COLD HEART in TOKYO (ビーボーイノベルズ)

  • 186人登録
  • 4.09評価
    • (18)
    • (28)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 木原音瀬
制作 : 麻生 ミツ晃 
  • リブレ出版 (2014年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799715239

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

COLD HEART in TOKYO (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • なんでこう木原さんのキャラって極端な人しかいないんでしょうねー。現実離れして頭おかしすぎて話に入れない…。いくら学校にほとんど行けてなくて人間関係学べなかったとしても一応細々とは仕事してるし、しかも役者なんて色んな人間の感情を学ぶ仕事で想像力あるはずなのに、あんな人間になるってのは話に無理があると思う…。天才的な役者で役に入り込むなら尚更。癇癪持ちとかならまだありそうなんですが、通り越してただ頭おかしいだけだからなー。二次元にしかいないんじゃなくて二次元にもこんなのいないでしょって思わせちゃうのはどうなんだろ。加減が。いつもやりすぎだよなぁと思います。この半分くらいだったら面白く読めるのに。好みの問題を超えて、門狭めてるような…いやそういう嗜好向けに書いてるなら普通なのか…?
    凶暴すぎて手に負えないから好きだって誤解されたの訂正しなかったらそのまま懐かれて最後は結局絆されるという話でした。まぁ絆されたんなら、お互い幸せな気持ちになれるし良かったね、と思ったんですが、これ続きあるんですよね。絆された後の、甘々幸せな話、なんて事はないんだろうな(笑)最後はぎりぎりBLの範囲内で甘く終わったし、読まない方が良い気がしてきました!買っちゃってるけど。

  • なんか、納得いかないって感じの楠田に対して一途に想う秋沢が鬱陶しいような愛しいような気持ちで読んでしまった。
    まだすれ違いの二人がこの後どうなるのか進展見守るしかない。木原先生だから心していなければ・・・・

  • またしても強烈な攻めキャラに木原さんの文章の面白さが相まってコメディじゃないのにクスクス笑いながら読みました。図体だけ大きくて中身は子供で常識の欠片もないとんでもない男なのにだんだんいじらしく可愛く見えてくるのが木原マジック!そんな彼に振り回される楠田は至って常識的な普通な男なのに読者同様だんだん絆されて煩がりながらも秋沢を憎からず思っている様子…ん?今回痛くないぞ?つか木原さんにしては甘い?ような気もするけれどまだ前半戦。きっとこのまま穏やかに愛を育む訳ないんだろうな…嵐の前の静けさ的な?ニューヨーク編怖いけど期待して読みたいと思います。

  • 大好きな木原さんヾ(≧▽≦)ノ
    今回はCOLDシリーズのスピンオフ、
    透の友達・楠田君編。
    木原さんは常識のない又は
    性格に難のある人を書かせたら天下一品(≧∇≦)b。
    兄と一緒に立ち上げたジュエリーブランドCRUX。
    今回CRUXのイメージモデルとして選ばれたのは
    元、天才子役、今は落ちぶれた俳優の秋沢海斗だった。残念な性格の秋沢。
    そんな秋沢に内心呆れながらも
    仕事のためと割り切り振り回される楠田。
    しかしそんな楠田を
    自分に気があると思い込んだ秋沢は…
    噛み合わない2人がどうなるのか?
    続きが怖い( ̄ー ̄)ニヤリ

  • 待ちに待ったCOLDシリーズスピンオフです。
    コミック発売からの流れで復習しとこうと思って、COLDシリーズ
    3作品を読み直し、しっかりCDも聴いてスタンバイOK。
    この1冊だけで読むと悶えたらいけないので、揃うのを待ってから、いざ!!


    凄くいい人な立ち位置だった楠田さん。
    常識人で本当にとってもいい人。
    そんないい人が出会ったのは、やっぱりとんでもない非常識男でした。
    安定の木原デフォで、ぐいぐい読ませてくれます。
    もうね、兎に角この攻が腹立つんですよ。
    感情の振り幅が異常で、楠田じゃなくてもビビります。
    落ち着かせる為とはいえ、好きでもないのに好きな風を
    装うというのも、木原作品にはありがち展開ではあるんですが、
    これまた不思議で、読み終わる頃にはなんだか攻がとっても
    いじらく思えてしまうマジック……。

    あ、あれ?
    私この攻にイラついてなかったっけ……?
    気づけばなんだか楠田の方が不誠実な気が……という、
    この不思議な感覚。
    比較的穏やかな感じで次巻へ、という流れにぞわりとした嫌な
    寒気がしてるんですが、何となく次を読むのが怖い。
    うまくいってる分、攻がもし裏切られたと感じたときには、
    本当に楠田くん刺されるだけですまないんじゃ……とか。
    このままハッピーエンドだとか、万が一にもあり得ない、
    絶対なにかとんでもない展開が……とそわそわしながら
    次を読みたいと思います。

  • この作家さんらしいキャラの
    作家さんらしい作品でありました。
    ある意味新鮮味はない。
    だけど、王道なのでいつものように
    我儘キャラとそれに服従してしまうキャラに
    イラッとしてみたりするわけで。

    今回は何でそんなことするのか意味わからん、とも
    思いましたが
    それがBLというものなんでしょうと取りあえず
    目をつむることにした。

    それでも面白く読めたのは
    こういうキャラを私が嫌いじゃないってことなんでしょう。
    イライラするけど目が離せない。
    そんなわけでこの後続きの本を読みます。

  • 面倒見のいい楠田がそっちにいってしまうのね~と思いながら読んでいます。

  • COLDシリーズですごく好感を持っていたキャラクター・楠田の相手に
    まさかこんなとんでもないキャラを持ってくるとは・・・。
    読んでる最中何度も「秋沢このやろ~!」「殴りたい・・・」と叫びました。
    続きも購入予定ですが、あらすじ見ただけで「秋沢このやろ~!」と
    叫びました。
    木原さんもうかんべんしてください・・・。

  • まさか、あの楠田さんが?
    本当にびっくりな展開でした。
    続編気になります。

  • 麻生さんの漫画ではまってしまったcoldシリーズのスピンオフ。続くのがわかっていたので、2作目が出てからまとめて読みました。
    本作の方が大概痛かったので今回も大変な内容なのかとビクビクドキドキしつつ読んだのですが、まぁ今回も登場人物の個性がすごかったですね……。
    登場人物の中でも楠田君は普通に好青年なイメージだったのですが、まさかこんな個性的な子に捕まっちゃうとは…まぁ半分自分で招いたのですが。

  • COLDシリーズのスピンオフ。楠田編はちらちらと雑誌で読んでいました…
    こうして一冊になると、けっこうラブラブな話になっていて、いいところで終わっているような。続きは怯えながら覚悟して読まなくちゃいけないですね。

    最初はラブがひとかけらも見えてこないお仕事もののような展開なんですが、その語り口の面白さ、描写の上手さであっという間に引き込まれてしまいます。
    華やかな芸能界やアクセサリー業界が舞台になっているのも、興味津々になるところです。
    楠田は登場人物の中ではとても常識人なキャラなので、ぜひふつうに幸せになって欲しいと願っていたんですけどね~
    変な芸能人にロックオンされてしまうのです!
    本編のあの透も相当だと思ってたけど、さらに上をいくエキセントリックな男が、秋沢です。
    役が「憑依」したビフォーアフターの秋沢の描写は鬼気迫るものがあって、とにかくすごいです。
    天才肌と呼ばれる人の一部には、こういった熱意や執着が突出していることが無きにしも非ずですけど、そうとは言え秋沢に関しては度がすぎています。
    子供っぽいというか、感情のコントロールができないというか、空気が読めていません。

    そんな秋沢に対して、その才能は認め魅了されつつも、人格に対しては心の中でツッコミまくる楠田。そして、エキセントリックな秋沢の行動に怯え、どうにかして彼をコントロールしようと策を講じます。
    それが「俺のこと、絶対に絶対に裏切らない?」の言葉と重なって、以後ますます怖くなって心臓がドキドキしてしまいます…
    その場をしのごうと誤魔化しただけが、気がついたら恋人同士みたいなことになるなんて、泥沼にズブズブって怖いです。
    確かに、楠田はそもそも潜在的に秋沢に魅かれていたのだとも受け取れるし、身体から入る恋愛関係もあるし。

