年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち

  • 384人登録
  • 3.21評価
    • (9)
    • (31)
    • (46)
    • (22)
    • (2)
  • 47レビュー
著者 : 伊藤邦生
  • 中経出版 (2013年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806146346

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川原慎也
デール カーネギ...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちの感想・レビュー・書評

  • なかなか勉強になる本を紹介してくれる一冊でした。笑!この本自体は考える、お金に対して気がついてくれ!と、注意を与えるものであって、だからどうするかは自分で勉強してね。

    みたいな無責任感目一杯でした。

    ただそこにこれだけはやったらダメだよ。っていう注意として、札幌の不動産。という項目あり。笑!!!
    住んでるだけあって興味深く読ませてもらったのだご、札幌の不動産が一番のババ。北海道ではなく札幌。なにはともあれ札幌の不動産だけは損をするとな。なるほどなるほどーと、かなりの勢いで納得でした!著者自身も不動産投資のエキスパートであり、内容も確かに納得のいくものでした。まぁ、買う予定もないんだが、そういうカラクリを知っておくのは、一つの目安にもなるなぁ。と、思い至る一冊でした!

  • 何をするにも自分で勉強して確証を得ないといけないなと思った。ネットとか雑誌にいろいろ情報はあるけどそれを鵜呑みにするんじゃなくて勉強して確信する必要がある。
    よく話題にあがる金持ち父さんも読んでみようと思った。

  • タイトルの内容はあまりなく、結局は投資の指南書か。投資信託や株など薦められるだけでやっても本当に勝てるわけでなく、それなりの勉強や研究をしなければなりませんとのこと。それでもって、比較的きっちり取り組んでいる人の少ない不動産投資が勝ちやすい、ということでした。
    いちいち納得できる内容でしたが、そんな時間は取れないよな〜。自分でも分かっていることを、滔滔と諭された感じ。スッキリしないけど、やっぱりそうですよね〜。

  • 図書館で借りた。
    不動産投資を勉強をしてからしよう、という本。
    読んでみると良心的で真っ当なので☆3つ。
    特に誘導なし。

    << 以下は自分用メモ >>
    著者愛読書『バビロンの大富豪』(ジョージ・S・クレイソン著)
    『お金の教科書』(泉正人著)は良書。
    『経済の法則』(ハリー・S・デント・ジュニア著)絶版だが良書。
    『バブル再来』(ハリー・S・デント・ジュニア著)で詳しく理論が説明。
    『敗者のゲーム』(チャールズ・エリス著)
    『マーケットの魔術師』(ジャック・D・シュワッガー著)は名著中の名著。シリーズ!
    『人生と投資で成功するために 娘に贈る13の言葉』(ジム・ロジャーズ著)読了。
    『新約聖書』
    『億万長者 富の法則』(ロジャー・ハミルトン著)著者のビジネスのメンター。
    『ファミリーウェルス 三代でつぶさないファミリー経営学』(ジェームズ・E・ヒューズJR著)

  • 証券だろうが不動産だろうが投資するなら勉強しましょう。思考停止で儲かる投資など無い。

  • 年収=経済的な豊かさではないね、という本。資産運用にあまり馴染みのない貯蓄至上主義な日本でずっと生きていると、どうしても年収に目がいきがち。

    これからは、収入源も資産形成も複数に分散して、時間もお金もポートフォリオを組むのが当たり前の時代になっていくのだろうけど、まだまだ世の中のサラリーマンの多くは年収を上げるために必死に労働者やってるんだなぁ、と感じられる。
    自分はそうはなりたくないなぁ、と。

    投資云々の前に、そもそも世の中のお金の仕組みを知らずに、お金を貰って使っているのは、非常に恐ろしい事で…
    歴史、数学、経済(お金)の勉強は、本来10代のうちにしっかり学んでおくべきだと思う。自戒も込めて…

  • 豊かな人生を送るためにお金の奴隷になるのでなくお金の主人になりましょう。

    そのためには、まず、投資できる資金を自分の収入の中で確保する。

    そして自分の投資マーケットにおける強みを作って投資する。筆者は投資信託のような証券会社へのお任せ投資では、儲かるわけがないと言っています。株式、事業投資よりも不動産(マンション経営)が狙い目とお薦めしています。
    とはいえ、楽に成功するわきゃなく、自分の得意分野で十分な勉強をし、忍耐、覚悟をもって望むべきだと。

    キャッチーなタイトルに惹かれましたが、結局、述べられていることは、当たり前のことで、みんな、その当たり前のことができない。できないんだったら、投資しない方がマシということになる。結局、楽して儲かる話はないということです。出来ない理由は人の弱さですね。

    将来(老後)に向けての蓄えは欲しいけど、リスクをおかして今ある資産を振り分けるのは勇気がいる。自分は投資前に損切りできる覚悟がもてない。なかなかなぁ...そうこうしているうちに、どんどん歳とっていく。

  • また不動産投資の話や。

  • 読みやすかったです。
    不動産投資がメインで書かれており、もっと詳しく知りたくなりました。

  • 給与の川、不労所得の川。

  • 豊かな人生とは。
    安易な投資に反省。
    カモからゴールドスワンとまでは言わないが、
    お金の主人になりたい。

  • 不動産投資をして不労所得を増やしましょう、という内容。
    不動産を勧めるのは、それが素人のマーケットだからとのこと

  • 金持ち父さん貧乏父さんの類似本。マーケットでの優位性を確保した上で投資を行うこと。証券より不動産のほうがリスクは低く不労所得を得やすい。優位性の確保の仕方が知りたい。

  • 自分で勉強して投資すべし。

  • •優位性で投資、人任せにしない
    •分散投資、投資信託は意味が無い
    •フルローンは高い利益水準以外はやらない

    《アクションプラン》
    •目先は投資資金貯蓄ー300万円
    •300万円貯めて少額不動産投資or少額ワイン投資
    •グループB保険のカット
    •投資用ローンは次の赴任前か、家賃補助付きで東京勤務の場合再検討
    •今の持ち家は賃貸に
    •金持ち父さん貧乏父さんを読む
    •ワイン投資の本を読む

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちの単行本

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちのKindle版

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちの文庫

ツイートする