インフェルノ (初回生産限定) [DVD]

  • 137人登録
  • 3.10評価
    • (5)
    • (15)
    • (44)
    • (17)
    • (0)
  • 32レビュー
監督 : ロン・ハワード 
出演 : トム・ハンクス  フェリシティ・ジョーンズ  イルファン・カーン  オマール・シー  ベン・フォスター 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462109910

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

インフェルノ (初回生産限定) [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ダン・ブラウン原作の世界的ヒット作「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続き、トム・ハンクスが三度、ハーバード大学教授の ロバート・ラングドンに扮したシリーズ第3弾。ハーバード大学の宗教象徴学者ラングドン教授は、数日分の記憶を失った状態で、フィレンツェの病院で目を覚ます。謎の襲撃者に狙われたラングドンは、美しい女医シエナ・ブルックスに助けられて病院を脱出。何者かから追われる身となったラングドンとシエナは、生物学者ゾブリストが人類増加問題の解決策として恐ろしい伝染病を世界に広めようとしていることを知る。そしてゾブリストが詩人ダンテの叙事詩「神曲」の「地獄篇」になぞらえて計画を実行していることに気づき、阻止するべく奔走するが……。ロン・ハワード監督と主演のハンクスが続投するほか、ラングドンと共に謎を追う女医シエナ役を「博士と彼女のセオリー」のフェリシティ・ジョーンズが演じる。
    「映画.com」より

    現在起こっている環境破壊や気候変動などの問題を人口増加と結びつけて考えるところまでは、まぁ、納得しなくもないけど、だから人の数を減らさないといけないと信じて実行するところが、人間のエゴだなと思う.野蛮だ.

  • 面白かったー。相変わらず、先が読めません。これは、原作者が素晴らしいんだと思う。
    ラングドン教授、いつもいつも裏切られすぎですよね…。誰が味方なのか、ほんと、最後まで分からないです。

    今回の悪役、ゾブリストの考え方ですけど、○スラムの狂信者みたいですよね。
    彼らとゾブリストが違うのは、信じている神の言葉の通り、行動していると信じてるか、自分を神(のようなもの)と思ってるか、の違いかな。

    ゾブリストの考えが、決定的に間違ってるのは、自分だけが人類を救えると、過信していること。
    そして、勝手に未来に絶望して、勝手に焦って行動しているということ。

    彼程度が、世に言う天才だとしたら、それ以上の天才はこれから、いくらでも現れるのです。間違いなく。
    今できる、倫理的に精一杯のことをしたら、後は後進に任せれば良かったのです。

    かつて、公害が起こり水が汚れ、水俣病などが起きました。でも、何代にもわたる天才たちが必死に努力して、治療と環境改善の道を見つけました。
    まだ水俣病と戦ってる人たちはいますが、新たに水俣病になる人は、日本ではほぼ居ないと言えるでしょう。

    同じようなことは、世界規模であらゆる土地で、行われていることでしょう。
    後進を育て、自分以上の天才を世に送り出し続ければ、例え地球の終末時計が残り1分だとしても、3秒前くらいに、なんとかなるかもしれません。

    どうしても地球がダメだったら、宇宙に乗り出すかもしれないし、純粋に人類が生き残る術なら、他にもあるでしょう。

    一人で考える(または、同じ考え方の人としか交流しない)、ということは、視野が狭くなる、ということでもあります。
    どんな物事にも、やり方が一つしかない、なんてことはありえません。
    あるやり方が失敗したら、別の方法を探ればいいだけなのです。
    それがわかっていれば、犯罪もテロも、もっと減るのではないか…と思われてなりません。

    http://bd-dvd.sonypictures.jp/inferno-movie/#!/

  • 「ハドソン川」もそうだが、昨年、映画館で見た映画。
    その日は吹き替え版しかやっていなかったのでそれを見た。

    聖書の世界に関する知識が薄いので、面白さがよくわからん。
    ダンテの「神曲」は読んだことがあるが、ずいぶん昔のことだし。

    イルファン・カーンの渋さが印象に残った。

  • まぁ面白かったけど、もう一回見たいとは思わない。犯人の思惑通りに動きすぎてしまうところ、なんとかならないかな。シリーズ一作目の「信じるか信じないかはあなた次第」的要素が恋しい。

  • 主人公が一時的に記憶を無くしているので、状況が把握できない。接触する人物が味方と思ったら敵だったりとなかなかサスペンスです。でも、謎解きに深みがありません。観光名所を巡るための謎です。強引に謎解きを入れたのはシリーズの性格上外せないのでしょうが、サスペンス部分がよくできていただけに惜しいですね。

  • ラストが原作と違ったのが本当に残念。

  • 161102池袋サンシャインシネマで鑑賞
    「インフェルノ」

  • うーん、脚本が悪い。
    フィレンツェ、ヴェニス、トルコの美しい街が見れるのはとてもいいけれど、このシリーズの肝である謎解きはほとんどなく、どんでん返しもなく、敵もころころ変わるし余計な敵もいるし、肝心の敵も小物。
    アクションものとしても不発。

