テメレア戦記V 鷲の勝利

  • 84人登録
  • 4.21評価
    • (6)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 那波かおり 
  • ヴィレッジブックス (2013年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (493ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864911054

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ナオミ・ノヴィク
乾石 智子
小野 不由美
冲方 丁
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

テメレア戦記V 鷲の勝利の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イギリスに居る時にこの本を読んで、場所と本がリンクした相乗効果もあり、文句なしに楽しかった。

  • やっと読み始めたテメレアp(^_^)q
    テメレアとローレンスが、巡り会えそうで、なかなか会えないところなんか、ひと昔前の、恋愛小説みたいで、ハラハラする。・°°・(>_<)・°°・。
    イギリス軍に復帰しても屈辱的な戦いにしか参戦できない二人。。。それでも、ローレンスを信じ続けるテメレアが切ないです。
    それでも、サルカイの一言で自分を取り戻したローレンスに安堵しました。
    ナポレオンとリエンを撃退しても、まだ囚人扱いなのが悔しいけど、いっそオーストラリアの方が伸び伸びできるかも⁈
    次巻に期待。イスキエルカがテメレアの卵を産むのかも、楽しみ( ^ω^ )

  • ローレンスが不幸過ぎる・涙 
    次作オーストラリアでは幸せになって欲しい。

  • ローレンスがずっとへこんでるのがいらっとするけどテメレアかわいかった。

  • 結構あいだがあいちゃったから忘れちゃった部分が多々あり残念。ローレンスとテメレアってこんな仲だっけ。相変わらずラブラブなんだけど、ローレンスはたくさん大事なものを失っちゃって、多分これからは今まで通りにはいかないんじゃないのかな。テメレアは頭はいいけど本当まだ子供だし、間違ったことはしてない。だけど、ローレンスひとりがたくさんの犠牲を払ってしまってる。人間より動物が好きだからドラゴンが死んでいくのは胸がえぐられるようだった。次はオーストラリアか。また新しい展開になるのが楽しみ。早く読みたいな。那波かおりさん、よろしくお願いします。

  • ナポレオン戦争時代にドラゴンが存在して、人語を解し、戦力として存在していたら・・・という虚実の入り混じった壮大な歴史ファンタジーの5作目にあたる。
    前作から引きずった暗い影はローレンスとテメレアの両者につきまとい、彼らにとって敵はなんなのか、幸福はどこにあるのかもわからなくなってしまう。
    ついにナポレオンは英国へと侵略し、本土決戦が展開する。
    ローレンスは叛逆者の烙印を押され、テメレアは初めて自身の要求が我を通すことであり愛するローレンスを苦しめていることに気づく。
    テメレアの成長が愛らしく微笑ましくもあるけれど物語は暗い色調を帯びたまま次巻へと続く。
    次の作品では、ふたりが汲々とせずもっとのびのびと楽しく空を飛び回ってくれたらいいなぁ。

  • 2月6日読了。図書館。重苦し~い。でも、ローレンスとテメレアはすごく面白い。

全9件中 1 - 9件を表示

テメレア戦記V 鷲の勝利に関連する談話室の質問

テメレア戦記V 鷲の勝利を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

テメレア戦記V 鷲の勝利を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

テメレア戦記V 鷲の勝利を本棚に「積読」で登録しているひと

テメレア戦記V 鷲の勝利の作品紹介

黄金の鷲の軍旗が英国の土に突き立った。ナポレオンがついに本土に上陸したのだ。だが、この国家存亡の機にテメレアと担い手ローレンスの姿はない。世界のドラゴンを救うため、命を賭した代価は、国家への反逆罪だった-テメレアよ、嘆きの淵より舞いあがれ!

ツイートする