増補改訂 14歳からの仕事道 (よりみちパン!セ)

  • 64人登録
  • 4.18評価
    • (5)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 玄田有史
  • イースト・プレス (2011年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781690117

増補改訂 14歳からの仕事道 (よりみちパン!セ)の感想・レビュー・書評

  • これは素敵な本だ。誰もが画一的な就活人間になりがちな昨今、普通でいいじゃないと私は思うのだけど(そうは言っても健気に努力するのもその人の性格ならそれが普通かもしれない)、この本に書かれている価値観に強く共感します。やりたいことなど学生の時に見つかることの方が珍しい、やりたいことは見つけるものではなくて出会うものかもしれません。どんな会社に入っても、そこで自分を必要としてくれる人がいて、感謝されるような仕事をしたら、それがやりがいにもなるしやりたくもなるものですね。ちょうど面接しているタイミングで、たまたまFacbook友達がイチオシしていたので急きょ読んだのですが、悩める学生さんは一読を。と言うよりはこれは内定者に読んでもらおうかな。

  • ニートのなんやらでは事実に基づかない煽りの言説で知られる著者だけど、とても文章が上手で、若者に向けたメッセージは胸を打つ。
    いろんなところに書いたけど、社会的な地位のある人が若者に向けて真剣に話をするってシチュエーションに、僕は弱いのである。

  • 前に読んでいると思うのだけれど、思い出せない。「がんばれ」ということばはあまり使わない方がよい。とくにうつ傾向のある人には。それを、この本で読んで知っていたのか、それとも別の何かで知ったのか。ウィークタイズ(弱いつながり)という人間関係が大切ということはたぶん玄田さんの本の中で知ったはず。他の本だったかもしれない。学校に通う中で一番大事なことは、分からないことに慣れること。少し分からないからといってすぐにあきらめたりしないこと。これと同じことは、ずいぶん前から森毅の本で読んでいた。分からなさを頭の中に飼っておくのが肝心。働くことの意味は自分の弱さを自覚するということ。そして、そこに成長するチャンスがある。しかし、それだと自分のために働くということになる?本書の中ではだれかの役に立つために働くというような話は出てこなかったように思う。そこがしっくりこない。ところで、池谷裕二さんの本を読むと、何かの映像で、本人が気づかないほど短い時間、画面に「がんばれ」ということばを出すと、出さなかったときに比べて力が強くなったそうだ。だから最近はしっかりがんばれと言うようにしている。疲れ切っている人間には言わないけれど。それから、苦手な教科の勉強には、なるべくやさしくて自分で解ける問題にたくさん当たってみること。そのうちに脳が勘違いして、自分はこの教科が得意なんだと思うようになる。すると本当によくできるようになってくる。まあ、うまくそのとき、その人によって使い分けていけばよいのだろう。

    (1回目に読んだ時のレビュー、たぶん10年以上前) この本にはなぜ勉強するのかが書いてあります。それは「わけわからん」に付き合う力を身につけるため、というものです。ちょっとわからなければ、すぐあきらめて放たらかしたり、先生に聞いたりしている人が多いのではないですか。しばらく自分で悩んでみませんか。働くようになると毎日がトラブルの連続です。困った、わからん、どうしよう、そんなことがしょっちゅうです。それを乗り切るための訓練を日々の勉強を通してしているのだと考えてみてはどうでしょう。何かが起きたときにどう対処するか、そこをどう乗り切るか、そんな場面でその人の本当の力が発揮されるのでしょう。そんなとき、自分の無力さを感じることがあります。自分の弱さがつくづくいやになることもあります。でも、その自分の弱さを知っているからこそ、本当の意味で強い人間になれるのです。世界で活躍するスポーツ選手などを思い起こせば、皆そうなのではないでしょうか。働くというのは、実はその自分の弱さを知るためなのです。著者は「ニート」の専門家ということで、最近たくさんの本を出されています。その中で本書は中学生にも読めるようにわかりやすく書かれています。勉強のこと、仕事のこと、人生のこと、いろいろ考えるためにぜひ読んでみてください。ちなみに著者と私は同世代ですが、考え方も非常に近いものがあります。玄田さんのホームページ(玄田ラヂオ)もけっこう面白いかも。図書館で借りました。

  • 本書を読むと、自分の進む道がはっきり指し示されるわけではありません。喝を入れられるわけでもありません。仕事に向かう“基本的な姿勢”について、的確に、現実的な視点で教えてくれます。
    学生の方には仕事に対して前向きかつ幅広い選択肢を、既に社会に出ている人には今の自身を客観的に見つめる原点に立ちかえられる本です。そしてその“基本的な姿勢”は、仕事という枠に限らず、人と関わる全ての行為に参考になる内容です。

    「ちゃんといい加減に生きる」

  • 働くとはどういうことか。学生時代に学び養うべきものはなにか。など平易な文章でわかりやすく,納得する部分も多かった。

  • 中学生向けの本になっているけれど大人が読んでもいいと思う。
    理想主義でなく現実的な視点で書かれている。
    つまらなく仕事をする人はいてもつまらない仕事はない。
    向いている仕事はつづけられた仕事で得意な内容ではない。
    野球が得意だからってプロ野球選手になったらみんな得意、+αが必要なのよね。
    勉強はようわからんっていいながら続ける力を養う。
    みにつけるべきは専門性や個性より「聞く力」「メモをとる」「続ける」ってことなんだと思う。それさえ出来たらどんな仕事にも立ち向かえるんじゃないかって思う。でもって、仕事で大変な思いをして、その壁でじたばたするっていう経験こそ賞味期限切れにならない自分の力になるんだと思う。専門性なんか10年たったら古いからね。肝に銘じました。

  • やりたいことは「出会う」もの
    人から聞くこと。事前に調べる、「聴かせていただいている」との姿勢
    何が損で得かはわからない
    人の話をしっかり聴く
    ありがとうには感謝と同時に感動がある
    どんな仕事でどのように働いてきたかをささやかな誇りをもって語れる
    ウイークタイズのつながりを持っている人が転職に成功している
    すべての無駄な動きがなくなり、自分以外の何かに突き動かされている感覚、ゾーンに入る
    ちゃんといい加減に生きる
    働くことの魅力は思いがけない人との出会い

  • 366.29 ケ  登録番号8500

  • 迷うだけ迷った挙句に開き直って決めた道だと潔くなれる

    カベの前でちゃんとウロウロしておく

    中学生向けに書かれた本ですが、
    社会人のわたしも仕事に対する姿勢を見直すきっかけになりました。

    非正規雇用の増加が悲観的に書かれる本が多い中
    フリーターであろうと正社員であろうと
    どんな仕事をしてきたか語れる自分であればチャンスは訪れると
    希望を持たせる主張が珍しく
    好印象でした。

  • 挫折して、壁も乗り越えられない。へろへろになって、開き直る。でも諦めない。そんな格好悪い生き方が格好いい。

全10件中 1 - 10件を表示

増補改訂 14歳からの仕事道 (よりみちパン!セ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

増補改訂 14歳からの仕事道 (よりみちパン!セ)を本棚に「積読」で登録しているひと

増補改訂 14歳からの仕事道 (よりみちパン!セ)はこんな本です

ツイートする