    以下ストーリー引用
    インフェルノのネタバレあらすじ:幻覚

    激しい幻覚にうなされるラングドン教授は気が付くと病院のベッドに横たわっていた。頭の痛みと幻覚、病室の光にも強く反応してしまう自分の身に一体何が起こったのか彼には分からなかった。そこに姿を現したのは一人の女医。彼女はラングドンを世話しながら何故こうなったのか聞き出そうとした。しかし彼はここ数時間の記憶を失っていた。今日が何曜日で自分がどこにいるかさえもわからない。最後の記憶は自信が教鞭を振るう大学のキャンパスだった。彼のいる病院はフィレンツェにあった。その事実も分からなかった。突然病室に地元警官が一人姿を現した。現れた女警官は廊下の向こう側から突然一人の男性職員に発砲、ラングドンのいる部屋へと向かってきた。その場にいた女医は慌てて部屋を施錠、ラングドンを連れて別の入口から二人で逃走を図った。

    インフェルノのネタバレあらすじ:チューブ

    再びラングドンは気を失ってしまった。そして目が覚めた時彼はある部屋のソファに横たわっていた。そこはあの女医の住むアパートだった。彼女の名はシエナ、とっさの行動でラングドンを連れ出した。すぐに警察に連絡しようと考えたが先ほど襲ってきたのが警察だった、そのため二人は一度考えてから領事館に連絡を入れることにした。ラングドンは今だ激しい幻覚と頭痛に悩まされていた。頭に浮かぶのはこの世のものとは思えない光景、それはまさに地獄だった。シエナはラングドンに着替えを促した。そして自分の持っているシャツなどを貸した。バスルームから出てきた彼は手に何か筒状の物を握っていた。それは彼の上着から出てきた物だという。シエナはそれに見覚えがあった。それは危険物を運ぶための容器「バイオチューブ」と呼ばれるものだった。その筒の側面には指紋認証がある。ラングドンは自分の持ち物かもしれないと開けてみることにした。

    インフェルノのネタバレあらすじ:地獄

    中に入っていたのは不思議なスコープ。降ると先端カラカラと音がし先端が光った。そこから映しだされたのはある有名な絵だった。それは詩人ダンテのインフェルノを基に描いた「地獄の見取り図」。よく見るとそこには何者かによって文字が書き加えられていた。アルファベット、文章、そしてある名前が。書かれていたゾブリストという名前をインターネットで調べてみると辿り着いたのは人いの大富豪の男だった。彼の主張がユーチューブにアップされていた。そこで彼はこういっていた。人口は増えすぎた、地球を守るには減らさなければいけない。ゾブリストは大量殺人を計画している、二人にはそう感じた。さらに数日前にゾブリストは自殺していた。それが何を現すのか。思いつくのは彼の意思を継ぐ者の存在。もしそれが本当だとしたら人類に残された時間は多くはない。

    インフェルノのネタバレあらすじ:追手

    二人を追うのは先ほどの警官だけではなかった。地元警察からWHOの人間まで、彼らはラングドンを捕まえようと躍起になった。二人は地獄の見取り図で見つけたヒントを元に各地を回り情報を集めた。そしてついに明らかになったのはゾブリストの計画。彼が用意したのは人類を絶滅の危機へ追いやるウィルスの存在だった。彼はそれをどこかに隠していた。追手から逃げながら手がかりを探す二人の前に一人の男が接触してくる。ブシャールと名乗るWHOの職員の彼はこれまで二人を追っていた人間の一人だった。しかし突然一人になり二人に接触、ブシャールはゾブリスト... 続きを読む

  • 記憶喪失のラングドン教授が記憶と謎を解き明かしてく話 過去作と同じようにテンポも良かったけど、今回は相手がイマイチだったかな… 無理にダンテがどうの災害は神の声だの言うより「やるからやるんだよォ!」タイプのが良かったなあーー(そうなると作品の色が違っちゃうけど)ラストのラングドン教授みたいには思わなかった 十分面白いけどちょっと見せ方が屁理屈っぽい

  • 説明
    内容紹介
    『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』は序章にすぎない。
    ラングドン教授に叩きつけられた挑戦状
    それは――
    人類を滅亡に導く≪暗号≫


    <ストーリー>
    ラングドン教授(トム・ハンクス)に突き付けられた挑戦状、それは、アメリカの大富豪ゾブリスト(ベン・フォスター)が、人口増加問題の過激な解決策として生み出したウィルス。
    伝染病を利用した人口淘汰を目論むゾブリストが、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄篇(インフェルノ)>に隠した暗号(コード)とは?
    人類を滅亡に導く陰謀を阻むため、ラングドンが挑む謎とは?
    この謎が解けなければ、世界は“地獄"と化す――。

    <キャスト>
    ロバート・ラングドン:トム・ハンクス(江原正士)
    シエナ・ブルックス:フェリシティ・ジョーンズ(佐古真弓)
    ハリー・シムズ:イルファン・カーン(谷昌樹)
    クリストフ・ブシャール:オマール・シー(乃村健次)
    バートランド・ゾブリスト:ベン・フォスター(花輪英司)
    エリザベス・シンスキー:シセ・バベット・クヌッセン(深見梨加)

  • 2017/05/27
    監督ロンハワード
    トムハンクス フェリシティジョーンズ イルファンカーン
    うーーん…原作は過去作も含め未読。
    映画に関しては過去作も観ていて楽しめたので
    今作も期待していたんだけど、なんか違ったかも…?
    トムハンクスのラングドン役がかなりしっくりなので何だかんだ観ているのかも。
    今回はバイオテロだったから肩透かし感なんかなぁ。
    シエナの裏切りに( ゚д゚)ハァ⁈だし
    地下でのラングドンとのやり取りで
    もうコイツどうしようもねーなとムカムカしてしまった。
    シエナやゾブリスト(だっけ?)がしようとした事は正しいことではないけど心酔しきった人に、それは違うし間違いだと説くのは不可能だよな。
    もう根本的に考えが違うものね…
    多分個人的には歴史的謎解きもしつつ絵画の謎に迫ってく!を期待していたのかも…
    前半なんかワックワクだったしな
    バイオテロて…それ別にダンテじゃなくても良かったんじゃね?と今思う。

  • めっちゃ目回る

  • フィレンツェ・ヴェネチア・イスタンブール、景色がきれい~☆

  • 登場人物が錯綜して、人間関係を理解するのに一苦労。大まかに理解できてから、楽しめた。

  • 誰が味方で誰が敵なのか。
    ラングドン教授が記憶喪失になっていることで、観ているこっちもハラハラしながらストーリーをおっていました。

    今回はダンテ。
    ボッティチェリの「地獄の見取り図」を解読しながら、イタリアからトルコ、イスタンブールへ。

    正義の、人類のための、テロ行為。

  • うーーーーん。原作読んだ上での感想としてはやっぱりもう少し謎解き部分とか、彼女の葛藤とか、黒幕のなんか同意はもちろんできないけど全否定もなんとなくできない感じの黒い主張とかを掘り下げて欲しい感は残る。

  • 何をいっているのかあまり理解できないけど面白かった。
    何もわからない状態から始まって、徐々に真実の姿が見えてきてからの行動全部が良かったし、誰がどういう立場なのかわからないのがワクワクしたなー。

    こういう悪役の人はたまにいるけれども、自分たちに子供ができた場合はどうするんだろう。
    行為をしていないわけではないみたいだったから可能性はあると思うのだけど子供がいてもそれを実行するのか、子供になんらかの対策をするの気になる。
    結局、お前は神かよって思うような傲慢な考えだと思うから。

  • 人類は定期的に滅ぶべき?

  • 前2作程のインパクトはなかったけど
    ストーリー展開が早く楽しめた

  • ハラハラドキドキであっという間。景色が美しいですな。トム・ハンクス、年取ったけど、やっぱ好きやわ~♪

  •  もはや、古典美術は無理やり物語に絡んでいるに過ぎないこのシリーズ。 ひたすら場所ばかりを示す謎解きにさほどカタルシスは無く、そもそもそんな謎解き必要なのかという根本的な疑問も拭えない。 しかしながら、物語の展開と共に変化する人間関係がいいメリハリになっていて、最後まできっちり楽しめた。

  • ラングドン教授のシリーズ。

    ラングドン教授の知識を使って解く謎、っていう展開の
    最初のダ・ヴィンチ・コードは面白かったけれど
    だんだんつまらなくなってきてる。

  •  ダンブラウンの小説の映画化シリーズ第3作。ロバートラングドン教授をトムハンクスが演じ、偏屈なおっさんがマニアックな歴史を踏まえた事件に巻き込まれていく。
     キリスト教の暗部や矛盾をえがいた第1作目を読んだ時の衝撃と比べると歴史の検証、背景を踏まえたセリフなどが薄く、ダンテに沿う作品構成ながら、なるほどと唸るような展開が少ない印象。
    世界をウイルスで半滅しようとする思想家とその彼を愛する女が実行に移そうとするが、それをラングドンに阻止されるという割と普通の展開。小説の方が、手に汗握る展開だったような記憶。

  • 期待していたんだけど…
    今回は歴史の謎解き要素よりもサスペンス色が濃い感じでしたねぇ。それがまた詰まらない…残念な印象でした。やっぱりラングドン教授にはもっと歴史を語ってもらい、「へぇ〜」って言わせてもらいたいよね。

  • B-。テレビ画面の表示がうまく設定できていなくて、字幕が切れてしまうので仕方なく吹き替えで見た。そのせいかまったくおもしろくない。フェリシティジョーンズは嫌いだし、ラングトンは歳をとりすぎている。吹き替えのせいだけじゃない。ラングトンシリーズはダヴィンチコードが一番おもしろかったかな。天使と悪魔も???と思ったのを思い出した。

全32件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

インフェルノ (初回生産限定) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

インフェルノ (初回生産限定) [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

インフェルノ (初回生産限定) [DVD]はこんな映画です

ツイートする