五分後の世界 (幻冬舎文庫)

  • 4104人登録
  • 3.72評価
    • (521)
    • (478)
    • (846)
    • (72)
    • (27)
  • 467レビュー
著者 : 村上龍
  • 幻冬舎 (1997年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877284442

五分後の世界 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もっと村上龍作品に触れたくて見つけてすぐ手に取った一冊。内容については、なにか今の日本を皮肉っているようなところがよく感じられた。しかし、国のもとをただせば個人の集まりであるし、P120の「誰も何が欲しいかわからないからみんなが買うものを買う」とか、P121の「みんな誰かの言いなりになっている」とか、P156の「アメリカ人の好きそうなものを好んで、それが異常だと気づけない」とか、この辺の言葉になぜか自分がヒヤッとさせられた。もちろん共通言語として英語を勉強したり、自分とは違う容姿、文化を持つ外人に憧れるのは、ないものねだりな人間の性からしてしょうがないことだと思うけどやっぱり日本人の精神的な強さとかそういうところは誇りに思わないといけないと思った(現代人にその強さが備わっているかは別として、、)。
    また、本解説を読んで村上龍作品の楽しみ方がわかったような気がした。やはり本を読むからには「結末」が欲しいと思うのが普通だけど、村上龍作品には明確な結末がない(ように自分は感じる)。だからこそ、初めて村上龍作品を読んだとき、なんだこれ、、、と読了後には何も残っていないような感じ(物語の結末がよくわからないような感じ)がしたけれど、印象として描写とか表現がすごかったなあとしっかり覚えていて、その印象に残ったような残ってないような不思議な感覚にはまった。でも、本を読んだ後に結末をだれかに話すために本を読んでいるわけじゃないし、その場その場の描写とか表現を楽しむというのが独所の本質だとすれば、村上龍作品はやっぱりすごいと改めて感じた。
    こんなにレビューを長く書いたのは久しぶりだし、やっぱりなんか他の本とは一線を画していると思う。もっと読みたい。

  • 結論。

    どのような世界であっても、
    そこをどのような世界だと把握し、
    どのように生き残るかを考え、
    たとえそこに矛盾や不条理が転がっていても、
    生き抜くのだと自ら選択することが、
    たったひとつの答え。

  • 読み終わりました。

    こんなにも読みながら
    ドキドキした本は初めてでした。

    戦いの様子が本当にリアルに
    細かく描写されていて、
    引き込まれました。

    最後の1ページまで
    ハラハラドキドキして
    油断できませんでした。

    あ、ミズノ少尉が
    かっこよかったです。笑

  • ヘビロテ本のひとつ。
    とっくにブクログに書いたと思ってたのにまだでした。

    今の次元とほんの五分だけ時間のずれた別次元の日本。
    そこに迷い込んでしまった男の話。
    先の大戦で降伏せずに戦い続けた版の日本がそこにはあって、地下に追いこめられても誇りを失わず戦い生き抜く日本人たちに戦慄を覚えつつも誇らしい気持ちになる。
    村上龍の書くナショナリズムが大好きだ。
    この人は退廃したものを逐一描写することで、逆に際立つ気高さというかプライドというか、そういうものを示そうとしてるんじゃないかと思います。

  • 面白かった!果てしなく地獄絵図 !インパクト大。延々と続く暴力描写、終始「もっとこの痛みを感じろ」って訴えかけられてた気がする。
    しかし、その描写の中には人物の感情は殆どみられず、ただ延々と繰り返される情景の様な描き方で、それはワカマツのポリリズムとどこが重なる印象を受けた。
    だからか、わたし自身は暴力描写があまり好きではないのだけど、殆ど抵抗なく読めた。
    相変わらず村上龍さんは音と色の表現が純朴で美しいんだけど、その純朴さと凄惨な場面描写がアンバランスで残酷で、美しさがより一層際立つ。

    暴力描写よりなにより、一番嫌になったのは非国民村の場面。
    あの薄気味悪さっていったらもう !

    頭に描いた「恥にまみれた顔」というものが、読み終わった後もこびりついて離れない。

  • 『希望の国のエクソダス』の次に読む本として挙げられていたので手に取った一冊。
    構成が独特で、とにかく情景描写が細かい。序盤の戦闘シーンが冗長的だが無駄な描写は1つもないので、多分これでいいのだろう。
    ラストシーンが大変に美しい。読後しばし呆然とした。エクソダスよりも非常に攻めた日本観といえるのではないか。

  • 選択肢は無限に用意されている
    何を選択するか
    国の選択はわたしの命を左右するし
    わたしの選択は国の在り方を左右する
    意思を持つ人は尊い、そして

    少尉らの思考力と決断力の凄まじさに驚愕する

  •  小田桐は気が付くと森を行く隊列を歩いていた。
     箱根の別荘に、先ほどまでいたはずが。
     周りを見回すと、日本人に似ているが混血児ばかりだ。
     
     なぜ自分がここにいるのか。ここがどこなのか。こいつらは誰なのか。
     全く分からないままに着いた先で、日本人の軍人から質問を受ける。
     貴様は誰だ。

     ここは、第二次世界大戦が終戦を迎えず、本土決戦を経た後の日本だった。

     日本国民、準国民、そして非国民。
     国土を分割統治され、人口が激減した日本を描く。


     とても村上龍らしい。
     戦後日本は、誇りを失ったと喝破している。

     国家として承認されず、精鋭のゲリラ集団と化した日本人だが堂々している。恥じることがないからだ。

     その誇りを守ったゆえの犠牲は大きい。
     誇りを守った日本人と、誇りを失い媚びて生きる日本人の対極が存在している。

     日本は戦前と戦後で断絶している。
     もしそれが連続していたならば、あなたは遅れた5分間を、進めるだろうか。

  • 仮想現実のノンフィクション、といえる作品。日本が降参していない五分後の世界でのリアリティを、村上龍らしい背徳や汚物を含め表現されている。「略語や過剰な敬語は意味を見失ってしまう。」現代への布石もある。各地でのスラム化の一方、理想的な統率体制で憧れとなるアンダーグラウンドのゲリラ日本。得るものは何もなく「小説」としての世界をそのままに見ることができる作品。

  • 5分後の世界。
    パラレルワールド。
    買って一気読み。

    今いる世界から、突然、第二次世界大戦で日本が降伏しなかった場合の世界へとタイムワープする。
    そこでは、日本は26万人となっており、アンダーグラウンドを本拠地として、国連軍と戦っている。
    主人公は、戦いに巻き込まれつつ、パラレルワールドの世界へと染まっていく。

    僕は戦争をしていた世代の次の次の世代。
    降伏した日本に慣れ切った世代。

    今ある枠組みの中で、アメリカに伺いを立てながら政治が行われる日本で生活している。
    つまり、日本人としてのプライドをなくしつつある世代。

    日本人としてのプライドってなんだろう。
    生きること、生きるために戦うことがプライドであるならば、今の生活は堕落しすぎじゃないか。(恵まれすぎているってことなんだと思う)といっても、戦いの目的は平和なんだから、戦うことがプライドのすべてではないのか。
    そんなことをつらつら考える。
    本にはふーんで終わるものもあるけど、この本は、自分ってなんだってことをガンガン押し付けてくる。

全467件中 1 - 10件を表示

村上龍の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田口 ランディ
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

五分後の世界 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

五分後の世界 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

五分後の世界 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする