年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち

  • 384人登録
  • 3.22評価
    • (9)
    • (32)
    • (46)
    • (22)
    • (2)
  • 47レビュー
著者 : 伊藤邦生
  • 中経出版 (2013年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806146346

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
三浦 しをん
リー・コールドウ...
川原慎也
池井戸 潤
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちの感想・レビュー・書評

  • 年収=経済的な豊かさではないね、という本。資産運用にあまり馴染みのない貯蓄至上主義な日本でずっと生きていると、どうしても年収に目がいきがち。

    これからは、収入源も資産形成も複数に分散して、時間もお金もポートフォリオを組むのが当たり前の時代になっていくのだろうけど、まだまだ世の中のサラリーマンの多くは年収を上げるために必死に労働者やってるんだなぁ、と感じられる。
    自分はそうはなりたくないなぁ、と。

    投資云々の前に、そもそも世の中のお金の仕組みを知らずに、お金を貰って使っているのは、非常に恐ろしい事で…
    歴史、数学、経済(お金)の勉強は、本来10代のうちにしっかり学んでおくべきだと思う。自戒も込めて…

  • なかなか勉強になる本を紹介してくれる一冊でした。笑!この本自体は考える、お金に対して気がついてくれ!と、注意を与えるものであって、だからどうするかは自分で勉強してね。

    みたいな無責任感目一杯でした。

    ただそこにこれだけはやったらダメだよ。っていう注意として、札幌の不動産。という項目あり。笑!!!
    住んでるだけあって興味深く読ませてもらったのだご、札幌の不動産が一番のババ。北海道ではなく札幌。なにはともあれ札幌の不動産だけは損をするとな。なるほどなるほどーと、かなりの勢いで納得でした!著者自身も不動産投資のエキスパートであり、内容も確かに納得のいくものでした。まぁ、買う予定もないんだが、そういうカラクリを知っておくのは、一つの目安にもなるなぁ。と、思い至る一冊でした!

  • 不動産投資を推奨している本。
    なんだか株式投資とくらべてリスク高そうだし、この本読んでもその印象は変わらなかった(かなり勉強してからやらないと、一歩間違えると大損失しそうなイメージ)。
    それにしても、20代後半の年収300万円の人が、妻子持ちなのに貯金1000万円もあるという状況にどうやってなれたのかよく分からない。自分は実家ぐらしで、趣味も少ないからあまりお金使わないほうだと思うのだけど、貯金は500万円もない。年間いくらぐらいの出費で生活してるんだろう。
    それにしても、この著者は何のためにお金を貯めようと思うのだろう。仕事で稼いでるお金のほとんどは大家さんや居酒屋、スーパー、衣料品店、自動車メーカー、電機メーカーなどのために使われ、自分のためのお金になっていないとまで書いてしまってるけど、いや、そこで使った分の価値は自分に返ってきてるだろうと。

  • とくに新たな発見はなし

  • 何をするにも自分で勉強して確証を得ないといけないなと思った。ネットとか雑誌にいろいろ情報はあるけどそれを鵜呑みにするんじゃなくて勉強して確信する必要がある。
    よく話題にあがる金持ち父さんも読んでみようと思った。

  • 中古マンションの投資で儲けましょう。
    中古マンション市場は高い確率で儲けられる。なぜなら素人が多いから。
    株は儲からない。プロでも勝率は低い市場だから。素人は太刀打ちできない。
    でも、中古マンションで儲けるにもよく勉強しましょう。何があっても自己責任です。
    という本。

  • よくある不労所得を増やしていこうというビジネス書。

  • タイトルの内容はあまりなく、結局は投資の指南書か。投資信託や株など薦められるだけでやっても本当に勝てるわけでなく、それなりの勉強や研究をしなければなりませんとのこと。それでもって、比較的きっちり取り組んでいる人の少ない不動産投資が勝ちやすい、ということでした。
    いちいち納得できる内容でしたが、そんな時間は取れないよな〜。自分でも分かっていることを、滔滔と諭された感じ。スッキリしないけど、やっぱりそうですよね〜。

  • 面白いと思った部分:私たちは、生活費を除くと公務員と建設会社と銀行員・保険マンを食べさせるために働いている。投資を行う際には優位性、規律(得意分野以外の優位性のない投資はしない)が必要。最初は小口から始める。

  • 図書館で借りた。
    不動産投資を勉強をしてからしよう、という本。
    読んでみると良心的で真っ当なので☆3つ。
    特に誘導なし。

    << 以下は自分用メモ >>
    著者愛読書『バビロンの大富豪』(ジョージ・S・クレイソン著)
    『お金の教科書』(泉正人著)は良書。
    『経済の法則』(ハリー・S・デント・ジュニア著)絶版だが良書。
    『バブル再来』(ハリー・S・デント・ジュニア著)で詳しく理論が説明。
    『敗者のゲーム』(チャールズ・エリス著)
    『マーケットの魔術師』(ジャック・D・シュワッガー著)は名著中の名著。シリーズ!
    『人生と投資で成功するために 娘に贈る13の言葉』(ジム・ロジャーズ著)読了。
    『新約聖書』
    『億万長者 富の法則』(ロジャー・ハミルトン著)著者のビジネスのメンター。
    『ファミリーウェルス 三代でつぶさないファミリー経営学』(ジェームズ・E・ヒューズJR著)

