余生 (ソフトバンク文庫)

  • 68人登録
  • 3.57評価
    • (4)
    • (6)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 北野武
  • SBクリエイティブ (2008年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797347296

余生 (ソフトバンク文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やることやって、好きなように生きてきたビートたけしの生き様。かっけぇ!たけし節炸裂。

  • 北野武の自叙伝第一弾。
    今回のテーマは「死」「愛」「笑い」「テレビ」「映画」。

  • 当たらないって言うのが基本だとしたら、売れないでずっと過ごして、そのまま売れないで死んでいくことに対する保険を考えなきゃいけない。

    ほいで俺、いいように絶対考えないね。なんでもこう、悪い方に考えて準備をしておいて、それが現実に起こればほらみろ、ヘヘヘってタイプで。

  • 常に自分の姿を客観的に見ることができ、
    TVにしろ映画にしろ、ひとつにとどまらず
    絶えずその先が見えてしまう才能。

    たけし監督の映画では「キッズリターン」が一番好きだけど
    あの有名なラストの名セリフは自分自身への勇気づけだそうです。


    思わず感動。共感。

  • たけしの自伝。おもしろかったから、同時刊行の残り2刊も読んでみよう。
    インタビュアーは渋谷陽一。

全8件中 1 - 8件を表示

余生 (ソフトバンク文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

余生 (ソフトバンク文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

余生 (ソフトバンク文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

余生 (ソフトバンク文庫)はこんな本です

ツイートする