14歳からの哲学 考えるための教科書

  • 2400人登録
  • 3.66評価
    • (214)
    • (180)
    • (350)
    • (45)
    • (17)
  • 268レビュー
著者 : 池田晶子
  • トランスビュー (2003年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901510141

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池田 晶子
綿矢 りさ
ZOO
乙一
有効な右矢印 無効な右矢印

14歳からの哲学 考えるための教科書の感想・レビュー・書評

  • 読むのにものすごく時間がかかりました。
    なんせ"考えるための教科書"です。
    一文読んでは前に戻り、一章読んではページを閉じて思案する。
    哲学に馴染みのない人にもわかりやすいように平易な言葉で書かれているけれど、それでもやっぱり難しい…。
    わかった部分は自分でもう一度考えてみる。
    わからない部分(たくさんあった!)は、少しでも自分の言葉に置き換えて、書いてある内容を咀嚼してみる。
    行ったり来たり、立ち止まったり、頭を使う読書となりました。

    自分とは何なのか。
    死とは、善悪とは、心とは。
    大人でも自分の答えをもっている人は少ないのではないでしょうか。
    日常や仕事に追われて流れていく日々の中、時に立ち止まってきちんと考える時間を持ちたいと思いました。
    まずは「言葉を大事にするということが、自分を大事にするということなんだ」という一文を胸に、毎日を暮らすことにします。
    自分の中でほどよく熟成されたころ、もう一度、二度、三度…と読み返してみたい1冊です。

  •  池田晶子さんが書いた『14歳の君へ』という本がどちらかというと池田さんの考えた結論に近いものだとすれば,こちらの『14歳からの哲学』という本は,その考える過程を書いている本であると感じました。そのため,読みやすさでいえば,『14歳の君へ』の方が読みやすいかな。けど,考えるという点では『14歳からの哲学』の方が考えさせられるな,と思いました。
     読んでみると,普段分かっているつもりのことが実は分かっていなかったということに気づかされます。分からないことについて考えることの大切さを伝える本です。
     「当たり前」のことが本当に当たり前なのか,人生で必ず一度は考えたことのありそうなことについて,深く掘り下げて考えることのきっかけを与えてくれました。

  • 本書は、中学生向けに書かれた哲学書です。でもその内容が子供向けで難しくないものかというとそれがそうでもありません。平易な言葉を選んで書かれているものの、その内容は大人が読むにも十分に耐えうるもの。むしろ、大人が読んでも十分に哲学の内容であり、何を言っているのかわからず道に迷ってしまうため、何度も同じところを読み返してしまうこともありました。

    「自分とは誰か」という章では、先ず自分が何なのかを説いています。「私」が自分を支持するための代名詞、自分というのは代名詞「私」より先にあるもの。その自分こそが、名前でも代名詞でもない、自分であるところのもともとの自分。自分は自分が自分であるとわかるけど、どうしてわかるのだろうか。

    「わからない」と感じることを、どこまでも考えてゆくようにして下さい。「わからない」ということは、答えではなくて、問いなのです。君が毎日やっているその自分とは、本当は何なのか、知りたくないはずはないでしょう。

    勉強でも仕事でもできる人というのはわからないと曖昧にしないのでしょうね。私は割といい加減なところがあるので、曖昧にしちゃうことも多いけど、拘りのある部分は決して曖昧にしたがらないので、あらゆる点においてそうしている人は尊敬します。

    「心はどこにある」の章では、「心」とよbンでいる思いや感じや考えのことを感情と精神に分けている。前者が動いて変わる部分、後者が動きも変わりもしない部分。感情は感じるもので、精神は考えるもの。ここでは感情がいけないものと言っている訳ではなく、精神の働きがなぜ大切なのかを教えてくれます。

    「規則」の章では、どうして社会生活には規則が必要なのかという考察が書かれています。この内容が哲学書であるので、単純な説明に終わらず一歩内側に踏み込んで疑問を解明しようとしています。

    「品格と名誉」は目からうろこである。「上品」「下品」という言い方がある。「じょうひん」「げひん」ではなくて、「じょうぼん」「げぼん」と読み、これらは似ているけれど微妙に違っているそうです。「げぼん」に対するところの「じょうぼん」というのは、見た目の感じのことではなく見えない人柄、人の内面性を言う言葉らしい。「じょうぼん」「げぼん」というのは、徹頭徹尾、人の内面、精神性こそを評価する言葉なんだそうです。知りませんでした...