  • 証券だろうが不動産だろうが投資するなら勉強しましょう。思考停止で儲かる投資など無い。

  • お金の流れそのものが生き方と直結するのだと感じた。資産のダムがどうなるか、一つ一つを勉強しようと研かれた気分である。

  • 豊かな人生を送るためにお金の奴隷になるのでなくお金の主人になりましょう。

    そのためには、まず、投資できる資金を自分の収入の中で確保する。

    そして自分の投資マーケットにおける強みを作って投資する。筆者は投資信託のような証券会社へのお任せ投資では、儲かるわけがないと言っています。株式、事業投資よりも不動産(マンション経営)が狙い目とお薦めしています。
    とはいえ、楽に成功するわきゃなく、自分の得意分野で十分な勉強をし、忍耐、覚悟をもって望むべきだと。

    キャッチーなタイトルに惹かれましたが、結局、述べられていることは、当たり前のことで、みんな、その当たり前のことができない。できないんだったら、投資しない方がマシということになる。結局、楽して儲かる話はないということです。出来ない理由は人の弱さですね。

    将来(老後)に向けての蓄えは欲しいけど、リスクをおかして今ある資産を振り分けるのは勇気がいる。自分は投資前に損切りできる覚悟がもてない。なかなかなぁ...そうこうしているうちに、どんどん歳とっていく。

  • また不動産投資の話や。

  • 年収1000万であっても、川のように流れていては貧乏であり、年収300万でもダムがしっかりしていればお金持ち。そしてある程度の貯蓄が出来たら投資で増やす。そんな内容でした。参考にはなりますが、自分は素人だし得意分野もないので無理だな。努力も足りそうにない。

  •  不動産投資がそんなに良いものなのだろうか。
     お金持ちになりたい人が読まされる本は大抵ネット商売か不動産投資、どちらも今の世の中微妙な範囲に入り込んでいるような気がするのだが間違いか。

     文中気になるひと言 どれも金融投資をうたっているが不動産投資にも当てはまると思うが

     証券マンの言うことは聞いちゃいけないよ。彼らのアドバイスはお父さんを豊かにするアドバイスではなく、証券マンが豊かになるためのアドバイスなのだから 87

     投資の本質はゼロサムゲーム みんなでお金を持ち寄って、お金の取り合いをする行為 97
     
     無料のセミナーは、投資のノウハウを教えて投資家に設けてもらうためではなく、自社の顧客になる投資家を集めて顧客リストを作ることが目的だからです。 128

     
     
     
     となりの億万長者 トマスJスタンリー 早川
     バビロンの大富豪 ジョージSクレイソン キングベアー
     経済の法則 ハリーSデントジュニア 絶版
     バブル再来 同
     敗者のゲーム チャールズエリス 日経
     マーケットの魔術師 ジャックDシュワッガー パンローリング
     三代でつぶさないファミリー経営学 ジェームスEヒューズ 文園 

  • 5回目の通読。

    借金して、マイホームを買うと、一生、建設会社や銀行、保険会社のために働く人生になるとのメッセージは言いえて妙。

    不確実な時代を生きるにあたり、給与所得以外の不労所得をいかに確保していくかは誰もが真剣に考えていくべき課題と感じた。

    貯金がそこそこあって、いろいろな投資話に関心があるが、自分の強みを活かせる分野に絞り込みができていない「カモ」のステージと、1-2種類の自分の強みが活かせる投資に絞り込んで動き出している「ヒヨコ」のステージの差が大きいと整理。自分に当てはめるとまさに「ヒヨコ」のステージに行くべく試行錯誤中だと自省。

    証券会社勤務の著者は株や投資信託は一般個人投資家が設けるのは難しいとし、不動産、特に地方都市での不動産投資で知見を蓄積し、安定した家賃収入とコンサルなどを実践。

    あとは、分散投資は大金持ちが資産を守るための手段で資産形成は集中投資が必要との指摘は考えさせられるものがあった。

  • 不動産投資をしたくなったら読もう
    金持ち父さんと同じ話かな?

  • 読みやすかったです。
    不動産投資がメインで書かれており、もっと詳しく知りたくなりました。

  • うーん、金持ち父さんとほぼ同じでないようでは。。?
    わざわざ書く必要あるかな

  • ・現代社会で生活することは「多くの企業の練りに練った販売戦略を行い、消費活動を喚起させようとしている社会で生きてく」こと

    ・借金をしてマイホームを買うと、一生、建設会社や銀行、保険会社のために働く人生になってしまう

    ・株価の上下は40代半ばの数に比例する

    ・株は全員がかったらそれ以上はあがらない

    ・富を維持するにはそれに見合った能力が必要。
     子供には資産だけでなく、お金に対する考え方、資産運営する能力、よい投資案件を引っ張ってくるネットワーク、弁護士などの知的つながりこれらをすべて残さないといけない。

    ・分散投資はお金を守るための考え方であり、増やすための考え方ではない。「投資の分散は無知に対する防御しかならい」また、ファンドマネージャーの職を守るためにある言葉。

  • 最初の方は参考になったが、
    中盤以降は不動産投資についてのお話し。
    よいとはいうが、ちゃんと勉強をして知識がなければ簡単にはできない。

  • 借金に対する頑なな思い込みに気づかされた今日この頃です。にっちもさっちもいかなくなってする借金はよくないかもしれないけれど、資産運用のためのあえての借金はありなんだなと思うことができました。きちんと勉強して、自分で判断できるようになるべく準備が必要だということもよくわかりました。

    証券会社の人はその証券口座を持とうと思わないと言っているのがとても意外でした。

全47件中 1 - 25件を表示

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちに関連する談話室の質問

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちを本棚に「読みたい」で登録しているひと

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちを本棚に「積読」で登録しているひと

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちの作品紹介

「お金の奴隷」になるな、「お金の主人」になれ。ほんとうのお金の「生かし方」がわかる。

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちの単行本

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちのKindle版

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちの文庫

ツイートする