バックマン・ブックス〈2〉ハイスクール・パニック (扶桑社ミステリー)

  • 170人登録
  • 3.30評価
    • (9)
    • (14)
    • (50)
    • (6)
    • (1)
  • 10レビュー
制作 : 飛田野 裕子 
  • 扶桑社 (1988年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594003654

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

バックマン・ブックス〈2〉ハイスクール・パニック (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

  • 何年か前に数回読了。

    父の拳銃を使い教師2名を射殺し教室に立て篭る少年。
    それは情緒不安定な少年が突如起こした凶悪事件に表向き見えた。
    警官隊やマスコミが囲む学校の一室で人質になる生徒達。
    だが、カーテンが閉じられた教室でHRは始まった。

    大人への不信感を募らせた主人公が起こす事件。
    ルールは単純、生徒を殺す気はない。大人抜きの話をしたい。
    生徒達は初め警戒しますが徐々に秘密の時間に順応します。
    その流れを狂気の伝播と見るか自我の開花と見るか。
    作品の印象を分けるポイントはそこだと思います。
    狂気の伝播と見れば少年少女の純粋さと残酷さが際立ちます。
    でもボクは生徒の開花と見てしまった側の人間でした。
    このHRの展開と結末は、ただの残忍な物語だとは思えなかった。
    ある事件後から絶版ですしお勧めは不謹慎かと思います。
    白昼夢のような教室に入り込みたい方だけ、どうぞ。

  • 絶版って本当ですか?出てすぐに買っておいてよかった!かなり昔に読んだので話の内容をよく覚えてませんが、あまり面白くなかった気がします。今度、再読してみます。

  • リチャード・バックマン
    未読

  • キング、こういう少年が狂う話好きだよね、厳密に言うと狂ってないんだけどね。ゴールデンボーイとかこれ系だよね。キングは解ってらっしゃるからすごい。あと、私が小さい頃からものすごく不安だったことを全く同じようにサンドラが言ってたので、キングも同じように怖かったんだと思う。2008/2/5

  • <A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2007/04/5467_7a0c.html" target="_blank">2007年4月22日</A><br><A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2007/05/post_8ee4.html" target="_blank">2007年5月30日</A><br><A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2007/06/2_5f25.html" target="_blank">2007年6月19日</A>

  • 何でもキングから絶版の指示が出たとか

  • 『バックマン・ブックス』その2。高校生が学校に立てこもり教師を射殺、という某事件に影響を与えたとしても否定できない内容もあり、キング自身が絶版を指示してるとのこと。

  • 名前が違うけど、Sキングの作品です。
    自分のクラスを一人の少年が人質としてとり、午後を一緒に過ごす話。
    だいたいそのクラスと同じ年齢のだったときに読んだので、ああ、わかるってところ結構あったり。

    かなり面白いと思う。

  • 先生を殺害し、クラスメートを人質に立て籠もりを行った高校生がクラスメートを煽って一人の優等生をリンチするというかなりエゲツナイ話。集団心理が起こす危険性を恐怖と見るホラーストーリーとも言える。刺激的ではあるが、現代の心理的病巣について考えさせられるというところまでは行かない。

全10件中 1 - 10件を表示

バックマン・ブックス〈2〉ハイスクール・パニック (扶桑社ミステリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バックマン・ブックス〈2〉ハイスクール・パニック (扶桑社ミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バックマン・ブックス〈2〉ハイスクール・パニック (扶桑社ミステリー)はこんな本です

ツイートする