    精神は自分を自覚する。精神としての自分を自覚するんだ。そして、精神にとっては精神よりも大事なものはないと知る。なぜなら、精神としての自分にとって何が大事かを考えて知ることができるのが、まさしくその精神だからだ。自分を大事にするとは、つまり、精神を大事にするということなんだ。

    ううむ、哲学ですな。自尊心とプライドの違いも説明されています。自分の価値より他人の評価を価値としているとするとそれは自尊心ではなくて、単なる虚栄心だということだ。なるほど。さらに嫉妬という感情も同じ理屈です。ヤキモチ、自己主張、自己顕示、見栄など普段何気なく使っている言葉もこうやって理路整然と説明されると考え直させられますね。

    【宇宙と科学」の章では、「自分がある」ということと「自分がない」ということ、「今」とはいつで、時空とは何で、「自分」とは誰なのかを説いています。

    読み進めていくと、頭が冴えているときはするすると読めて内側をえぐって解明していることもすんなり頭に入ってきますが、頭が冴えていないときは何だかよくわからなくなりぐるぐると頭が回りだし何度も同じ行を読み直しては考えたりするので、読了するのに思いの外時間がかかってしまいました。これを読んで、ここに書かれている内容をすべて理解する中学生はきっといるのでしょうし、そういう子供達ってすごいなって思います。:-)

  • 抽象的な観念から、生きる意味まで。
    私は幼少時からこのようなことを考えるのが好きな子供でした。
    しかし、世の中のすべての人が哲学的なことを好むというわけではないこともわかってきました。
    10代のころ、ひたすら死を恐れて、なぜ生きるのか考え抜いたことが、いま生きる基礎になっていると思っています。
    なぜ生きるのか、自分とは…、善と悪について…。
    すべては自分が基準であるということがわかり、死が訪れても精神は死なないのだと考えることで、生きるのが楽になってくる。
    考えるのは大変つらい作業ですが、世の中のことにケチをつけていくよりは、自分を高めて見える世界を素晴らしくするほうがずいぶん楽だと思います。

    この本はさまざまな「見えないもの」について考えるための教科書です。
    語りかけは優しいですが、考えようとする内容は大変高度で、大人の読み物としても耐えうるものだと思います。
    哲学を生活に根差したものに落とし込んでいます。

  • 哲学やや難しかった。

    子供のことを自分の子供だと思い込んでしまう。
    思い悩むのではなく、しっか考えることが大切。
    生きていることが素晴らしいと思うことは、自分がそう思っているから。

  • これほど骨のある本には久しぶりに出会った。一通り読めたけど半分も理解できていないと思う。また読む必要がありそうだ。14歳向けと思わない方がいいかも?

  • 「考える」とはどういうことか、がひたすら問われる一冊。「勉強する」のでもなく、「悩む」のでもなく、自分の頭で考えるからこそ真の意味で「わかる」のだという。以下に、私が本書を読んで考えさせられた点を挙げる。

    ・人生に意味はあるのか。
    ・個性とはなにか
    ・自由とはなにか
    ・正しいとはなにか
    ・わかるとはなにか
    ・生きるために働くのか、働くために生きるのか
    ・時間は流れるものなのか

    上記のテーマを本書を読みながら時間をとってじっくり考えて見ていただきたい。少しだけでも世界の見え方が変わって見えるはずである。

  • 書いてあることはいつも同じ。でも池田さんの言葉をどうしても求めてしまう。
    今回は14歳~17歳を念頭に置いているということもあって、慎重に言葉を選んで書かれていた。それでも何とかして伝えようと、熱意が言葉の端々にうかがえる。かえって、コラムを収録した著作よりも、紙面的にも言葉的にも充実しているように感じた。
    考えることがやめられなくなってしまったが、池田さんにはまだまだ到底及ばない。
    日頃、考えられるようになるにはどうすればいいかとか、考えるとはどういうことか考えているが、いまだに掴むことができず、他者とのコミュニケーションをもどかしく思うことがある。
    考えるための教科書ということもあって、今回読んでみて、こんな風に伝えたらわかるかもしれない、と気づき、自分のことば・考えの至らなさをかなり痛感させられた。

  • 答えのない謎を考える事に意味がある。知りたいという気持ち大事。

  • 14歳「から」の哲学なので、誰が読んでも大丈夫です。
    文章は難しくないけれど内容は難しいです。
    自分自身のことから、人間関係のこと、人生のこと、宇宙のことと、「考える」と言う点で全部つながっていると感じました。

  • 問い自体はやさしいが答えはそう簡単には出せないということをわからせてくれる。

  • 思考の原点。読む度に問いという<始まり>に引き戻される。ここから哲学は始まる。

  • 多感な思春期をターゲットに書かれた本でしょう。
    14歳からと銘打っています。

    ですが、中高生がこの本を読んで心を動かされることがあるかどうかは疑問です。
    いじめ議論と同様、大人が中高生の視点を持たず、大人のものさしで書いた本書を
    彼ら自らが手に取ることはないでしょう。
    押し付けがましさを感じるのが関の山といったところではないでしょうか。

    著者が、考えるための方法や、考える糸口を真剣に提示している姿勢は
    買います。
    そういった意味では、大人にも参考になる部分はあるでしょう。
    (この本で提示されている程度のことは、他の本でも十分身につくのですが。。。)

    個人的には、
    「完全な親は動物だけ」
    とか、
    まったく受け入れられない例示が散見されて、正直なところ、
    読後感は非常に悪いです。

  • いじめ、そしてそれを苦にして自殺。
    今の14歳は様々な問題を抱えているけれど、そもそも問題に向き合い、そして考え尽くす力が足りないのではないのか、とも思う。

    考えるとはどういうことか、死とはどういうことか、など子供だけではなく、大人も今一度考えるべきトピックが詰まっている。

  • 哲学というものが、こんなにも深く考える、そしてスピリチュアルな洞察と繋がっているとは、知りませんでした。
    私は、言葉というものを、知らないで使っていたなぁ、ということが、分かりました。とても深い思考へと、導いてくれる良書です。
    最終的には、自分で考えることを、励ましてくれます。
    お勧めします。

  • 小論文対策に、とすすめられて読んだ本。
    正直言って難しい。文章は平易だけれど、考えれば考えるほどぐるぐるとことばが巡る。著者も書いているが、内容は特に中学生向けというわけではない。人生にずっとついて回る疑問ばかり。
    考える、という入り口に立つのにちょうどよいきっかけとなってくれるだろう。

  • 4歳くらいの、まだ教育を受けてなくて自我が芽生えた頃に抱いていたギモンに応えてくれる
    親になったら子に読ませたい!

  • 子どもたちには、14、5歳くらいで自分自身の内面を深く掘り下げ、
    外の世界とのつながりを考えることが必要だと思っています。
    中学生が、自分で考えながら読み切るのはたいへんそうな1冊ですが、
    考えて考えて、考えてほしい。

  • 『ビリギャル』で先生がオススメしていた本の一冊。子供向けの言葉遣い、平仮名が多い表記、繰り返される屁理屈、その上分かりそうで分かり難い内容、私は出だしでちょっと読むのを止めようかと思いました。でも、読む事が仕事だと思って進めると、どうしてなのか分からないけれど、言っている事がそこそこ理解出来てくるし、そうそうと共感できます。
    先日亡くなった小林麻央さんの、「なりたい自分になる」のブログの言葉を思い出しました。麻央さんは、この本の言いたい事を体現した人だと思います。理想の自分を貫いた人ですね。

    今、自分を麻央さんの様に美しくのなく才能も無いと思っている人、自分と麻央さんでは全然違うと思っている人でも、「なりたい自分になる」方法が書かれています。自信のない人に勇気を与え一歩踏み出す力を授けてくれます。

  • ◆きっかけ
    イケハヤブログ。2017/5/30

  • 頭が混乱しているけど、いつも思ってた「考える」がなくなってきていると、そしてそれはここでも言われてた。考える。考える。考える。厚みのある人生のために。

  • 池田晶子『14歳からの哲学 考えるための教科書』トランスビュー 、2003年 読了。
    専門用語は一切なし、平易な言葉で書かれた「考える」ための指南書。
    *
    考えるとは、生・死とは、自分・他者とは…etc.、
    大学生がドツボにはまりそうな哲学的思考のテーマを扱っていますが、
    ぐるぐる思考をこねくり回す、というよりは、常識を疑ってかかること、自分の頭で考えることの大切さを説いています。
    忙しい日々の中で、考えることをやめてしまいがちな大人のみなさま、時間の合間を縫ってお手に取ってみては。

  • 通っている歯医者の本棚でみつけて、読んでみようと借りてきた。

  • 哲学

    最初と最後の章など、私が読んでも読み辛いなと思う箇所が有るが、中盤は親子で考えても良いよねと思う箇所があり、子供らが14歳になったらまた一緒に読みたいと思う。

    最初の章はモヤモヤ。哲学は自分は好きなのだろうか?いや14の時に読んでいても楽しくなかったかななんて事を考えながら読む。第二章は家族、友情など具体的な事項でこれらは面白いと思う。

    【学】
    完全な親であることができるのは、動物の親だけだ。何故なら彼等の目的は生命を全うするだけだからだ。人間はそいではない。どんな風に生きるのかを考えてしまうからだ。

    人間が人間を無条件で愛すると言うことは、もの凄く難しい。有る意味では、人はこれを学ぶ為に生きている

    この感想を項目ごとに子供らと発表するのは良いかも

全268件中 1 - 25件を表示

14歳からの哲学 考えるための教科書に関連する談話室の質問

14歳からの哲学 考えるための教科書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

14歳からの哲学 考えるための教科書を本棚に「積読」で登録しているひと

14歳からの哲学 考えるための教科書の作品紹介

人には14歳以後、一度は考えておかなければならないことがある。
 言葉、自分とは何か、死、心、他人、家族、社会、理想と現実、友情と愛情、恋愛と性、仕事と生活、本物と偽物、メディアと書物、人生、善悪、自由など、30のテーマを取り上げる。

ツイートする