578

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
売野 機子
ヤマシタ トモコ
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

しあわせになりたい─売野機子作品集・3─の感想・レビュー・書評

  • 読み返したい作品が多い巻だった。ハネムーン、しあわせになりたいなど。

  • 表題作のしあわせになりたいが、すごい好き

  • 本日読了。

    70年代の少女マンガ家、特に萩尾望都、大島弓子の作品を髣髴とさせる雰囲気。
    絵柄にもノスタルジーを感じざるをえない。

    どの作品も、本当に短いストーリだけれど、
    濃密な物語性に満ち、高い哲学性を帯びている。
    「不安定だったころのキミが好き」
    すごく好き。

  • びっくりするくらい面白かった。全体を通して、視点は鋭く、それでいて素敵なお話が集められていると思った。

    「不安定だったころのキミが好き」「ハネムーン」「しあわせになりたい」が個人的に好き。

    ある日起こった出来事というより、時間をかけて進んでいく話が多い。
    タイムスリップ、人の成長、ロボットが100年過ごして人間を見て思ったこと、など。

  • ブラックな世界の中にある神々しいほど美しい救いの光が売野さんの持ち味だと思う。この短編集は最高。

  • 初めて「好き」と言えるものだった!絵(特に女の子の顔、眼)が好きで、表紙の吸引力に買ってたけど、今まで嫌いではないがうーん、だった。
    今回は掴み所がない中に、優しさとラフさがあって好きでした。変な例えだけど一般向けというか。読後感がいい。あと、女の子がどんどん可愛く綺麗になってきてる!黒髪ショート女子!
    「不安定〜」と「ハネムーン」がよかったなあ。也子さんまりお可愛いよう。掲載誌がジャンプ改…?

  • 表題作が良かった!

  • 不安定だったころのきみが好き

  • 表題作にグッときた。

  • とってもよかった。作風はやっぱり少し昔の少女漫画家さんを思い浮かばせる。
    曙くんと曙さんは続きそうで続かないのかな…べったべたでむしろグッときた

  • 売野機子のサッパリとした世界観が良い。作品集3はSFな感じの作品が多かった。

  • この人の短編はやはりすごく魅力的だと思った。
    詩のようなセリフまわしが一番生きるのかな。

    「しあわせになりたい」はとくによかった!
    願ったら時間をスキップして小学生→高校生になっちゃった、という現実感ののないお話だけど、違和感や矛盾をあまり感じさせずそういうものか、で読めてしまう。これってきっと少女漫画クオリティなんだろうな、と最近思う(少年漫画や青年漫画だとそれなりの科学的説明を必要とすることが多い)。
    それ以外にも、すごく少女漫画的だなと感じる要素はたくさんあって、読んでいるだけで懐かしくなって胸がきゅうきゅうするのだけれど、こういう漫画をまだ読める自分であってよかった、とふしぎな安心の仕方をした。

    それにしても、肇くんいいオトコ!

  • 待ちに待った、三冊目の短編集!
    様々な恋と愛が詰まっています。
    花火のように燃え上がれどあっけなく散る恋。見ず知らずの大人の女性との一時。ヒトとロボットの暮らし。時を跨いだ友情と恋愛。そして、描きおろしはBL風味に。(風味というかBLか)
    今回もお気に入りが生まれました。「不安定だったころの君が好き」「しあわせになりたい」が特に好き。

    ちなみに短編集ですが、「しあわせになりたい」だけは2話構成です。また、恋愛だけでなく友情も描かれていて、数ある短編の中でも密度の濃い話でした。

  • 作品集の中で一番好きかも

  • この人の漫画をリアルタイムで読める時代に生まれて良かった。

  • ・「そして雪を見てもこのせつない気持ちなんてぜんぜん思い出さない大人になるのだ」
    ・「島から島へ島流し?」「ここは北の島。ハネムーンと言ったら南に決まってる」「行くわ行くわ」
    ・「マギィ・マギィ・ワンダリン ムーンライ、ラビットアイ ボンジュール・ボヌール しあわせになりたい」
    ・「最終的にはみんなそれ使って地球誕生の瞬間を見たりするんだと思う。人間ってそーゆー愛しい生き物だよ」
    ・「朝生のゴミとあたしのゴミが混じり合う。どうしよう。ドキドキする」
    ・「重くて何が悪いんだよ。不確かなモンに100%身預けられる女なんてかわいいだろバーカ」
    ・「永遠の愛なんて無いかもしれないけど、永遠の愛を信じてる瞬間のいとおしさは何にも変えられないよね?」
    ・「私は病気みたいです。それでもずいぶん元気になって、今ではうんざりすべき6月の空にもよろこびを見つけてしまう始末なのです」

  • ラストでずどんとタイトルに撃ち抜かれる。
    美奈子ちゃんかわいい。

  • 売野さんの何が良いかというと、
    説明のなさと、それを補うだけの空気感だと思う。
    短編集の中では2つ目の「同級生代行」に入っているお話がどれも好きだけれども、今回も彼女の独特の世界感は十分発揮されている感じでした。
    とにもかくにも、女の子がかわいらしくていいです。かわいい。
    自分勝手でわがままで、それでも一途。
    どんな女の子も、売野さんが描くと途端に可愛くなってしまうので不思議。
    そして、かわいいだけじゃなく、ストーリーに売野さんの考え方(哲学)が滲んでいてそれもやはりいいです。

全20件中 1 - 20件を表示

しあわせになりたい─売野機子作品集・3─を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

しあわせになりたい─売野機子作品集・3─を本棚に「積読」で登録しているひと

しあわせになりたい─売野機子作品集・3─の作品紹介

「楽園」誌上で発表された6本&他誌1本に描きおろしを加えた読者待望の著者3冊目のコミックス。発売中の作品集『薔薇だって書けるよ』『同窓生代行』と併せてお楽しみ戴けますと幸甚です。 2013年7月刊。

しあわせになりたい─売野機子作品集・3─はこんなマンガです

しあわせになりたい─売野機子作品集・3─のKindle版

ツイートする