エジソン理系の想像力 (理想の教室)

  • 20人登録
  • 3.22評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 名和小太郎
  • みすず書房 (2006年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622083238

エジソン理系の想像力 (理想の教室)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 単なる電球の発明者ではなくビジネスモデルを構築して競争に打ち勝つことを徹底するビジネスマンとしてのエジソン。

  • 偉人としてのエジソンについての文章は小さい頃からよく目にするが,それなりにちゃんとしたものは読んできていなかったことがよくわかる.同じ著者のもうひとつの書籍『起業家エジソン』も機会をみつけ読んでみたい.

  • 工学博士が書いておられるので、「快人エジソン」よりも冷静に、また当時の技術を考慮したマッカーとしてのエジソンの凄さや、当時の時代背景からエジソンが活躍できた理由を冷静に捉えています。

全3件中 1 - 3件を表示

名和小太郎の作品

エジソン理系の想像力 (理想の教室)の作品紹介

抜群の知名度に反して、実はよく伝えられてはいない側面も多いエジソン。その革新性と保守性について、工学の専門家が、まったく新しい切り口で語ります。19世紀のビル・ゲイツとも言えるエジソン、その矛盾をはらんだ仕事と人物像を、当時の資料を駆使して、浮彫にします。発明誕生の臨場感をリアルに伝える入門書決定版。

エジソン理系の想像力 (理想の教室)はこんな本です

エジソン理系の想像力 (理想の教室)のKindle版

ツイートする