    現在のところ、二人はラブラブです。指輪の件では不覚にも秋沢にキュンとなってしまいました。…でも、その後のHがやっぱりね…というかんじでしたw
    一途に楠田を慕って、執着している姿は嘘じゃないから許せます。
    Hシーンは楠田に萌えまくります。まさかのエロス!
    妄想が脳内で炸裂しました。
    でも、これからの展開を思うとどうなんでしょうね…心配です。
    楠田が幸せであって欲しいんです!
    透と藤島も少し登場していたけど、ちゃんと幸せそうで安堵できました。
    次回書き下ろしもいっぱいあるようなので、どんな展開で読者をまた圧倒させてくれるのか、非常に楽しみです!

  • 赤沢くんがかなり個性的で、透が、あの透が常識のある立派な社会人に見えてくる不思議。楠田くんは相変わらずとても良い人で、彼にはぜひとも幸せになってもらいたいものです、どんな形であったとしても。しかしさすが木原作品、ラブがある場面(1割)でも、そうじゃない場面(9割)でもページをめくる手が止まらないほど面白い。いつものテイストに比べると若干マイルドに感じたので、ニューヨーク編が楽しみではあるがものすごくこわい。

  • 新刊待っていました!
    COLDシリーズの透が大好きなので楽しかったです。
    大概 透もあかん、どうしようもない奴感があるんですが、今回の攻め様はもっと上を行っていて笑えました。
    ダメ人間を描かせて、なんでこんなかっこよく見えてしまうんだww木原マジックカッコいいwwでした。

    秋沢が、自分はとっても愛されてると思いこんでるさまが可愛くてかわいくて!!!!
    疑えって方が無理だけど、一波乱バーン!と来るのが楽しみです。
    楠田が早く秋沢を心から好きになってくれるといいな―。
    もう十分好きだけどさ。
    60歳のおじさんと蛍デートが絵面的にシュールでしたww

    でも今作はCOLDシリーズ、と思うとスピンオフでも心が痛く無く読めてしまったので、ニューヨークに心切り裂かれるのが待ち遠しいです。

    楽しかったです。出版してくれてありがとうございました!
    来月が楽しみです♡

  • あのCOLDシリーズのスピンオフということで楽しみにしていました。

    楠田くん、まさかの展開です(笑)

    そしてまだ続きます。でも、元祖COLDの二人みたいにはこじれないんじゃないかな……。

    しかも、ステージは、楠田兄弟の立ち上げたアクセブランドのイメージポスターに、透と藤島さんの写真が使われたエピソードの後で、ちらりと元祖カップルも出てきます。それがなによりご馳走様、かつ、読み出したら止められず一気に読み切りました。

    あの楠田が、な展開ではありますが、個性的なその相手役の役者がまたとても魅力的で早くも続きが気になります。

    藤島さんと透の話は読むのも聴くのも体力が入りましたが、こちらはわりと軽くいけます。そして、どこかがドラマCD化してくれることを切に願ってます!

    あれ。そういや、発売日まで数日あるのにメイトさんありましたね。ラッキーですが!

  • COLDシリーズスピンオフ。
    「楠田編」

全15件中 1 - 15件を表示

COLD HEART in TOKYO (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

COLD HEART in TOKYO (ビーボーイノベルズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

COLD HEART in TOKYO (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

COLD HEART in TOKYO (ビーボーイノベルズ)の作品紹介

楠田は兄とともに起ち上げたアクセサリーブランドのモデルにかつては天才と言われたものの今は落ちぶれた俳優・秋沢海斗を選ぶ。しかしくせの強い彼は撮影日に大暴れ。カメラマンと殴り合いをしてしまう!それでも彼と辛抱強く付き合ううちに秋沢から懐かれた楠田は、好きだと誤解させてなんとか彼を操ろうとする。だが恋人と思い込んだ秋沢の人一倍深い執着心に次第に絡め取られていき…。COLDシリーズスピンオフ、楠田編。

COLD HEART in TOKYO (ビーボーイノベルズ)のKindle版

ツイートする